トヨタの真の狙いを解説「KINTO」で得する限られた人

トヨタの真の狙いを解説「KINTO」で得する限られた人

 クルマを購入せずに利用する方法はいろいろ登場している。残価設定型ローンやカーリースが定着しないと言われた日本でも、近年は利用者が大幅に増えている。

 そんななか、トヨタは定額サービスが一般的になってきたことを受けて、サブスクリプションサービスのKINTO(キント)を2019年に開始。

 新車、中古車で追従するメーカーも増え、注目を集めている新サービスだが、気になるのはお得なのか? という点ではないだろうか。

 本企画では、サブスクリプションサービスの先鞭をつけたトヨタのKINTOについて、その損得勘定とどんな人が得するのかについて、渡辺陽一郎氏が考察する。

文/渡辺陽一郎、写真:TOYOTA、LEXUS、HONDA、平野学、池之平昌信

【画像ギャラリー】KINTOに追加された注目のニューフェイスと人気ランキング


販売店はKINTOと距離を置いている!?

2020年7月1日から上の6車種でKINTO ONEの全国でサービスを開始。現在は対象車種が大幅に増えて選択肢が増えている
2020年7月1日から上の6車種でKINTO ONEの全国でサービスを開始。現在は対象車種が大幅に増えて選択肢が増えている

 最近は定額制でクルマを利用できるサブスクリプションサービスが話題になっている。

 特にトヨタの「KINTO」は、TVのCMも活発に放映して宣伝にも力を入れている。株式会社KINTOは、2019年2月に設立されて定額制サービスを開始した。

 発足当初は、トヨタの5車種と、レクサスを対象とした「KINTO・SELECT」を設定して、2019年7月にはアクアも加えた。12月には16車種を追加して、主要なトヨタ車でKINTOを利用可能になった。

 2020年4月には、従来の3年プランのほかに、5年/7年プランも加えている。契約期間中に、別のプランに乗り替えられる「のりかえGO」のサービスも始めた。

 KINTOの累計申込実績は、2020年3月時点で3150件とされている。トヨタ車は2019年に国内で約155万台、1か月平均でも約13万台を販売しているから、3000件少々の累計申込実績はきわめて少ない。

レクサス車のKINTO ONE対象車は5車種。最も高額なのがLX570で、月額19万8000円(税込み)となっている
レクサス車のKINTO ONE対象車は5車種。最も高額なのがLX570で、月額19万8000円(税込み)となっている

 販売店でKINTOについて尋ねると、次のように返答された。

「KINTOにトヨタの販売店で申し込むことは可能ですが、基本的にはお客様とKINTOの契約になります。販売店が車種やグレードの選択などに関して、詳しくアドバイスすることは基本的にありません。そのために私が担当するお客様で、KINTOの利用を開始した方もおりません。今のところ加入者は少ないでしょう」

次ページは : KINTOは若者を引き付けるのが使命

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

GR86の4ドアモデル、出る!! 三菱トライトンを雪上初テスト! 注目情報を満タンでお届け「ベストカー3月10日号」

新型スズキスイフト、レクサスLBXなど注目の新型車が続々登場! 「ベストカー3月10日号」! 今年も名物企画「雪上テスト」開催! 三菱トライトンの実力をいち早く丸裸にしたぞ!