いまやマツダのエース格 CX-5を買うなら…購入ガイド、お薦めグレード、ライバル、値引き

いまやマツダのエース格 CX-5を買うなら…購入ガイド、お薦めグレード、ライバル、値引き

 マツダの大黒柱として販売を牽引するCX-5。世界的な激戦区であるミドルクラスSUVジャンルにて独自の魅力を持っており、根強いファンも多い。そんなCX-5、「いいクルマなので購入を考えている」という方、ディーラーに行く前にぜひこの記事を読んで、知識を仕入れてから販売店へ行っていただきたい!

文/諸星陽一
写真/MAZDA、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】ディーゼルエンジンがパワーアップ!! 進化を重ねるマツダCX-5


■マツダCX-5 最近の改良情報

マツダCX-5はミドルサイズの都会派クロスオーバー。現行モデルは2017年2月に発売開始された2代目。全長4545mm×全幅1840mm×全高1690mm、ホイールベース2700mm。1年単位で改良が実施され、最新技術がインストールされる

 初代のCX-5はマツダが推し進めていたSKYACTIVテクノロジーのすべてをつぎ込んだ最初のモデルとして2012年に登場しました。マツダは2006年に発売を開始したCX-7からSUV系の車名に「CX」を使い始めていて、CX-5はCX-7、CX-9に次ぐモデルです。

 現行モデルにあたる2代目は2016年12月に発表、2017年2月から発売が開始されます。当初の搭載エンジンは2.0ガソリン自然吸気、2.5ガソリン自然吸気、2.2ディーゼルターボの3種で、ミッションはすべて6速ATでした。その後、CX-5は以下のように毎年ペースで改良が行われます。

2017年8月:安全装備充実、全車がi-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」を標準装備
2018年2月:エンジン改良、360°ビュー・モニターをオプション設定、インテリア質感向上、マツダコネクト機能進化
2018年10月:2.5ガソリンターボ追加、「G-ベクタリング コントロール プラス(GVC プラス)」を全車に標準設定、MT設定グレードを設定
2019年12月:オフロード・トラクション・アシストを4WDに搭載、アクセサリーパッケージ「TOUGH-SPORT STYLE」を設定、センターディスプレイ大型化(7インチ→8インチ)、静粛性向上
2020年12月:ディーゼルエンジン改良、AT(2.5ガソリンターボを除く)改良、ディスプレイサイズ大型化(8インチ→8.8もしくは10.25インチ)

先代譲りの「鼓動デザイン」にさらなる磨きをかけ、洗練されたデザインに仕立てた

 欧州車などはモデルイヤーといって毎年のように改良を重ねていくのが通常ですが、国産車でこのような年次改良を行うのはマツダとスバルくらいのもので、比較的珍しいと言えます。

 従来のように2年もしくは3年で改良される場合は、最新モデルを購入すれば2年もしくは3年間は最新モデルのままですが、年次改良が行われると1年後には改良前の少し古いモデルということになってしまいます。

 一方、いつ買っても最新の技術ができる限りつぎ込まれているというのは、それはそれで魅力のあることです。どちらがいいかは、なかなか難しいものがあります。

■販売台数とタイプ別エンジン

 さて、そんなCX-5ですが、販売状況はどうなのでしょう。最終の改良が終わった次の月、2021年1月からの販売状況をチェックしてみました。データは下記のとおりです。( )内は(順位/前年比)となります。

1月:2037台(29位/74.3%)
2月:2589台(24位/86.7%)
3月:4845台(20位/115.4%)
4月:983台(39位/103.8%)
5月:830台(40位/99.9%)
6月:1176台(32位/123.8%)

操作系を左右対称にレイアウトした水平基調のインテリア。前輪を極力前方に配置し、足を自然に伸ばした位置にペダルが来るように設計するなど運転のしやすさにこだわった
ディーゼルエンジン搭載車に用意される6速MT。マニュアルシフトを操りたい人はXD系グレードを選ぼう

 2021年前半6カ月での累計販売台数は12460台で、月平均にすると2077台といったところ。新車発表時の目標販売台数が2400台だったので、4年たった現在でこの数字を維持しているのはなかなかだと思います。

 CX-5はグローバルモデルで、マツダの世界販売台数の4分の1を占め、先代からの累計で300万台以上の販売台数を記録しています。日本だけで「売れている」「売れてない」を判断するべきクルマではないのですが、日本でも十分な台数を販売していると言っていいでしょう。

 CX-5の全長×全長×全高は4545×1840×1690(mm)で、全幅は1800mmを超えていますが現代のCセグメントSUVとしては割と平均的な数値とも言えます。この1840mmという全幅はCX-8も同一でCX-8の場合は全長を伸ばし、全高を少し上げたスタイリングとなっています。

 CX-5には以下の4種のパワーユニットが用意されています。

●2.0リットルガソリン自然吸気
156ps/6000rpm、199Nm/4000rpm
●2.5リットルガソリン自然吸気
4WD用:188ps/6000rpm、250Nm/4000rpm
FF用:190ps/6000rpm、252Nm/4000rpm
●2.5リットルガソリンターボ
230ps/4250rpm、420Nm/2000rpm
●2.2リットルディーゼルターボ
200ps/4000rpm、450Nm/2000rpm

2.2Lディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 2.2」。2020年12月の一部改良で190ps→200psにパワーアップ。最大トルクは45.9kgmと4Lエンジン車並みの加速を発揮する
ガソリン車で最もハイパワーな2.5Lターボエンジン「SKYACTIV-G 2.5T」。最高出力230ps、最大トルク42.8kgm

 1車種で4つのパワーユニットをもつ国産車というのはかなり珍しいといえるでしょう。

 どのエンジンがどんな使い方に合っているかは単純に決められません。というのも、エンジンによって駆動方式などがある程度限定されるからです。

 2リットルガソリン自然吸気はFF車しか用意されません。一方、2.5リットルガソリン自然吸気は4WDがメインでFFは25S Lパッケージの1グレードのみとなります。2.5リットルガソリンターボと2.2リットルディーゼルターボはFFと4WDが選びやすい設定です。CX-5にはMTが設定されていますが、MTに乗りたい場合はパワーユニットはディーゼルターボのみとなります。

 4種のパワーユニット、2つの駆動方式、2つのミッションという複雑な組み合わせのCX-5ですが、価格を比較解析していくと面白いことがわかります。まず、FFと4WDは価格差が23万1000円となります。同グレードFFと4WDが設定されるモデルで比較するとすべてが23万1000円の差です。ATとMTは同価格となっています。

 前述のように2リットルガソリンはFF、2.5リットルガソリンは4WD中心のグレード設定で、同じ駆動方式、同じグレードという組み合わせはありません。しかし、2リットルガソリンFFの価格に4WDとの価格差である23万1000円をプラスすると、2.5リットルガソリン4WDの価格になります。

 つまり、実質的に2リットルと2.5リットルの価格差はないことになるのです。4WDにするには2リットルの性能ではもの足りないので2.5リットルにしたけど、そこで価格アップはしたくなかった。2.5リットルにそのままのグレードでFFを設定するわけにはいかない……なので2.5リットルFFはLパッケージだけとして、4WDにはLパッケージを設定しなかったのでしょう。

次ページは : ■タイプ別装備