もはや911よりも魅力的なのか!? ポルシェ初のEV、タイカン絶好調のワケとは?

もはや911よりも魅力的なのか!? ポルシェ初のEV、タイカン絶好調のワケとは?

 ポルシェ初のEVとして鳴り物入りでデビューしたタイカンの販売が絶好調だ。ポルシェの旗艦モデルとなる911を上回るほどの販売台数をグローバルで記録したのだというから驚かされる。そこで、そのタイカンの持つ魅力はいったいどこにあるのかについて、石川真禧輝氏が分析する。

文/石川真禧輝写真/ベストカー編集部、ポルシェ

【画像ギャラリー】いちはやく時代の流れを捉えたポルシェ初の高級ピュアEV『タイカン』を写真でチェック!!(20枚)画像ギャラリー

■今年1月~9月までの販売でタイカンは911を凌駕!?

 ドイツのポルシェAG本社が2021年の1月~9月期での世界新車販売台数を発表した。総販売台数は21万7190台で、これは前年同期比で13%増。2年ぶりに前年実績を上回った。

 モデル別に見てみると、もっとも売れたのはハイエンドラグジュアリーSUVの「カイエン」で、6万2451台、続いて「カイエン」の弟分にあたる「マカン」が6万1944台と、わずか500台の差で2位に入った。この1、2位はここ数年同じ。年によって「マカン」が1位ということもある(2019年)。

 それにしてもSUV2台で12万5000台近くを販売している。ポルシェ全生産台数の60%を「カイエン」と「マカン」が占めていることになるのだ。ポルシェの現在の商品ラインナップは「カイエン」「マカン」以外にミドシップスポーツクーペの「718ケイマン」、同じくミドシップスポーツオープンの「718ボクスター」、ラグジュアリースポーツセダンの「パナメーラ」。ポルシェの基幹である伝説のスポーツカー「911」。それに2019年から加わったピュアEVの「タイカン」がある。残り40%をこの5車が担っている。

■911の販売台数を上回るピュアEVの『タイカン』とは

 なかでも注目なのはピュアEVの「タイカン」だ。2021年の前半だけでも約2万台が納車され、年のはじめからの販売台数は2020年1年間の販売台数をわずかに下回る台数だった。それが、9カ月目には2万8640台にまで伸びているのだ。

ポルシェ初ののピュアEV『タイカン』。写真はエントリーグレードの「4S」、さらにハイパフォーマンスモデルの「ターボ」と「ターボS」をラインナップする

 そして、この台数はなんと「911」を上回ってしまったのだ。2021年1~9月期の「911」の販売台数は2万7922台なので「タイカン」に約700台ほど差をつけられてしまったのだ。ポルシェ一家の誇りである「911」を、生まれてから3年目の新参者が、抜くとはどうしたことなのだろう。「タイカン」とはどのようなクルマなのか、検証してみた。

 「タイカン」は2018年にその名称が公開されたポルシェ初のフル電動スポーツサルーン。日本では2019年9月に発表された。

 その性能はトップエンドモデルの「ターボS」で761ps。「ターボ」は680psを発生する。EVの性能を表記する時にポイントになるバッテリーの総電力容量は93kwh。ちなみに日産リーフはデビュー当初は40kwh、チューニングモデルが発売されたが60kwh、216psだ。いかに「タイカン」が凄いかがすぐにわかる。

次ページは : ■タイカンのスペックとバリエーション