歴代GT-Rエンブレムがキーホルダーガチャになって登場!!

まるで実車を所有してる気分!? 歴代GT-Rエンブレムがキーホルダーガチャになって登場!!

 ゲームセンターやコンビニの店頭などで見かけるトイカプセル、通称「ガチャガチャ」。キャラクターグッズや動物模型にとどまらず、最近は家電や食品など多種多様なものが製品化されている。

 この中にクルマ好きに刺さるミニカーなども多く発売されているが、今回紹介するのは大人気のGT-Rのメタルエンブレムだ!

文/藤田竜太、写真/トイズキャビン、NISSAN、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】限界まで回せ!!(ガチャを!!)トイズキャビンから登場のGT-Rエンブレムガチャと歴代GT-Rを見る!!(9枚)画像ギャラリー

■日産好き、GT-R好きのためにトイズキャビンがまたやってくれた!

トイズキャビンから、GT-Rのメタルエンブレムキーホルダーガチャが登場!! ラバー製エンブレムは以前にも商品化されていたが、金属製の存在感は格別だ

 今年6月、第二世代のスカイラインGT-Rの心臓部「RB26DETT」の精密モデル(1/24)をガチャガチャ製品にして話題となり、この10月には、往年の日産&ダットサンのエンブレムとロゴが重厚なメタル素材でキーホルダー化したトイカプセルもリリースし、日産ファン、スカイラインファンを喜ばせている、玩具メーカー「トイズキャビン」。

 そんな「トイズキャビン」から、さらにホットな新製品が登場する。それがこの「日産・スカイラインGT-Rメタルキーホルダーコレクション」(500円/一回)。

 これは、初代のハコスカ(PGC10・KPGC10)から、ケンメリ(KPGC110)、R32(BNR32)、R33(BCNR33)、R34(BNR34)までの歴代“スカイライン”GT-R 6車種・6種の「GT-R」のエンブレムを忠実に再現したもの。

 ラバーのエンブレムキーホルダーは、すでに先行販売されていたものがあったが、「トイキャビン」はクルママニアが好む、メタル製にこだわって制作。

 それも単にメタル製にしただけではなく、表面にメッキ加工まで施し、金属ならではの重厚感と美しい光沢とツヤを出しているのが特徴!

 「トイキャビン」では、スカイラインシリーズのダイキャストミニカー(1/100)や、サニートラックシリーズ、ユーノスロードスターなども、トイカプセルとして製品化済みだが、「今度は車体本体ではないもので、クルマ好きが喜ぶものを」ということで、クルマを象徴するパーツとして、エンブレムに着目。

 GT-Rユーザーがこだわるディテールとクオリティを見事に再現している。

■メタルの重厚感と輝きで気分はGT-Rオーナー

まずは第一世代のGT-Rからご紹介。左から、1969年のPGC10、1970年のKPGC10、1973年のKPGC110のエンブレム

 それぞれの細部を見てみよう。

 ハコスカGT-Rの4ドア、PGC10(1969年モデル)のエンブレムは長方形で、下地が赤。GT-Rのロゴが浮き出たカタチで、「R」の文字は赤より橙や黄色に近い。

 二つ目のハコスカGT-Rのクーペ、KPGC10(1970年モデル)のエンブレムからは、正方形っぽいものに変更。ベース部分は黒になり、「GT」が赤、「R」が白文字に赤い縁と凝ったものに。

 ケンメリGT-R、KPGC110(1973年モデル)になると、「R」の一文字だけが赤くなり、GT-Rであることを強く主張するデザインになる。

 ここまでが第一世代のGT-Rで、残りの三つは第二世代のGT-R。

続いて第二世代のGT-R。左から1989年のBNR32、1995年のBCNR33、1999年のBNR34のエンブレム

 まずは16年ぶりに復活したR32GT-R(1989年モデル)のエンブレム。メッキがきいた「GT」の二文字は少し扁平気味で、凸型に盛り上がっている。

 一方「R」は、字の中央を掘ったような立体感のある仕上がりで、色も赤というよりえんじ色に近いシックなもの。ケンメリよりもロー&ワイドなデザインで、ショートホイールベース型!?

 続いてR33GT-R(1995年モデル)のエンブレム。R33のエンブレムも、基本はR32のものと変わっていないが、よく見るとR33のものは、「GT R」の三文字だけが切り抜かれて浮かび上がっているデザインに。

 「R」の色も少し明るい赤に変更。サイズはやや縦方向が長くなり、ボディと同じくロングホイールベース風に!?

 ラストがR34GT-R(1999年モデル)。R34のエンブレムは、基本的にR33のデザインを継承。実物は素材の違いから質感に違いが見られる。細かい点では「R」の色が、R32のような色に戻った感じ。

 いずれも日産自動車(株)の監修を受けて制作されているので、そのリアル感は折り紙付き。裏面には各形式名が彫刻されているというのもファンにはうれしいところ。

次ページは : ■発売は2021年12月予定! 手首の準備運動をしつつ待て!