GT-R スイスポ スープラがでる !!? 国産スポーツの未来はいま

GT-R スイスポ スープラ 国産スポーツは死ななない! これからの新型車 いまわかっていることすべて(仮)

 早いものでもう9月。うかうかしているとあっという間に年の瀬…ということになりそうだが、コロナ禍や相次ぐ環境規制の中にあって、来年もクルマを取り巻く環境、とりわけスポーツカーを巡る状況はキビしそうだ。

 しかしそんななかにあって、国内メーカーは続々魅力的なモデルをスタンバイ中だ(昨日発表されたスバルWRXも実に楽しみだ!)。

 この秋から2023年までに登場予定の気になる新型スポーツモデルたちの最新情報をすべてお見せする!

※本稿は2021年8月のものです
文・予想CG/ベストカー編集部 写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2021年9月10日号

【画像ギャラリー】リアビューの予想CGも満載! 期待値半端ないモデルたちをギャラリーでチェック!

■日産 GT-R(2023年春登場予定)

●純エンジンのまま次期型開発中!

 正式発売前の予約段階で受注ストップとなったGT-Rニスモ2022年モデル。価格発表前の売り切れとは凄まじい人気だが、R35GT-Rの販売終了が来年に迫っているのが大きな理由。多くの人が最後にして最強のGT-Rを求めているのだ。

 しかし、ベストカーには別の情報が入っている。GT-Rは終わらず、次期モデルが計画されているというものだ。

 この情報を入手したのは昨年9月頃。ゴーン元社長の解任により商品計画が見直され、水面下で計画されていたGT-Rのマイルドハイブリッド化が承認されて、これが次期モデルとなり、2022年以降もGT-Rは販売されるというものだった。

 続いて今年の5月、その情報が修正される。販売店関係者より、マイルドハイブリッドではなくガソリンターボのまま次期型の開発が進んでいるという情報がもたらされたのだ。情報主によると、エンジンを含む中身はほぼ現行型のまま内外装を変更し、新型として販売するという。

 いわゆる「スキンチェンジ」という内容。振り返ってみればR32~R34スカイラインGT-RもRB26DETTエンジンやアテーサE-TSはそのままにモデルチェンジを重ねてきたわけで、それと同じ手法ということ。

 ただし、R32~R34がそうであったように時間が経過した分の進化をしっかりと果たすのは言うまでもない。

 この新型GT-Rは来年秋頃に現行R35の販売が終了した後、数カ月の間を開けて、2023年春頃に登場するというスケジュールが濃厚。現行型のシャシーを使いながら内外装を大きく変化させる次期Zと同じく、GT-Rも大幅にイメージを変えてくる。

 現時点ではどんな進化を果たすかの詳細は不明だが、ファンの期待を超えてくれることは確実だろう。

2022年の生産終了でGT-Rの歴史はいったん途絶えると思われたが、次期「R36型」の存在を確認。名機VR38DETT型V6ターボを改良、進化させて搭載(画像はベストカー編集部による予想CG)
予約殺到で受注停止となったニスモ2022年モデル。R35型ファイナル仕様はもうひとつありそう(画像はベストカー編集部による予想CG)

◎新型GT-R
・全長:4730mm
・全幅:1900mm
・全高:1370mm
・ホイールベース:2780mm
・車両重量:1760kg
・エンジン:V6、3.8L+ターボ
・最高出力/最大トルク:600ps/66.0kgm
・駆動方式:4WD
・予想発売時期:2023年春
・予想価格:1500万円

■スズキ スイフトスポーツ(2023年春登場予定)

●「ターボ+48Vマイルドハイブリッド」で登場!

 2017年9月の登場から4年が経過するスイフトスポーツ。そろそろ次期モデルが気になるタイミングだ。

 欧州仕様は昨年5月にマイナーチェンジを受けていて、48Vのマイルドハイブリッドを搭載。日本の次期モデルはこのパワーユニットの搭載が確実視されている。

 この欧州仕様は直4、1.4L直噴ターボエンジンも圧縮比の向上や電動吸気VVT、EGRの新採用など改良を施されており、そちらも踏襲されることになりそうだ。

 プラットフォームに関しては、一新されるという説と現行型の改良版を採用するという説が混在しており、現時点では明確にはなっていない。

 HEARTECTと呼ばれる現行プラットフォームは2016年に登場したものでまだ新しく、また軽量化にも大きく貢献しているだけに商品力はまだ充分にある。それだけにその改良版の採用が有力だが、そんな状況のなかで「一新する」という噂が出ているのが逆に気になるところだ。

 ボディサイズは現行型とほぼ同じだが、マイルドハイブリッド化による重量増をどれだけ抑えられるかがポイントとなりそう。6MTと6ATを設定するのも現行型と同様で、スイスポの大きな魅力と武器である価格の安さもキープされるだろう。

軽量コンパクトなボディはそのままにブラッシュアップされる次期モデル。ボディサイズは全長3900×全幅1740×全高1500mmあたりで、車重はマイルドハイブリッド化しても1000kg未満を目標としている(画像はベストカー編集部による予想CG)→
→もちろん、操る楽しみを最優先にしたFFスポーツのコンセプトは変わらず、価格は250万円以内を目指しているという。画像欧州仕様の48Vマイルドハイブリッドエンジン。モーターアシストは13psと小さいが、もちろん燃費は向上する

◎新型スイフトスポーツ
・全長:3900mm
・全幅:1740mm
・全高:1500mm
・ホイールベース:2450mm
・車両重量:980kg
・エンジン:直4、1.4L+ターボ+モーター
・最高出力/最大トルク:145ps/24.0kgm
・モーター最高出力:13ps
・駆動方式:FF
・予想発売時期:2023年春
・予想価格:250万円

次ページは : ■スズキ アルトワークス(2022年10月登場予定)