運転中に地震が発生したら… 知っておくべき備えと対処法

運転中に地震発生したらどうすればいい? 知っておくべき地震への備え

 2021年10月7日22時41分、千葉県北西部を震源とする最大震度5強の地震が発生。首都圏を中心に被害があり、交通網にも影響をおよぼしました。首都高は即座に封鎖となり、解除となったのは翌午前2時、また首都圏の列車は軒並み運転を見合わせ、影響は翌日以降も続きました。

 自然災害のなかでも、いつどこで遭遇してもおかしくないのが地震。もし、クルマを運転中に地震が発生したら、ドライバーはどのような対応をとるべきなのでしょうか。また、そのような状況に陥ったときのために、どういったことを備えておくべきなのでしょうか。

文/吉川賢一
アイキャッチ画像/momo2oki.stock.adobe.com
写真/TOYOTA、HONDA、MITSUBISHI、Adobe Stock

【画像ギャラリー】もしものときの電源になる! AC100V電源を装備できるクルマたち(13枚)画像ギャラリー

地震に気づいたら、ハザード点灯させ、緩やかに減速

 冒頭で触れた地震は、最大震度5強ということもあり、スマホなどに緊急地震速報が通知されました。「いきなり警報音が鳴ってびっくりした」という方も多かったと思いますが、クルマを運転中は、このような通知がないと、場合によっては「地震発生に気づかない」ということもあります。

 クルマの種類のほか、路面や環境で感じ方は違ってきますが、マグニチュード7.3、最大震度6を観測した阪神淡路大震災でも、クルマを運転していて「地震に気づかなかった」、もしくは「そんな大きな地震だとは思わなかった」という方もいたようです。

 地震に気づかずに走行を続ければ、路面の段差や亀裂の入った箇所につっこんでしまったり、トンネルや斜面、道路わきの建物などの崩壊に遭遇してしまったり、また、路面の揺れによって、ハンドル操作に影響を及ぼす可能性もあるなど、大変危険です。

いつ遭遇するかわからない、運転中の巨大地震。 運転中に地震が発生した時の映像を見ておくと、状況を体感でき参考になる(写真:Park Si-Hyeon.stock.adobe.com)

 緊急地震速報が通知された、もしくは地震発生に気づいた場合、まずはハザードを点灯させ、周囲のクルマに注意を促しましょう。周りには地震に気がついていないドライバーがいるかもしれません。そのうえで、緩やかに減速し、緊急地震速報が通知された場合や、大きな揺れを感じた場合は、できるだけトンネル坑口付近や大きなのり面を避け、道路の左側にクルマを停止させ、揺れがおさまるのを待ちます。

 大きな地震の場合、誰もが気が動転してしまいますが、クルマを安全に停止させるまでは、ドライバーとしての責任をしっかり果たすことが求められます。

むやみに外へ出ず車内で待機、そして情報取得を

 クルマを安全に停止させたら、まずは地震の規模や交通情報など、情報の取得が必要です。スマートフォンもいいですが、ラジオなども活用し、より正確な情報を入手するようにしてください。首都圏の民放ラジオ9社(TBSラジオ、文化放送、ニッポン放送、ラジオ日本、TOKYO FM、J-WAVE、NACK5、Bayfm、Fm yokohama)では、1都6県で震度5強以上の揺れが予想される場合、緊急地震速報が伝えられます。

 もちろん、NHKや首都圏以外の民放ラジオ各社でも、同様の対応がとられます(緊急地震速報の基準を「震度5弱」としている局もある)ので、いま自分がいる場所に特化した局をつけることで、よりローカルな情報を得ることができます。このとき、スマートフォンアプリでラジオを聞くことができる「radiko」などのIPサイマルラジオでは、遅延があるため、緊急地震速報のような、数秒後に起きることの警告に関しては、正確な情報を得ることができないので注意が必要です。

 また、交通情報に関しては、ラジオで交通情報を放送している「日本道路交通センター」のサイトが便利。日本全国の交通情報を、5分おきの更新で得ることができます。

 周囲の状況にもよりますが、情報を確認し、安全が確認できれば、再び走行を始める、ということになりますが、高速道路を走行中の場合は、大きな地震(震度5弱以上もしくは震度5強以上、高速道路会社によって異なる)が発生した場合は、通行止めを行い、道路の点検が行われるため、揺れがおさまったとしても、個人の判断でむやみに行動せず、巡回するパトロールカーに指示に従う必要があります。安全が確認されたところから避難誘導が行われますので、指示に従い、一般道へおりることになります。

次ページは : クルマをはなれなる場合には、鍵を残しておく