新車の数だけ思い出の愛車がある! 営業マンの記憶に残る下取り車

新車の数だけ思い出の愛車がある! 営業マンの記憶に残る下取り車

 筆者はディーラー営業マンとして、新車が購入・納車される場面に数多く立ち会ってきた。そこには、新車に対する高揚した気持ちと、これまで大切に乗ってきた愛車への惜別の念が入り混じる。

 納車の際に、下取り車を引き取るが、これはユーザーのさまざまな思い出も同時に預かるということだ。本稿では、筆者の記憶に強く残る、下取り車にまつわるエピソードを紹介していきたい。

文/佐々木 亘
写真/Peugeot、メイン写真/Yakobchuk-Olena-Stock.Adobe.com

【画像ギャラリー】下取りの日、家族で磨いた思い出の愛車……プジョー 206を写真で見る


■子どもたちも大賛成の乗り換え検討

車の買い替えはオーナーだけでなく、オーナーの家族にとっても大きなイベントとなる(hedgehog94@AdobeStock)

 ある日、筆者の勤務する販売店に、ご夫婦と小学校低学年くらいの子どもが2人の4人家族が来店した。

 乗っていたのはプジョー 206。5ドアハッチバックが手狭に見えたその家族から、SUVへ乗り換えたいと、来店目的を告げられる。当時、人気の高かったSUVを試乗し、見積もりと、商談はトントン拍子に進んでいった。

 子どもたちは、初めて訪れたカーディーラーのショールームに、少し緊張しながらも、行儀よく過ごしていた。試乗中は、とても楽しそうにクルマの乗り心地や広さに対する感想を言ってくれて、「子どもたちも気に入っているのでこのクルマにしましょう」と、商談を円滑に進めるサポート役にもなってくれたのだ。

 家族全員が賛成し、すんなりと決まったクルマの買い替え。人気車であり、納車までは半年ほど時間がかかったため、下取り車の査定は、納車目安の2か月前にとお願いし、その日は注文書だけを取り交わして手続きを終えた。

■一緒に成長してきたプジョーを紹介してくれる子どもたち

下取り車となったプジョー 206。家族の思い出には当たり前のように車があった

 下取りとなるプジョー 206は、走行距離が多く、年式も相応に古い。ただ、内外装の程度はよく、オーナー家族が大切に乗ってきたことは、すぐにわかった。下取り額を提示し、納得いただいて、契約手続きのすべてが完了する。

 帰り際、クルマまで見送りに行くと、子供たちが私に声をかける。

 「ねぇ知ってる? この傷ね、私が自転車で転んでついたんだよ。あっちはね、弟が付けたの。それからね……。」

 子どもたちは、クルマの細かな傷やシートの汚れが、誰の何が原因で付いたものなのかを、丁寧に私に対して説明してくれた。なかには、お父さんの知らない傷まであって、ご両親が苦笑いする場面もあったほどだ。

 新車で購入したというプジョー 206。子どもたちの年齢を考えると、生まれた瞬間から今までの8~9年、共に成長し続けた間柄なのだろう。クルマは家族同然とも言われるが、子どもたちにとっては、兄弟のようなものだったのかもしれない。

次ページは : ■写真とスペアキーで心に思い出を刻み込む

最新号

ベストカー最新号

「ベストカー誌上東京モーターショー2021」開幕! ベストカー11月10日号

 あぁ~……。本来であれば、この10月は47回目の「東京モーターショー」が開催されているはず。残念だ…

カタログ