カローラクロスの顔は超平均点!? トヨタSUVラインナップのデザイン戦略

カローラクロスの顔は超平均点!?トヨタSUVラインナップのデザイン戦略

 2021年9月14日、トヨタの新型クロスオーバーSUV「カローラクロス」がついに日本で発売された。タイではすでに発売されており、日本導入が期待されていた。

 これまで日本導入そのものは予想されていたが、予想外だったのはタイ仕様と異なるフロントマスクを採用したこと。なぜあえてデザインを変えてきたのか?

 本稿ではカローラクロスのデザインについて、清水草一氏に解説してもらった。

文/清水草一、写真/TOYOTA

【画像ギャラリー】 充実のトヨタSUVラインナップ デザインの違いを写真でチェック!


■カローラクロス登場でトヨタSUVラインナップ最強布陣へ

2020年7月にタイで発表され、日本でも2021年9月14日に発売されたカローラクロス

 トヨタがまたまた小型SUVをリリースした。その名はカローラクロス。「カローラ」の「クロス」だから、カローラクラスのクロスオーバーSUVである。ヤリスクロスがヤリスクラスのクロスオーバーSUVなのと同じですね。

 サイズ的には、全長で比較するとライズ<ヤリスクロス<(ホンダ・ヴェゼル)<C-HR<カローラクロス<RAV4<ハリアーという順になる。

 これら7台のうち、C-HRだけ売れ行きが大幅に落ちている。C-HRは発表から数年間、攻殻機動隊っぽいデザインで大成功をおさめたが、デザインが強烈なだけに、賞味期限切れ感が強い。

2016年12月に登場した「C-HR」。思い切ったクーペデザインでSUVの新境地を拓いた

 そこで、というわけかどうかは知らないが、トヨタは主にアジア向けに開発したカローラクロスを日本市場に投入。C-HRよりゆとりのあるサイズと室内を持ちながら、価格をしっかり抑えている。

 そのデザインだが、このところのトヨタの挑戦的なデザイン群と比べるとものすごくフツーで控えめ。定番っぽいデザインだ。同じトヨタのSUVたちと比較すると、こうなる。

(小)
ライズ/定番系
ヤリスクロス/異星人系
(中)
C-HR/SF系
カローラクロス/定番系
(大)
RAV4/定番系
ハリアー/オシャレ系

 つまり、真ん中サイズのSUVがやや手薄だったところに、定番系デザインでお買い得なカローラクロスを投入したことになる。

 これでトヨタは、小・中・大それぞれのクラスで、定番系と非定番系デザインのSUV二頭立て態勢を整えた。これこそ他社が生き残る隙間を与えない、水も漏らさぬ布陣。さすがトヨタである。

■オラオラ顔から脱出!! 親しみやすいデザインに

 カローラクロスのデザイン評価だが、バランスは悪くないし質感も適度に高いが、全体としては中庸そのもの。とんがった部分はまったくない。

 なにしろカローラクロスは、2020年まずタイで発表され、発売が開始されたアジア戦略車。途上国では、デザインで遊んで居住性を犠牲にすることはできない。よってカローラクロスは、居住性をしっかり確保したうえで、前後フェンダーのマッチョ感やフロントフェイスの今どき感で、ステイタス感を適度に演出しているのだ。

 基本的には、現在世界で4番目に売れている超量販車・RAV4のちょい小型版というイメージだが、フロントマスクの表情はRAV4より優しく控え目だ。

RAV4のフロントマスクは、オフロードをイメージさせる写真の「Adventure」と都会的な「G・Xグレード」の2種類を設定

 個人的には、RAV4のデザインは「万人向けでまったく面白味がない」と感じているが、カローラクロスはそれよりさらに控え目なのだから、存在感の希薄さでは、トヨタのSUV群中随一だ。それだけ万人に受け入れられやすいが、同時に押しも弱い。

 「そんなことはないだろう。このガバッと開いた大きな口(グリル)は、かなり威圧感あるんじゃない?」という意見もあるでしょうが、これくらいは今や世界標準。逆にガバッと開いてない口のヴェゼルが個性的に見えることからして、カローラクロスの顔は超平均点なのである。

 この優しい顔つきでは、ルームミラーに映った時の威圧感に関しては、四角い顔のライズや、宇宙人っぽいヤリスクロスにも負ける。この押しの弱さが、吉と出るか凶と出るか。

 近年、トヨタの挑戦的で大胆なデザインは、大成功が続いている。「やりすぎだろ!」というくらいのモデルが大ヒットしているのだ。その代表がヤリスとアルファード。どちらも強烈すぎるくらい個性的な顔つきだが、それが万人に受けているのだから、もはや万人向けという言葉の意味を変える必要すら出てきている。

 つまり、万人向けのはずのヤリスクロスが、日本市場では意外と万人にウケない可能性もあると見る。まぁ、ライズもRAV4も売れているので、ちゃんと売れるんでしょうけど、自動車デザインウォッチャーとしては、「あまりにも凡庸」と評価するしかありません。

次ページは : ■なぜフロントマスクのデザインがアジア向けと異なるのか