ああ…絶好調だったヴェルファイアの凋落!! なぜアルファードばかりが売れる?


 かつては大型ミニバンの代名詞といえばヴェルファイアというほど人気だったにも関わらず、近年は売り上げが下がり、アルファードの一人勝ちとなっている。

 なぜ、ヴェルファイア人気は下降してしまったのか? 最新大型ミニバンの最新事情に迫る!

文/渡辺陽一郎、写真/ベストカー編集部

【画像ギャラリー】賢兄愚弟!? トヨタの高級ミニバン兄弟アルファード&ヴェルファイアを見る(12枚)画像ギャラリー

■なぜこんなに差がついた? アルファード&ヴェルファイア

トヨタ高級ミニバン兄弟の弟分ヴェルファイア。いまやその売り上げはアルファードの7%と見る影もない

 アルファードとヴェルファイアは基本的に同じクルマだが、登録台数では大差が付いている。2021年1~10月の1か月平均登録台数は、アルファードが約8400台、ヴェルファイアは約600台だ。ヴェルファイアはアルファードの7%しか売られていない。

 初代アルファードは、Lサイズの上級ミニバンとして2002年に発売された。この時はアルファードGがトヨペット店、アルファードVはビスタ店(ネッツ店の前身)の取り扱い車種だった。両車の違いはほとんどなく、純粋な姉妹車であった。

 このアルファードが好調に売られたので、2008年に実施されたフルモデルチェンジでは、新たに姉妹車のヴェルファイアを加えた。トヨペット店が販売するのは2代目アルファードだが、ネッツ店の取り扱い車種は、アルファードからヴェルファイアに変更された。

 ヴェルファイアとアルファードのグレード構成と価格は基本的に同じだったが、フロントマスクなどの形状は異なる。

 アルファードは従来と同じフォーマルな雰囲気だが、ヴェルファイアは精悍なデザインに変わり存在感を強めた。ヴェルファイアを販売するネッツ店は、比較的若いユーザーを想定しており、デザインもそのコンセプトに合わせていた。

 売れ行きはヴェルファイアが上まわった。前述の通りヴェルファイアのフロントマスクには存在感があり、アルファードに比べて新鮮味も強いからだ。

 また2008年頃の販売店舗数は、アルファードを扱うトヨペット店が約1000店舗、ヴェルファイアのネッツ店は約1600店舗だったから、販売網でもヴェルファイアが有利だった。

 2010年の1か月平均登録台数は、アルファードは約3000台、ヴェルファイアは約5000台だ。比率に置き換えるとヴェルファイアはアルファードの1.7倍だから、販売台数店舗数の比率(ネッツ店はトヨペット店の1.6倍)とほぼ合致していた。

■決め手は「顔」!? ヴェルファイア凋落のはじまり

トヨタ アルファード。押し出しの強い顔に「整形」した現行型へのモデルチェンジが成功し売れ行きを伸ばした

 2015年になると、アルファードとヴェルファイアは現行型にフルモデルチェンジを行った。アルファードは3代目、ヴェルファイアは2代目になる。

 この時にはエンジン、ハイブリッドシステム、プラットフォーム、安全装備まで大幅に刷新された。加えてアルファードのフロントマスクは、初代と2代目のフォーマルな雰囲気から、仮面を思わせる目立つデザインに変更されている。

 この効果により、2017年の1か月平均登録台数は、アルファードが約3500台、ヴェルファイアは3900台であった。依然としてヴェルファイアが多かったが、その差は大幅に縮まっている。

 2017年頃の店舗数は、ネッツ店が前述の約1600店舗から約1500店舗に減ったが、それでも販売網はトヨペット店に比べて1.5倍の規模になる。そこも踏まえると、アルファードは店舗数の割に売れ行きを伸ばし、フルモデルチェンジの成功を物語っていた。

 アルファードとヴェルファイアの販売順位が逆転したのは、2018年に実施されたマイナーチェンジが切っ掛けだ。この時にはアルファードが仮面のようなフロントマスクにメッキを散りばめ、高級感と存在感をさらに際立たせた。

 2018年の1か月平均登録台数は、アルファードが約4900台、ヴェルファイアは約3600台で、アルファードがヴェルファイアを追い抜いた。以上ように、アルファードの登録台数がヴェルファイアに近付き、さらに逆転させたのは、すべてフロントマスクのデザイン変更によるものだった。

 この後の2019年は、アルファードの1か月平均が約5700台、ヴェルファイアは約3100台になる。アルファード+ヴェルファイアの総台数は、1か月平均が約8800台だから2018年の約8500台とさほど変わらないが、両車の販売格差は拡大した。

 2019年のアルファードは、前年に比べて16%上乗せで、ヴェルファイアは14%減った。

 そして2020年には、アルファードの1か月平均登録台数は約7600台で、2019年に比べると33%の上乗せになった。逆にヴェルファイアは1500台だから、前年の50%以下だ。アルファードとヴェルファイアの販売格差は約5倍に達した。

次ページは : ■販売系列の統合でさらに変化が

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ