バッテリーやスタッドレスタイヤも「要注意」 冬本番前に絶対やるべき車のメンテナンス 5選


雪用ワイパーと高濃度のウォッシャー液で冬季の視界を確保

 ワイパーブレードは、ゴムなので紫外線や温度変化などで劣化します。劣化が進んで、拭き残しや拭きムラ、ビビリ音が発生したときが、ワイパーブレードの交換時期です。

 寒い日や降雪時には、フロントガラスが凍結して、ワイパーがガラスに凍りついて作動しなかったり、ウォッシャー液が凍結して噴射できないということが起こります。

 このようなトラブルを想定して、低温でも硬化しにくいゴムや樹脂で覆われている雪用ワイパーに交換しましょう。また、ウォッシャー液の主成分であるエタノールの濃度を高めれば、凍結温度を低下させることができます。一般的なはっ水や油膜防止ウォッシャー液の凍結温度は-20度程度ですが、温度がそれ以下になる場合はエタノール濃度の高い凍結防止用ウォッシャー液を使いましょう。-50度程度まで凍結しないので、安心です。

スタッドレスタイヤも寿命あり、摩耗状況を必ずチェック

降雪や路面凍結の可能性がある場合、スリップを回避するためにスタッドレスタイヤに履き替えるべき。ただし、スタッドレスタイヤも劣化と摩耗が進むので、定期的なチェックが必要(PHOTO:写真AC_ FRANK211)※画像はイメージです

 タイヤの摩耗が進むと、路面との摩擦力が低下して制動力の低下やスリップを引き起こします。日常点検項目の中でも、タイヤの摩耗状況や空気圧のチェックは、重要な確認項目です。

 冬季に路面が凍結すると、スリップが起こりやすくなるので、冬用のスタッドレスタイヤに履き替えることが安全です。スタッドレスタイヤは、低温でも柔らかさを保つゴム素材を使い、ワイドトレッドで溝が深く、またサイプと呼ばれる表面の細かい溝によって水分をタイヤの溝に押し込み、氷の表面をしっかり掴んでグリップ力を高めてくれます。

 しかし、スタッドレスタイヤも摩耗し劣化するので、通常は3年程度の定期交換が必要です。劣化によってゴムの柔軟性が消失、また摩耗によってサイプの溝が減ったり、溝の深さが50%以上摩耗するとスタッドレスタイヤの性能は大きく低下します。摩耗具合を示す指標として、スタッドレスタイヤにはプラットフォームと呼ばれる使用限度を示すサインが設けられています。プラットフォームが露出してきたら、交換しなければいけません。

 スタッドレスタイヤだから大丈夫ということではなく、凍結路面ではまず慎重に安全運転することが第一です。また、事故のリスクを減らすためには、サインが出る前でも摩耗が進行していると感じたら、早めに交換するのが望ましいですね。

まとめ

 新型コロナが落ち着いている今年の冬は、クルマで出掛けることが多くなるかもしれません。安全で快適な冬の走行を楽しむために、本格的な冬が始まる前のこの時期に、是非とも今回取り上げた5項目のチェックと事前の準備をしましょう。

【画像ギャラリー】冬道走行の前に確認しておきたい5つのメンテナンス項目をチェック!(6枚)画像ギャラリー

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ