国内初のスカニアベースの平ボディは軽くて頑丈で使いやすさもバツグン!? 美川ボデーの軽量高耐久平ボディ堂々完成!

国内初のスカニアベースの平ボディは軽くて頑丈で使いやすさもバツグン!? 美川ボデーの軽量高耐久平ボディ堂々完成!

 全国各地のユーザーの要望に応えて、一台一台フルオーダーメイドで製作する「つくり」の平ボディを専門とする美川ボデー(神奈川県平塚市)。

 今回同社が製作したのは、高知のリピートユーザーから特注された、国内初のスカニアベースの平ボディ。重量級キャブを擁すスカニアシャシーに、スウェーデン鋼を多用したボディを組み合わせて軽さと耐久性を両立した意欲作だ。

  シャシー下回りには、美川ボデーが新開発した収納ボックスが装着されるなど、ユーザーはもちろん、造り手のこだわりも満載の一台をご覧あれ。

文・写真/トラックマガジン「フルロード」編集部
※2020年9月10日発売「フルロード」第38号より

【画像ギャラリー】スカニアシャシーとスウェーデン鋼を多用したボディで軽さと耐久性を両立した逞しくも美しい平ボディ!!


■ボルボ/スカニアを多数保有する総合物流企業に納車

美川ボデーが製作した軽量高耐久平ボディ。現行スカニアがベースの平ボディは同車両が国内初である

 ユーザーのアサヒ物流(高知県南国市)は地元・高知県を中心に、日本全国で事業を展開する総合物流企業。

 第1~第5までの物流センターを保有し、橋梁部材等の重量物を中心にさまざまな積み荷の保管・組み立て・運搬をトータルで行なっている。

 車両選びは「ドライバーに魅力的だと感じてもらえること」を重視しており、快適な居住スペースが持ち味の北欧車(ボルボ、スカニア)を多数保有しているのが大きな特徴。

 保有車両はトラクタ32台、トレーラ49台、単車13台とトレーラ主体だが、汎用性の高い平ボディもなくてはならない存在。積載量が取れて壊れにくい美川ボデーの平ボディにこだわっているという。

スカニアはキャブが大きいため、架装時は荷台スペースと最大積載量をいかに確保するかが課題に。輸入車も得意な美川ボデーのノウハウが活かされるところだ

 ベース車両はスカニアR410の3軸低床シャシー(GVW25t、ホイールベース7100mm、フルエアサス仕様)。R410は、キャブがRシリーズ、エンジン馬力が410PSという意味だ。

 Rシリーズキャブはキャブ前後長2280mmで室内高2070mmを誇り、室内は広々快適。その反面、キャブのサイズと重量が国産車よりも大きいため、架装時は荷台の長さやフロントアクスルの軸重に気を使ったという。

背の高い積み荷を運ぶ際には床面地上高の低さが重要。今回は横根太にスウェーデン鋼を使うとともにスペーサーレス仕様として低床化を図っている

 シャシーフレームと荷台をつなぐサブフレーム部分は、スチール製の縦根太にスウェーデン鋼製の横根太を組み合わせた仕様。スウェーデン鋼はスチールの2倍の強度を誇り、板厚を薄くできることから軽量化と低床化に寄与する。

 今回はシャシーフレームと縦根太をダイレクトに締結するスペーサーレス仕様を採用することで、さらなる低床化も実施。荷台の床面地上高は22.5インチタイヤを履いても国産の4軸低床に迫る1096mmを誇る。なお、軽量化のため床枠と床材もスウェーデン鋼製を採用する。

■3方開のアルミブロック製アオリでさらに軽量化を図る

床枠とともにスウェーデン鋼を採用する床材は多数の固縛器具が備わり、いかにも重量物運搬車らしい。キャブの高さに合わせた鳥居は収納レス仕様だが、荷台カバーが掛けやすいよう格納式の踏み台や夜間作業時に重宝するLED作業灯などを装備する

 荷台は3方開の平ボディで、アルミブロック製アオリの高さはサイド600mm、リア400mm。一枚モノのサイドアオリは、そのままだとかなり重たいが、自動車精工のアオリ開閉補助装置「セイコーラック」の高防錆仕様により一人でもラクラク開閉可能だ。

 キャブバックの鳥居は、オーソドックスな収納レス仕様を採用。これはキャブ前後長が長いスカニアRシリーズキャブで国産車と同等の荷台寸法を実現するためで、荷台内寸は全長9300×全幅2350mmを確保する。

 キャブの高さに合わせた背の高い鳥居は、背面に荷台カバーを固定するレール、格納式の踏み台、ショルダー部に夜間作業用のLED作業灯を搭載。積み荷を固縛するためのフックがセンターに4個、サイドに14個×2列、スタンション穴がサイドに7個×2列を備わる鋼板張りの床面はいかにも重量物運搬車らしい。

リアオーバーハング部は大容量収納ボックスを2個搭載。前側の収納ボックスは上下2段式で下段は反対側とつながっている。後ろ側は通常の収納ボックスで、反対側にも同じものが搭載される

 スカニアはキャブの前後長が長いいっぽう、シャシーフレームの組み幅が国産車の840~850mmに対して771mmと狭いのが特徴。そのためシャシー下回りの架装スペースには余裕がある。

 今回は、このシャシー下回りの余裕を収納力アップに活用。左ホイールベース間の燃料タンク前後、右ホイールベース間のアドブルータンクの後ろ、リアオーバーハング部などに多数の収納ボックスを搭載する。

 特に燃料タンク前後の収納ボックスは美川ボデーが新たに開発したもので、蓋の開閉機構を工夫することでボックス内部の出っ張りを抑え、収納スペースを高めた意欲作だ。

燃料タンク前後の収納ボックスは美川ボデーのオリジナル。独自の開閉機構により内部の出っ張りが少なく、無駄なくスペースを使える意欲作だ

 最後に主要スペックをまとめると、車両全長11950mm×全幅2489mm×全高3690mm、荷台内寸全長9300mm×全幅2350mm、床面地上高1096mm(タイヤサイズ315/70R 22.5)、最大積載量13700kgとなっている。

【画像ギャラリー】スカニアシャシーとスウェーデン鋼を多用したボディで軽さと耐久性を両立した逞しくも美しい平ボディ!!