なぜはっきりと価格表示しないのか? 中古車価格ASK(応相談)表示の是非


 限定モデルなどの希少車をはじめ、最近では旧車およびネオクラシックカーでも「ASK」を掲げる商品車が増えてきたように思う。

 そもそも「ASK」の意味とは? 答えは1つじゃない!? 売る側の「ASK」に秘められた意味とは? 実際に自動車を販売している方にヒアリングしてみた。

文/松村透
写真/松村透、トヨタ、日産、マツダ、スバル、Adobe Stock(トビラ写真:bluedesign、Tiko、spyrakot)

【画像ギャラリー】直接お店に聞かないかぎり真意はわからない!?「ASK」に秘められた意味とは?(9枚)画像ギャラリー

■一般的にイメージする「ASK」とは?

答えは1つじゃない!? 「ASK」に秘められた意味とは
「ASK」の表示を掲げているクルマは憧れの存在であったり、人気車種であることが多い

 「ASK」を和訳すると「訪ねる」だ。もう少し販売寄りの表現に置き換えると「価格応談」ということだろう。

 気になった人はホームページの問い合わせフォームや、電話・メールなどで金額を問い合わせてくれたら教えますよ(たぶん)、というわけだ。

 この「教えてあげますよ(たぶん)」が、売る側・買う側双方にとってフィルターとなっている。売る側にとっては「冷やかしお断り」の無言のメッセージが込められており、買う側にとっては本気度が試されることを意味する。

 「ASK」のクルマをどう扱うかは売り手の都合次第だ。クルマを大切にしてくれそうな人、現金一括で払ってくれる人、他のお客さんも紹介してくれそうな人…。つまり、売り手の希望にマッチする客を選ぶ「完全なる売り手市場」である。

答えは1つじゃない!? 「ASK」に秘められた意味とは
貴重な個体であればあるほど、大切にしてくれる人に託したいという想いも秘められている

■バブル期の頃にはすでにあった「ASK」の表示

 これほど「ASK」が浸透したのは、30年ほど前のバブル期が起源ではないだろうか。

 フェラーリやランボルギーニのニューモデル、限定車など、当時の雑誌を読み返してみると軒並み「ASK」であることに驚かされる。

 それすらも超越したフェラーリF40が2億4千万円とか、デビューしたばかりのランボルギーニ ディアブロが1億円など・・・ASKを通り越して、一時期は金額を明示して開き直っている(?)物件も散見された。

 最近はほとんど聞かれることがなくなった「アーマーゲー(AMG)」同様、バブル期には「ASK」や「Asking」および「価格応談」が混在していた。まさにバブル期は「ASKの表現方法」にとっても過渡期だったのだろう。

答えは1つじゃない!? 「ASK」に秘められた意味とは
バブル期には「ASK」をはじめ、「Asking」および「価格応談」といった表記も混在していた

次ページは : ■自動車販売店が「ASK」と表示せざるを得ない理由とは?

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ