1台1億円は安い? いったいクルマはどこまで高くなるのか? 世界高額車ランキング!

1台1億円は安い? いったいクルマはどこまで高くなるのか? 世界高額車ランキング!

 仕事でスーパーカー系の新車価格を調べていると「ランボルギーニアヴェンタドールSVJって5000万円以上もするのか!」とビビることがしばしばある。

 だが最近のクルマに対して、5000万円ごとき(?)でビビっていては身が持たない。

 2021年8月にペブルビーチで発表された世界限定40台の「ブガッティ・ボリード」は日本円にして約5億2800万円であり、実にアヴェンタドールSVJが約10台分だ。

 ボリードというのは「火球」を意味するフランス語だそうで、搭載エンジンは最高出力1850psの8L、W型16気筒。W型に配置された4つのバンクそれぞれに4気筒とターボを備え、最高速は500km/h以上となる……らしい。

 さらにポルシェとブガッティ、リマックが設立した「ブガッティ・リマック」が開発したリマック・ネヴェラも約2億5800万円で、復活したランボルギーニ・カウンタックLPI 800-4の価格は約2億6000万円から4億円ぐらいとのことだが、限定112台がとっくに完売している。

 かたや2050年までのカーボンニュートラル実現、2030年までに電動化といわれているのに、駆け込み乗車ならぬスーパーカーの超高額車乱立………。

 そんな世紀末的な状況のなか、クルマの価格ははたしてどこまで上がるのだろうか? 「世界の高額車」を調べ、「世の中には本当にお金持ちがいるんだなぁ……」としみじみしてみることにしたい。

※表示価格は時期によって為替レートが変動し価格が変わってくるので、2021年10月20日時点でのレート、欧州1ユーロ=132円、米ドル=112円、英1ポンド=156円で換算しました。

文/伊達軍曹
写真/フェラーリ、ロールスロイス、ブガッティ、パガーニ、ダイハツ、RM Sotheby’S

【画像ギャラリー】1億2億は当たり前!? 金銭感覚のマヒにご注意!! 世界の超高額車を見る(20枚)画像ギャラリー

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ