コストが安く長寿命! LED式信号機のメリットとデメリットとは?

長寿命だけど見えづらい? LED式信号機のメリットとデメリットとは?

 ここ数年で都内などでは一気に設置が進んだように思えるLED信号機。かつて広く使われてきた、日差し除けのあるお馴じみの電球式信号機に比べて、どう違うのでしょうか?

 というのは、視認性がよく、夜も明るくて見えやすいのですが、日差しの強い天気のいい日は見えづらいなあと思うこともしばしばあります。

 また、筆者の自宅近くにあるLED信号機は、遠くからは見えづらく、近づくとやっと青だとわかります。これはわざと見えづらくしているのか? それとも気のせいなのか?

 本企画では、最新のLED信号機とはどんなものなのか? かつての電球式信号機のメリット、デメリットについて考察していきます。

文/岩尾信哉
写真/コイト電工、信号電材、Adobe Stock

【画像ギャラリー】今やすっかりお馴染みとなったLED信号機 LEDならではの特徴とは?


■普及が進むLED式交通信号機

こちらがお馴染みの電球式信号機。クルマのテールランプと同じように電球と色付きのカバーとなる(Adobe Stock@PUBLICITY)
LED信号機。LED自体が発光するため、光が均一で明るい。伝統式の信号機に比べ消費電力は6分の1で、電球式の場合は約半年から1年程度であるのに対して、LED式では6~8年(Adobe Stock@PUBLICITY)

 ここでは車両用と歩行者用がある信号機のうち、車両用に絞って話を始めよう。

 日本で初めて信号機が設置されたのは、1930(昭和5)年に東京都の日比谷交差点とのこと。翌1931(昭和6)年に同じく東京の銀座4丁目交差点や京橋交差点など34ヵ所に3色灯の自動信号機が設置され、第二次世界大戦後に普及が進んだ。ちなみにLED式交通信号機(以下LED式信号機)に関しては、1994(平成6)年に愛知県と徳島県から設置が始まった。

 現在の日本全国でのLED式信号機について設置状況を見てみると、普及率に関しては、警察庁の2020(令和2)年3月末の発表(集計数は令和元年度)で、車両用灯器は約127万灯、歩行者用灯器は約102万灯、合計で約230万灯となっており、このうちLED式信号灯器が占める割合は、約60.7%(車両用約63.1%、歩行者用約57.8%)」とのこと。

 LED式車両用信号機の設置数でトップとなる東京都の普及率は100%に達していて、率の上では福岡県(99.8%)、長崎県(98.5%)、沖縄県(92.9%)と続いている。

■LED自体が発光するため光度が均一で視認性がよく消費電力は6分の1

LED式は電球式に比べてどんなメリット、デメリットがあるのだろうか?(Adobe Stock@xiaosan)

 LED式信号機の灯器部の特徴をまとめておくと、電球型のようにフィラメントが発光してレンズを介して光を周囲に放射するのに対して、LED自体が発光、発色するために、灯器自体の光度が均一で視認性が良いことが挙げられる。

 レンズで色分けする電球式信号灯器では、西日等が当たると実際には点灯していなくても点灯しているように見える(「疑似点灯」と呼ばれる)など、角度や日射しの加減で見えにくくなる場合があった。

 対して、LED式は前述のように光源のLED自体が発色するうえに、光が照射する方向が絞られている(指向性が高い)ことで見やすさ(視認性が高い)を獲得している。

 加えて、LED式は電球式に比べて消費電力が6分の1程度(電球式70W、LED15W)であるため、省エネ効果が高く電気料金コストが抑えられる利点がある。使用寿命についても、電球式の場合は約半年から1年程度であるのに対して、LED式では6~8年とされているため、メンテナンス面でも有利とされている。

次ページは : ■メリットは見やすさとコスト抑制効果