新車から26年経った愛車は家族の一員! R33型スカイラインGT-Rの真実とは? 【Bestcar Classic オーナーズボイスVOL.15】

新車から26年経った愛車は家族の一員! R33型スカイラインGT-Rの真実とは? 【Bestcar Classic オーナーズボイスVOL.15】

 一台のクルマには、縁あってオーナーになった人との歴史や思い出があり、物語になるほどのエピソードが生まれることもある。

 そんなクルマと人との関わりを、オーナーさんに直接取材して、リアルな生の声を紹介していきたいと思います。はたして、どんな生の声が聞けるのでしょうか?

 購入した動機から、愛車に対するこだわりのポイント、年間の維持費、故障箇所、愛車の主治医まで、これからそのクルマを購入しようと思っている人にも役に立つ情報満載でお届けします。

文・写真/松村 透

トビラ写真:オーナーの堀田大輔さん。今回は奥さまにも同席していただいた。愛車である1995年式スカイラインGT-R(BCNR33型)とは約26年の付き合い

【画像ギャラリー】R33型スカイラインGT-Rと共に歩んで26年!オーナーさんのこだわりを見てみよう!!(16枚)画像ギャラリー

■R33型スカイラインGT₋Rを新車から26年乗り続ける堀田さんの想いとは

ボディカラー名「ミッドナイトパープル」はこのクルマが原点。美しさと品格を兼ね備えた色であると改めて実感する
ボディカラー名「ミッドナイトパープル」はこのクルマが原点。美しさと品格を兼ね備えた色であると改めて実感する

 多くのユーザーにとって「クルマを買い替える」という行為は一大イベントだと思う。それがスペシャルなクルマであればなおさらだ。

 しかし、納車とともに次第に熱が冷めていき、そのうち新しいクルマが欲しくなる。そして乗り替える行為自体、自然な流れといえるだろう。

 手に入れることよりも乗り続けることの方がはるかにハードルが高いことは、経験者であれば容易に想像ができるはずだ。

 今回、取材させていただいたオーナーはデビュー当時に手に入れたR33型GT-Rを所有する方だ。奥さまにもご同席いただき、お二人からたっぷりとGT-R愛を伺うことができた。

■プロフィール&愛車紹介

・お名前:堀田 大輔さん
・ご年齢:51歳
・ご職業:会社員
・所有しているクルマ(年式、グレード名):1995年式日産スカイラインGT-R標準グレード(BCNR33型)
・購入時期:1995年3月(新車)
・所有年数;約26年
・購入時の走行距離:新車
・現在の走行距離:20万5000km(58431km時点にMine’s製の320km/hメーターに交換)
・購入時の金額:490万円(助手席エアバッグ·寒冷地仕様)

■スカイラインGT-Rを手に入れようと思ったきっかけを教えてください

Mine’s製のフルスケールメーターに交換されている堀田さんのGT-R。
Mine’s製のフルスケールメーターに交換されている堀田さんのGT-R。

 1993年に開催された第30回東京モーターショーの日産ブースに、次期スカイラインGT-R(後のR33型スカイラインGT-R)のプロトタイプモデルが参考出品されていたんですが、この時の印象はあまりよくありませんでした。その後、ニュルブルクリンクサーキットでのスクリーンショットで観たデザインや性能面でも惹かれるものがあり、購入を考えるようになりました。

 それまで乗っていたR32型GT-R(中期モデル)の車検が1995年3月で切れるタイミングで、しかも300万円近い金額で下取ってもらえたんですね。これで乗り替えを決断しました。R32スカイラインGT-Rも素晴らしいクルマでしたが、トラブルに悩まされたんですね。

 手に入れるならボディカラーはミッドナイトパープルを選ぶつもりでしたが・・・実際にはかなり悩みました。1995年当時はパープル系統のボディカラーが少なくて、メーカーに問い合わせて、この色の展示車があるディーラーまで観に行きましたから。現車を観て気に入ったのでこの色に決めましたね。

 当時、予算的に厳しかったので標準グレードを選びましたが、必要に応じて手を加えてきたので、結果的にVスペックはいらなかったかもしれません。

「58431km」まで刻まれたオリジナルのメーターも、宝物のように大切に保管されている
「58431km」まで刻まれたオリジナルのメーターも、宝物のように大切に保管されている

次ページは : ■愛車との濃いエピソードについて聞かせてください

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ