1台で2台分の積載量を実現! ドイツ生まれのウイングトレーラがスゴい!

セミトレーラ1台で大型トラック2台分の積載量を実現! トランスウェブが導入したドイツ生まれの超特殊ウイングトレーラがスゴい!

 トランスポーターでレーシングカーを運んだり、キャリアカーで高級外車を運ぶなど、車両輸送のエキスパートとして活躍している千葉県の運送会社、トランスウェブ。

 同社が2016年に導入したドイツ・シュローダー社の飲料運搬用ウイングトレーラ「アルバトロスXXL」は、独自のボディ構造により飲料運搬用パレットを32枚積載可能とした超特殊ウイングトレーラだ。

 昨今トラック業界では1セットで大型トラック2台分の積載ボリュームを実現するフルトレーラ、通称ダブル連結トラックが話題となっているが、同車両はセミトレーラで大型トラック2台分の容積と積載量を同時実現するからスゴい。

 日本のウイングボディとはひと味もふた味もちがう、ドイツ生まれの超合理主義的ウイングトレーラの実力を検証する!!

文・写真/トラックマガジン「フルロード」編集部
※2017年9月11日発売「フルロード」第26号より

【画像ギャラリー】積載量がニバイ、ニバ〜イ!! これがドイツが生んだ超合理主義ウイングトレーラだ!!