新型シティe:HEVこそ「ちょうどいいホンダ」かもしれない!!

これぞ日本のシビック!? 新型シティe:HEVこそ「ちょうどいいホンダ」かもしれない!!

 2017年に日本で復活したホンダの基幹車種シビックが、8月のフルモデルチェンジにより継続された。ただ、現在のシビックはボディサイズや価格が、日本人のイメージするシビックとは少し離れたものに感じるところがあることも事実だ。

 しかし、海外で販売されるホンダ車を見ると、車名こそ違うにせよ日本人には「こちらの方がシビックらしいのでは?」と感じるモデルがある。それがタイなど東南アジア圏で販売されるシティハッチバックだ。

 本稿では最近追加されたシティハッチバックのハイブリッド「e:HEV」の登場を期に、シティハッチバックを紹介していきたい。

文/永田恵一、写真/HONDA

【画像ギャラリー】(全11枚!!)新型シティe:HEVの内外装をさらに詳しく写真でチェック


■ホンダのスペシャリティ「シティ」が歩んだ軌跡

1981年登場の初代ホンダ シティ。イギリスのネオ・スカバンド、マッドネスの曲が採用され、出演もしたCMが印象的だった(写真は1982年に登場したシティターボ)

 シティは、1981年に登場し大ヒットした初代モデルが全高の高いトールボーイ、1986年登場の2代目モデルは全高が低くスペシャリティという、「同じ車名なのに180度違う」コンパクトカーだった。

 日本で販売されたシティは、1996年に現在のフィットの前身となるロゴにバトンタッチ。以後、シティの車名は6代目シビックベース、それ以降は歴代フィットベースとなる東南アジア向けのコンパクトセダン(フィットアリアとグレイスの車名で日本でも販売された)に使われている。

 セダンボディの現行シティは2019年に登場し、ハッチバックは翌2020年に追加されている。

■フィットよりひとまわり大きい現行シティハッチバック

東南アジア圏で販売されている現行のホンダ シティハッチバック。小さめのミドルサイズカーといったイメージだ

 ここではタイ仕様を例に挙げると、ボディサイズは全長4345mm×全幅1748mm×全高1488mm、ホイールベース2589mmと、フィットより一車格上となる小さめのミドルサイズカーというイメージだ。

 しかし、プラットホームは、リアシートの座面を跳ね上げられ、高さのあるものも運べる点などからセンタータンクレイアウトらしく、フィットのものを拡大して使っているようである。それだけにシティハッチバックはボディサイズの割に広いクルマとなっている点が大きな特徴と思われる。

 その意味ではシティハッチバックは、2005年登場の初代と2012年登場の2代目モデルがあり、日本にも初代モデルのスポーツモデルとなるタイプRユーロが導入されたことがある、いわゆる欧州シビックの現代版的存在とも言えるのかもしれない。

■フィットと同じ最新ハイブリッド&ターボもラインナップ

フィットやヴェゼルなどにも搭載される1.5Lエンジン+2モーター式のハイブリッド「e:HEV」が最近追加された

 パワートレーンは、CVTと組み合わされる1L・3気筒ターボ(最高出力122ps/最大トルク17.6kgm)と、最近追加され、フィットやヴェゼルなどにも搭載される1.5Lエンジン+2モーター式のハイブリッド「e:HEV」(エンジン:同98ps/13.0kgm、駆動用モーター:109ps/25.8kgm)の2つ。

 どちらも先進的なイメージの強いシビックに相応しいものを搭載する。

 そのほかで目立つのはe:HEVには、自動ブレーキ&運転支援システムのセットとなるホンダセンシングが装備され、パーキングブレーキが電動タイプとなる点くらいで、シティハッチバックは全体的に見るとオーソドックスにまとまったクルマのようだ。

 タイでの価格は1Lターボが標準の「S+」/59万9000バーツ(約197万3000円)、上級の「SV」/67万5000バーツ(約222万3000円)、スポーティな内外装を持つ「RS」/74万9000バーツ(約246万7000円)、e:HEVは「RS」のみで84万9000バーツ(279万6000円)となっている。

次ページは : ■日本導入には課題もチャレンジの価値あり?

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ