ハイエース GT-R…いつ生産終了? 長寿命のクルマの今後はどうなる?


■三菱デリカD:5:2007年1月登場→誕生から14年8ヵ月

2019年2月に(ディーゼル車のみ)フロントマスク、エンジン、安全装備などを刷新するビッグマイナーチェンジが行われたが、基本的には同じモデルを作り続けている

 1994年登場のデリカスペースギアから13年振りにフルモデルチェンジされたデリカD:5は、FFの乗用車用プラットホームを使ったミニバンとなったが、スターワゴンから続く「ミニバンとSUVの融合」というデリカのDNAはシッカリ受け継がれた。

 それだけに孤高の存在となっているデリカD:5はディーゼル車の追加などを行いながら、販売も堅実だったのだが、登場から10年が過ぎるとさすがに古さが否めなくなってきた。

 という背景もあり、2019年2月には形式上はビッグマイナーチェンジながら、内容はフルモデルチェンジといっていいくらいの大改良が行われた。

 このビッグマイナーチェンジでは内外装の変更はもちろん、待望の自動ブレーキ&運転支援システムも標準装備化された。このビッグマイナーチェンジをきっかけに新規ユーザーを含めデリカD:5の購入を決めた人もそれなりにいるようで、デリカD:5は登場から14年が経ってもいまだ堅調に売れている。

●今後どうなる?

 日産&三菱自動車&ルノーアライアンスにより、三菱自動車では今後デリカD:5が該当するC&Dセグメントのプラットホームは日産の担当となるため、残念ながら三菱自動車オリジナルでデリカD:5がフルモデルチェンジされることはないだろう。

 しかし、デリカD:5には熱狂的なファンがおり、根強く売れていることを踏まえると、デリカD:5を単に絶版にするのももったいない。

 ということを考えると、今後デリカD:5は前述の日産エルグランドか日産セレナの兄弟車となる「SUVの要素を持つミニバン」として継続されるというのが現実的かつ、ファンも納得できる落としどころなのではないだろうか。

【画像ギャラリー】登場から10年以上経過した「ご長寿モデル」 次期型はどんなスタイルに?

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ