ホンダ オデッセイ 生産終了発表で変動あり!? 中古車相場はどうなったのか

ホンダオデッセイ 衝撃の生産終了発表から4か月 中古車相場は動いたか?

 2021年6月、ホンダはオデッセイ、レジェンド、クラリティを2021年末で生産終了すると発表した。レジェンドはレベル3の自動運転を実現したばかりだし、オデッセイは2020年11月にビッグマイナーチェンジをおこなったばかりで、なぜ? という疑問が残る。

 そこで、今回はオデッセイの歴史を振り返りつつ、生産終了発表後の中古車相場の動きや各世代モデルの中古車事情について紹介しよう。

文/萩原文博、写真/HONDA

【画像ギャラリー】27年もの歴史に終止符! 歴代オデッセイを写真で振り返る(19枚)画像ギャラリー

ミニバンの常識を変えたオデッセイ誕生

初代オデッセイ(1994年10月~1999年10月)

 1994年10月、ホンダ初代オデッセイが登場。初代モデル登場時、エンジンを運転席下に搭載するキャブオーバータイプの1BOX車がミニバンの主流だった。初代オデッセイは、1BOXカーの広い空間とセダンの快適さや走行性能を合わせ持つ新しいコンセプトを実現、厳しい開発費と生産する工場の制約からアコードのプラットフォームを採用。これはアコードと同じラインで生産するという理由だったのはご存じのとおり。

 2.2L直列4気筒エンジンを乗用車と同じFFレイアウトを採用し、床を低くすることで1BOXカーのようなゆとりの空間を確保しつつ、3列シートレイアウトを実現。サスペンションには、4輪ダブルウィッシュボーン式を採用。

 さらにリアには3列目の居住性など室内効率を高めるためにコンパクトなインホイール形式のサスペンションを新開発した。1997年にはマイナーチェンジを行い、内外装の変更に加えて搭載するエンジンを2.3L直列4気筒へと換装。加えて3L V6エンジンを搭載したプレステージを追加するなどラインアップを強化した。

 1999年12月、2代目のオデッセイが登場。外観デザインは先代モデルを強く引き継ぎつつ、低重心&ワイドスタンスを基本テーマに確かな存在感のある力強さとともに空力性能を徹底追求し、上質感と安定感を両立した。エンジンラインナップは先代モデル同様、2.3L直列4気筒VTECエンジンと3L V型6気筒VTECエンジンの2種類。

 走行性能を向上させるために、フロントにストラットタワーバーを装着。さらにリアサスペンションの取付部のクロスメンバーの強化などにより、曲げ剛性、捻り剛性を向上させている。2001年にマイナーチェンジを行い、内外装の変更とともに、ローダウンサスペンションや17インチアルミホイールなどを採用し、走行性能を向上させたスポーティグレードのアブソルートを追加した。

立体駐車場に入庫可能な全高とゆとりある空間を実現

3代目オデッセイ(2003年10月~2008年10月)

 2003年10月、3代目オデッセイが登場。新開発のプラットフォームを採用し、先代モデルより全高を80mm(2WD車)低くすることで、一般的な立体駐車場に入庫可能な1550 mmとしながら、室内高は全モデルより5mm上回るゆとりの室内空間を確保した優れたパッケージングが特徴。

 搭載するエンジンは、2.4L直列4気筒i-VTECの1種類だが、標準モデルはレギュラーガソリン仕様で最高出力160ps、アブソルートはハイオクガソリン仕様で最高出力200psを発生する2つの仕様がある。トランスミッションは標準系の2WD車が新開発の7スピードモード付CVT。その他はSマチック付5速AT。駆動方式は全グレードで2WD(FF)と4WDを設定。

 安全装備は、ステアリング舵角に連動してヘッドライトユニットが動いて進行方向を照らすAFS(アダプティブ・フロントライディング・システム)をはじめ、ブレーキ制御を4輪制御としたVSA(横滑り防止装置)。ミリ波レーダーで前走車を検知し、追突の危険を警報や軽いブレーキでドライバーに知らせる衝突軽減ブレーキなどを採用している。

 2006年にマイナーチェンジを実施し、内外装のデザインを変更。アブソルートは足回りの強化が施され、オデッセイ初の18インチアルミホイールを採用するなどさらに走りに磨きをかけている。

 2008年10月に登場した4代目オデッセイは、先代同様に多くの立体駐車場に収まる1545mm(2WD車)という低い全高ながら、7人が快適に乗車できるゆとりの空間を実現。リアドア上部の開口幅を拡大することで、3列目への乗降性を向上させるだけでなく、2列目シート下の構造を工夫し、3列目乗員の足入れスペースを拡大するなど3列目乗員の快適性を大幅に向上させた。

 搭載されているエンジンは2.4L直列4気筒 i-VTECエンジンを採用。レギュラーガソリン仕様の標準モデルは173ps。対してハイオク仕様のアブソルートは2WD車が206ps、4WD車は204psを発生。トランスミッションは標準モデルの2WD車はトルクコンバーター付きCVT、アブソルートの2WD車と4WD車は5速ATとなる。

 運転支援機能として、高速道路での運転負荷を軽減する車速/車間制御機能(ACC)&車線維持支援システム(LKAS)を採用。さらに、車両挙動安定化制御システム(VSA)と協調制御し、車両の挙動をより安定化する操舵力アシスト制御「モーションアダプティブEPS」を全モデルに標準装備するなど高い安全性を実現。2011年にマイナーチェンジを行い、外観のデザインや装備の充実化を図った。

次ページは : 2021年末に生産終了する現行型オデッセイの魅力