30万km目前‼︎ R34スカイラインGT-Rの真実とは? 【Bestcar Classic オーナーズボイスVOL.16】

30万km目前‼︎ R34スカイラインGT-Rの真実とは? 【Bestcar Classic オーナーズボイスVOL.16】

 1台のクルマと長く付き合う・・・。憧れのクルマを手に入れるよりも、実ははるかに難しいという事実を知る人は意外に少ない。

 恋が愛に変わり、そしていつか冷める。そもそも、長く乗ることは義務ではない。このように、手に入れた時の興奮が冷めていくのはごく自然なことだ。

 しかし、この愛が冷めないどころが、時が経つほどに深まるオーナーがごくまれに存在する。

 今回取材させていただいたオーナーの高崎さんこそ、まさにそんな人かもしれない。

 GT-R乗りのみならず、クルマ好きなら誰もが理想的かつ模範としたい愛車との付き合い方をじっくり伺ってみた。

文/松村 透
写真/松村 透

【画像ギャラリー】30万km目前!! 2002年式日産スカイラインGT-R標準車(BNR34型)の真実とは? 【Bestcar Classic オーナーズボイスVOL.16】(21枚)画像ギャラリー

■プロフィール&愛車紹介

30万km目前‼︎ R34スカイラインGT-Rの真実とは? 【Bestcar Classic オーナーズボイスVOL.16】
オーナーの高崎 正興さん。愛車である2002年式日産スカイラインGT-R標準車(BNR34型)とは19年半の付き合い

・お名前:高崎 正興さん
・年齢:61歳
・職業:会社員
・所有しているクルマ:2002年式日産スカイラインGT-R標準車(BNR34型)  
・購入時期:2002年3月
・所有年数;19年半
・購入時の走行距離:新車
・現在の走行距離:298,542km(取材時)
・購入時の金額:500万円

■スカイラインGT-Rを手に入れようと思ったきっかけを教えてください

30万km目前‼︎ R34スカイラインGT-Rの真実とは? 【Bestcar Classic オーナーズボイスVOL.16】
かつてはR30型スカイラインRSを所有していたという高崎さん。2002年にR34GT-Rが生産終了と知り、ステージア260RSが初回車検を迎えるタイミングで乗り替えを決意

 昔からスカイラインGT-Rが好きでした。RS(R30型)にも乗っていましたし。1999年1月にデビューしたR34GT-Rの購入を考えた時もハコスカGT-Rにしようか迷ったんです。

 いつの時代も、新車のスカイラインの最上級グレードと、中古のハコスカGT-Rの値段って大体同じだったんですよ。

 ハコスカもその時々で購入対象車種ではあったんです。天気の良い休日にドライブするにはとても魅力的ですが、日常的に乗るとなると厳しい。

 事実、日常の足を含め、ハコスカ1台ですべてをこなすのはさすがに厳しいですよね。エアコンがないと夏場は乗れませんから。

 結果として「機会はあったけれど、縁がなかった」ですね。

30万km目前‼︎ R34スカイラインGT-Rの真実とは? 【Bestcar Classic オーナーズボイスVOL.16】
友人から譲り受けたというRAYS製アルミホイールLE37Tは、偶然にもボディカラーとベストマッチ。リアタイヤ手前にある「GT-Rロゴ」も友人のお手製だという

 結局、この時は実用性を考えてステージア260RSを購入しました。それから3年後の2002年1月、初回車検前のタイミングでR34GT-R生産終了の報道を知り、乗り替えを決意。

 リアディフューザーがない等、日常使いの良さから標準車にしました。今思うと無理してでもNurにすれば良かったと思うこともありますね(苦笑)。

 ステージア260RSからR34GT-Rに乗り替えた時「軽いな」って思いました。でも、ステージア260RSは実用的だし、すごくいいクルマなんですよ。

 「R’s Meeting」という、全国からGT-Rオーナーが集うイベントがあるんですが、ステージア260RSは含まれていないんですよね。オーナーとしてはR33GT-Rと同じRB26DETTエンジンを積んでいるので「GT-Rワゴン」だと思っていたので残念でした。

次ページは : ■愛車との濃いエピソードについて聞かせてください

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ