どこでも使えるポータブルスピーカーを車内に導入して音空間をリッチに!!


 昨今はオーディオのデジタル化によって、いつでもどこでも高音質が楽しめる環境になった。しかし音の“出口”であるスピーカーに関して言えば、クルマではいくつかの制約があるのも事実。

 特に商用車のような簡素な装備のクルマを利用する場合は、音質が悪かったりスピーカーレスの場合もあり、不満に思っているユーザーも多いはずだ。

 そこで持ち運びが簡単にできる低価格のポータブルスピーカーを車内で楽しむという提案をしてみた。

文/高山正寛、写真/SONY、Anker、JBL、高山正寛

【画像ギャラリー】ワイヤレスでどこでも持ち運べる低価格ポータブルスピーカーを車内で使ってみる!!


■最近のクルマはスピーカーの後付けが難しい?

ディーラーなどではスピーカーの交換は保証対象外となるので交換不可。一部プロショップでは取り扱うがかなりの工賃となる。そこで手軽なポータブルスピーカーの出番というわけだ

 車両にもよるが、これは本当のことである。中古車の場合、市販されているスピーカーは比較的取り付け自体は容易なのだが、最近の車両では標準装備のスピーカー、または工場ラインで装着する“メーカーオプション”のスピーカー以外は取付不可の場合がある。

 その理由はドア自体にサイドエアバッグなどのセンサーが装着されているため、交換等を推奨しないからである。もちろん車種にもよるので自分のクルマはどうなのか、という点に関しては各カーAVメーカーが出している取付対応表等で確認してほしい。

 実際筆者もディーラーやカーショップで相談をしたことがあるが「保証対象外になるので出来ないのではなく、やらない(やれない)」という返事だった。一方でプロショプに相談すると意外にも「出来ますよ」とのことだったが、値段を聞いて尻込みしてしまった。

 「卵が先か鶏が先か」ではないが、オーディオの場合も入口と出口のどちらを重視するかで昔は結構悩んだものだ。筆者も45年以上のオーディオマニア(のつもり)だが、昨今は入口(音源側という意味)がデジタル化して一定以上の高音質(特にノイズ関係は圧倒的に改善された)なので出口に注力すれば良いと思っている。

 そこでもっと手軽に高音質を楽しむスタイルとして注目したのが「ポータブルスピーカー」である。これをクルマに持ち込むことで手軽にいい音が楽しめるのだ。以下では導入時の注意点も含めて解説する。

■車載用ではない、という点に配慮したい

筆者が以前使用していたJBL Trip。車載専用に設計されており、サンバイザーに取り付けて使用した

 今回紹介するポータブルスピーカーは元々、家の中やアウトドアなどで使えるタイプだ。コンパクトでありながらバッテリー搭載しているのでモデルにもよるが長時間の再生が可能な点、また防滴仕様等にもなっているので少し位飲み物等がかかっても拭けば問題はない(風呂で使える物も多い)。

 そしてスマホなどとの接続はBluetoothを使う。ほとんどの商品がこれにより音楽だけでなくハンズフリー通話にも対応できる。さらにモデルによってはAppleの「Siri」やGoogleの「Google Now」といった音声コマンドにも対応できる商品もある。

 実は過去、ポータブルスピーカーには車載専用のモデルが存在した。筆者が使っていたのはJBLの「Trip」というモデルでユニットをサンバイザーに装着することで斜め前方から音が降り注ぐような感覚が魅力的、重低音は期待出来なくても、明瞭なサウンドは好感が持てた。

 商品自体は2017年頃に購入し、当時は1万5000円位だったが、残念ながら現在は生産を終了している。

 つまり車内という環境下で商品を使う場合、専用品でなければ車内の利用環境に気を遣う必要があるということだ。

 ここでポイントとなるのがポータブル型は「持ち運びができる」という点だ。

 少々面倒くさいかもしれないが、日中青空駐車する際などは自分のカバンの中にポンと入れておくもよし、それが面倒ならばラゲージに置いておけば外から見えないので盗難の心配もない。元々Bluetoothとペアリングされていることもあり、電源さえ入れれば自動的接続できるのがこれらの商品のメリットだ。

 基本車内での使用は推奨されていない点は理解の上、使ってみて欲しい。

次ページは : ■置き場はどうする? 狙い目はここだ!