本場アメリカのイベントを現地取材してわかった空冷VWの魔力

00ドラッグレーストビラ用

 コロナ禍のなか、日本ではようやくクルマイベントも徐々にではあるが再開されつつある。そんななか、元VWグループジャパン在籍していた、自称日本一の空冷VWマニアのジャーナリスト、池畑浩氏が、2年ぶりのバーチャル開催となったSEMAショーと、空冷VW文化の本場、LAで開催された空冷ビートルのドラッグレースを取材するために渡米!

 はたして、どんな空冷VWを見ることができたのか、空冷VWパラダイスへようこそ!

文、写真/池畑浩

【画像ギャラリー】空冷VWの魔力をここに!さらなる現地の写真をチェック!(56枚)画像ギャラリー

■空冷VWを見に、いざ本場アメリカへ!

 長引くコロナ禍から世界中の国々が、徐々にではありますが、日常を取り戻しつつあります。日本でもクルマ関連のイベントが再開されはじめたことは、クルマ好きにとって朗報ですね。そんななか、毎年、ラスベガスで開催される世界の3大カスタムカーショーのひとつと言われる(日本:東京オートサロン、ドイツ:エッセンショー)「SEMAショー」に行く機会を得ました。

羽田空港はまだ旅客便の欠航が続き、出発ロビーも寂しく閑散としていた

 そこで早速、ロサンゼルスを拠点に全米展開する空冷VWの老舗専門誌「HOT VWs」渡辺編集長に連絡すると、ちょうど「SEMAショー」が行われる直前の日曜日に、ロサンゼルス郊外で、空冷VWのドラッグレース「HOT VWs Drag Rase」の最終戦があるとの情報を得ました。それを聞いた途端、長年の夢だった「本場、西海岸の空冷VWシーンを見てみたい」という思いが沸き上がり、スケジュールを前倒しにして、アメリカに向かったのです。

 今回は、その羨ましいほどのリアル・アメリカン空冷VWライフについて、写真とともにお届けしたいと思います。

エンジェルスで大活躍中の大谷さんのおかげもあってか、LAでも日本車や日本文化への興味・関心がとても高い
アメリカといえばハンバーガー。写真はLAで人気のIN-N-OUT(イン・アンド・アウト)バーガーだ。自慢のフレッシュミート&ポテトがとても美味しく、LAで是非賞味してほしい逸品だと筆者

■アメリカが育んだ空冷VWカルチャー

 1960年代に入り、「大きいことはいいことだ」と言わんばかりにアメリカ車が肥大化していくなか、VW O A(Volkswagen of America)は、「倹約」と「シンプル・ライフ」というアンチテーゼで多くのアメリカ人の知性と感性を刺激して、その価値観を根付かせることに成功しました。

ロサンゼルス郊外で見つけた1970年代のタイプIは、さりげなくホイールを黒くモディファイしていた。時を超えて今の風景に溶け込むその佇まいは、まさに「ステキ」のひと言に尽きる

 1949年から始まったアメリカでの空冷VWの販売台数は、最盛期には年間約50万台近くに達しています。つまり、ファーストユーザーに加え、セカンドユーザー、サードユーザーまでを含めると、実に数百万人にも及ぶアメリカ人が、空冷VWによるモビリティの自由を享受したことになります。

LAのスーパーマーケットの駐車場に停まっていたオリジナルペイントの1303。足として使われている割にはコンディションも良好。良い意味で自然体な雰囲気だ

 こうした長年にわたるアメリカでの空冷VWカルチャーの創造主は、その魅力に取り憑かれ、レースやカスタマイズに没頭する人たち、そして、自由を追い求めるヒッピーをはじめとする多くのヤングスターたちでした。

LA郊外のフリーウェイを快走するビートル

 つまり、空冷VWのカルチャーは、人種、性別、世代、思想、志向、そしてなによりも、アメリカの多様性を大きな原動力として、それぞれの時代で大きな花を咲かせていくのです。それら偉大なる空冷VWカルチャーのひとつが、西海岸はカリフォルニアで広まったキャルルックで、1970年代後半には日本にも最先端のホットウェーブとして押し寄せてきたのです。

フロントドロップにしてタイヤサイズもリアファットにした、キャルルックのお手本ともいえる一台。エンジンはシンプルなツインキャブ化でホイールもお約束のBRMで決まっている

次ページは : ■本場の空冷VWドラッグレースに興奮