かつてのファンには隔世の感? 新型シビックが300万円を超えたホンダの事情

かつてのファンには隔世の感? 新型シビックが300万円を超えたホンダの事情

 ホンダの旗艦「シビック」が、じつに通算11代目へとフルモデルチェンジ。本日9月3日発売となった。

 今やグローバルでホンダの稼ぎ頭に成長したシビック。いっぽうでかつて100万円台から選べ、200万円台が中心だった価格は、新型モデルで300万円を超えてきた。実はこの300万円台という価格帯、国産の売れ筋モデルが集中するゾーンでもある。

 なぜホンダは新型シビックに300万円を超える値付けをしたのか。同価格帯のライバルと比較しながら、背景にある事情を解説する。

文/渡辺陽一郎、写真/HONDA

【画像ギャラリー】どう変わった?ホンダの旗艦11代目シビックをチェックする 33枚


新型シビックの価格帯は国産人気車がひしめく激戦区

2021年8月にフルモデルチェンジした新型シビック(全長4550×全幅1800×全高1415mm)

 2021年8月にフルモデルチェンジを受けた新型シビックは、直列4気筒1.5Lターボエンジンを搭載する5ドアハッチバックだ。全長は4550mm、全幅は1800mmで、国産のハッチバックでは大きな部類に入る。

 グレード構成は、「LX」(価格は319万円)と上級の「EX」(353万9800円)を用意した。駆動方式は2WDのみだが、トランスミッションにはCVT(無段変速AT)と6速MTがある。価格はCVT、6速MTともに同額だ。エンジンや足まわりの設定は、18インチタイヤの装着まで含めて、両車ともに共通化されている。従ってグレードによって異なるのは装備のみだ。

 装備は全般的に充実しており、「LX」も安全装備と運転支援機能のホンダセンシングを標準装着している。カーナビの機能を備えたホンダコネクト、18インチアルミホイールなども同様だ。

「EX」は、「LX」に比べると約35万円の上乗せで、アダプティブドライビングビーム(ハイビームの状態を保ちながら対向車などの眩惑を防ぐ機能)、BOSEプレミアムサウンドシステム、運転席と助手席の電動調節機能などを加えた。

 そして「LX」の319万円、「EX」の353万9800円の価格設定は、売れ筋になる国産車の実質的な上限価格帯だ。従って同程度の予算で、SUV、ミニバン、ワゴンなど、さまざまなカテゴリーの上級車種を購入できる。また、輸入車については、フォルクスワーゲン ゴルフのような同サイズのハッチバックが、シビックと同じ価格帯で用意される。

同価格帯筆頭はハリアーやCX-5など人気SUV

トヨタハリアー(2WD)の価格帯は299万円~482万円。シビックよりも後席と荷室が広いが、走行性能では物足りなさを感じる

 最も注目されるのは、人気のカテゴリーとされるSUVだ。ハリアーは価格が最も安い2WD・「S」が299万円、中級の2WD・「G」は341万円になる。合成皮革を使った内装は上質で、「G」になるとアダプティブハイビーム、運転席の電動調節機能など、装備も同じ価格帯のシビック「EX」と同様に充実する。そしてハリアーの後席と荷室は、シビックよりも広い。

 逆にシビックがハリアーを上まわるのは走行性能だ。ハリアーのノーマルエンジンは直列4気筒2Lで、車両重量は2WD・「G」が1570kgに達する。ハリアーの動力性能は、実用的な不満は生じなくても、上級SUVとしては物足りない。その点でシビックの走りは満足度が高い。

 SUVではマツダ CX-5の人気も根強い。2WD・「XDプロアクティブ」は、価格がシビック「LX」と同等の322万8500円で、直列4気筒2.2Lクリーンディーゼルターボを搭載する。

 最高出力は200馬力、最大トルクは45.9kgmと力強い。シビックの182馬力・24.5kgmを大幅に上まわる。「XDプロアクティブ」は実用装備も充実しており、アダプティブLEDヘッドランプ、リアゲートの電動開閉機能、運転席の電動調節機能などを標準装着した。

 また、同じCX-5の2WD・「25S・Lパッケージ」は、価格が320万1000円で、2.5Lノーマルガソリンエンジンと充実した装備を採用する。センターディスプレイが10.25インチに大型化され、シート生地は本革になり、後席にもシートヒーターが備わる。

 シビックでは低重心による優れた走行安定性がメリットだが、CX-5はSUVの中でも価格が特に割安だ。CX-5・2WD・「XDプロアクティブ」の価格は、前述の通りシビック「LX」と同程度だが、装備は先に挙げたアダプティブLEDヘッドランプの装着などによって少し充実している。

 さらにエンジンは2.2Lクリーンディーゼルターボで、後席や荷室も広いから、機能や装備と価格のバランスではCX-5が上まわる。

次ページは : 人気ミニバンやレヴォーグも売れ筋価格帯が一致

最新号

ベストカー最新号

このSCOOPは見逃せない! 次期型クラウンの姿、判明! ベストカー10月10日号(9/10発売)

 熱狂と感動の東京オリンピック/パラリンピックは閉幕しましたが、自動車業界は今もこれからも熱いです!…

カタログ