本場アメリカのイベントを現地取材してわかった空冷VWの魔力


■スワップミートでお宝発見!?

 本場のドラッグレースも迫力満点でしたが、カーショーと並行して行われていたスワップミートも同様に外すことのできない大事なイベント・コンテンツのひとつです。日本でも500台規模の空冷VWイベントが行われ、同様のスワップミートを楽しむことができますが、やはり本場カリフォルニアならではのお宝に巡り合えるかもしれないというワクワク感があります。

 スワップミートでは、細かな部品から大物はクルマそのものまであって、おおよそ何でも揃っています。しかしながら、モノによっては「真贋」を見極める目を養っておかないと、残念なものを掴まされることもあるので気が抜けません。

 また、ここで見られるものはクルマ関係だけでなく、同じ時間を共に歩んできた生活雑貨品やアクセサリーなどもあるので、家族連れでも十分楽しむことができます。ちなみに、筆者の戦利品は、ブルーのカリフォルニアナンバープレートで、「日本から来たんだよ」と言ったら、5ドル値引きしてくれました。

目移りしてしまうほど豊富なアイテムが揃うスワップミート。あれこれ物色して、価格交渉してみるのもスワップミートの楽しみ方のひとつだ。筆者はブルーのカリフォルニアナンバープレートを5ドル値引きしてもらった
スワップミートはまさかの掘り出しモノが見つかることもあり、つい探してしまう
エンジンからミッション、ホイールまでなんでもござれのスワップミートは宝物の宝庫だ
スワップミートは空冷VWが不滅であるかのように多くのスペアパーツを見つけることができる。みんな真剣な眼差しで品定めしていた
レストアラーの出店もあって、同ショップが手がけた空冷VWのレストアプロセスを紹介していた
なんと、パチンコ台まで売っていた!これだから旧車のスワップミートは楽しい

■SEMAショーの空冷VWたち

「HOT VWs」の渡辺編集長によれば、SEMAショーでは空冷VW関係は減ったものの、伝統のチューニングブランドやパーツサプライヤーが出展しているとのこと。とんでもなく広大な会場に入ると、さっそく入口付近でバハ仕様のビートルが出迎えてくれました。

 バハとは、毎年11月、バハ・カリフォルニア半島で行われるSCOREインターナショナル主催の自動車と二輪車によるレースで、昼夜を問わず砂漠を爆走する過酷なレースです。

 会場内にはバハに関するコーナーがあって、そこでは、砂漠でのRR方式によるトラクションが如何に有利だったのかを証明するかのように、何十台もの空冷VW参戦マシンが展示されていました。

広大な会場で行われたSEMAショーを細かく見て回るには最低でも3日必要だ
SEMAショー会場のEMPIブースにて。EMPIは空冷VWのカスタムシーンに欠かせないブランドのひとつだ
一時に比べると空冷VW関連の出展は減ったというものの、チューンドエンジンや各種パーツなど、まだまだ根強い定番アイテムが紹介されていた
広大な会場では、バハレース主催者の広大なブースがあり、ここで活躍した空冷VWが多数展示されていた

 また、今回のSEMAショーで印象的だったのは、EVの新型車だけでなく、旧車に対するEVコンバートの提案が多かったことです。例えば、空冷VWでは、ホンダバモスのようなカジュアルなドライビング・スタイルが楽しい「シング(タイプ181)」をベースにしたEVコンバートがありました。

 他のEVコンバートモデルもそうなのですが、この「シング」もマニュアルトランスミッションをそのまま生かしており、クルマ好きにとっては大歓迎なこと。今後は、こういう旧車の乗り方もありだなと思ったりしたのです。

今年のSEMAでは旧車のEVコンバートの提案も多く、これはイルティスをEV仕様にしたもの。多くのEVコンバートモデルがマニュアルだったのが、とてもうれしい
マニュアルギアボックスをそのまま生かしたEVは、きっと走りもナチュラルで楽しいに違いない。旧車のひとつのあり方だと思った
ロングビーチで出会ったアーリーバス。可愛らしいサーファーガールが颯爽と走り去っていった

 今回、実際に見た本場の空冷VWたちは、まさにカリフォルニアの青い空とこれにマッチした音楽のように、色褪せることなく、爽やかな思いのまま、その魅力を放ち続けていました。

 まもなく日本でも、国内最大級の空冷VWのイベント、第15回ストリートVWsジャンボリーが2021年11月21日(日)、フェスティバルウォーク蘇我で開催されます。

 筆者もさっそく、現地で値切ったカリフォルニアナンバープレートとSEMAショーでもらったステッカーを貼って、Cal気分満載で出かけてみようと思います。

SEMAショーで集めたステッカー。こうしたステッカーを格好良くクルマに貼るだけでも立派なキャルルックになりそうだ

【画像ギャラリー】空冷VWの魔力をここに!さらなる現地の写真をチェック!(56枚)画像ギャラリー

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ