【現代に蘇ったVWデューンバギーに試乗!!】EVで市販の可能性あり!

 1960年代、VWビートルをバギーに改造して、カリフォルニアにおけるクルマとビーチのカルチャーの象徴となった1台のクルマがある。ブルース・メイヤーによって考案された、メイヤーズ・マンクスバギーである。クルマ好きなら、一度はビートルのシャシーの上に、バスタブのようなFRPボディに幌を付けたビーチ専用のバギーを見たことがあるかもしれない。

 そのメイヤーズ・マンクスバギーを彷彿とさせるバギーを、フォルクスワーゲンがEVのプラットフォームを使って現代に蘇らせたのが、2019年3月のジュネーブショーで公開したID.BUGGYである。

 そのID.BUGGYをなんとモータージャーナリストの木村好宏氏がアメリカ・ペブルビーチで試乗したというので報告しよう!

※この記事はベストカー2019年10月26日号で紹介したものを転載しています。

文/木村好宏
写真/VW AG 木村好宏
初出/ベストカー2019年10月26日号

【画像ギャラリー】ダイハツフェローバギー、今でも売っているメイヤーズマンクスバギー詳細!


EVのプラットフォームでバギーを復活!

なんと2019年3月に公開さえたEVコンセプトカーのID.BUGGYの試乗会がアメリカ・ペブルビーチで行われ、モータージャーナリストの木村好宏氏が試乗!
今回のモデルは4WDではないが、市販モデルとなれば、フロントに150kWの電気モーターがプラスされるという

 「バギー」あるいは「デューンバギー」という名前を聞いたことがあるだろうか?

 1960年代にカリフォルニア州ニューポートビーチに住むブルース・メイヤーというサーファーが思いついた、バスタブにタイヤをつけたような屋根なしの2シーターカーである。

 ベースは第二次大戦後にGIが大量に持ち込み、ポピュラーになって、当時その辺りにゴロゴロしていたVWビートルで、フロアパネルを切り詰め、入手しやすいシェビー・トラックのサスペンションを組み込んでいた。

 これがあっという間にブームになり、エルビス・プレスリーやスティーブマックイーンの主演した映画にまで登場した。実は、このバギーはあまりにも単純な構造ゆえにパテント登録ができず、世界中でコピーが氾濫した。

 日本では1970年にダイハツが100台限定でフェローバギーを発売したほどである。

 現在、電気自動車への転換と同時にディーゼルイメージ向上へ励んでいるVWは、このカルトな歴史的存在をBEV(電気自動車)で復活するという一石二鳥的なアイデアを思いついたのである。それが今回紹介するID.BUGGYである。

 ID.はいうまでもなくVWの電気自動車のシリーズ名で、今年のフランクフルトモーターショーで世界初公開された初の本格的BEVであるID.3にも与えられている。

2019年9月のフランクフルトショーで発表されたVW ID.3。欧州で2020年半ばに市販される量産EVだ

 ID.シリーズはMEBというBEVモジュールで構成されているが、ID.BUGGYも同じようにスケートボード状のフロアグループに往年のバギーを近代風にリデザインしたボディがのせられている。

 当時のようにドアもルーフもなく、強固なロールバーが安全性の見地から加えられた。ドライバーの正面にはライトや速度、そしてバッテリー容量インジケーターが表示された小さな画面だけで、ほかには何もない。

 スタートはコラムから伸びたレバー先端のスイッチを押し、同じスイッチを前に回せば前進、手前は後進である。実はこれはID.3とほとんど同じ構造である。

今、こんなにカッコいい、砂浜が似合うオープンモデルは他にあるだろうか? すぐにでも発売してほしい!

 タイヤはフロントに255/55R18、リアに285/60R18サイズのオフロード専用タイプだった。

 床下に搭載されている電池は62kWhの容量を持ち、後輪にフランジされた150kWの電気モーターで0~100km/hを7.2秒でカバーする。また最高速度は159km/hでリミッターが介入し、航続距離は250kmに達する。

砂浜に入ってもボディはミシリともいわない!

砂浜も走れるドアも屋根もない外観はデューンバギーならではのスタイルだが、本来このテのクルマは家とビーチを行き来するために使われていた。アメリカのみならず、南仏などでもフィアットのチンクエチェントなどを使った同様の目的のクルマはあった

 試乗の行われたペブルビーチの天候は薄曇りだったが、走り出すと、周りに何もない爽快感は格別である。

 また非常に強固なバッテリープラットフォームの上に構築されたボディは、これまでに乗ったどんなオープンモデルよりもがっしりとしており、砂地に入ってもミシリともいわない。

 もっともガタピシの原因となるドアやボンネットなどが存在しないのだから当たり前といえなくはない。

 一方、速度を上げて走るとシンプルなウィンドシールド周辺からは走行風がなだれ込んでくるが、それを気にしないほどの楽しさが身体を包んでいる。

 海岸沿いの17マイルドライブを走ると周辺のサーファーやギャラリーは盛んに「いいね」サインを送ってくれた。

 VWのチーフデザイナー、クラウスビショッフはVWのデザインポリシーであるシンプル&グッドバランスはこのバギーで端的に表現されていると語ると同時に「実はシンプルだが、面白いルーフのアイデアがある」と加えた。

 VWは公式には、このID.BUGGYはコンセプトモデルといっているが、デザイナーの話から量産の可能性がまったくないわけではないことがわかった。

 しかもその際にはフロントに150kWの電気モーターを加えて4WDにすることも考えられるという。こうした柔軟性はMEBというシンプルなコモンモジュールを持ったBEVの大きな利点でもあるのだ。

こちらは本物のメイヤーズ・マンクスバギー
このブルース・メイヤーさんが1960年代半ばに考案したのがメイヤーズ・マンクスバギー。メイヤーさんは現在95歳

【画像ギャラリー】ダイハツフェローバギー、今でも売っているメイヤーズマンクスバギー詳細!

最新号

ベストカー最新号

【次期フェアレディZ誕生へ】日本車 2020年期待の星|ベストカー12月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、伝統のある日本車のビックネームであるフェアレディZとパジェロの次期型情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、日本車2020年期待の星、GR SPO…

カタログ