絶好調SUVに新型HV登場で揺れる販売現場 トヨタとダイハツ贅沢な悩み

トヨタ ライズ/ダイハツ ロッキーにシリーズHV『e-SMART』登場! トヨタTHSとの売り分けはどうなるのか?

 2021年11月にトヨタライズ、ダイハツロッキーにハイブリッドモデルが追加された。シリーズハイブリッドという日産ノートと同様なシステムが採用されたことに加え、その魅力的な価格に注目が集まっている。

 そしてシリーズハイブリッドは、将来的に電気自動車への架け橋となるとみられるシステムだ。今後ラインナップを拡大し、採用車種も増えるはずだ。

 一方トヨタ系の販売店では、売れ筋のハイブリッドにトヨタ開発のTHSとダイハツ開発のe-SMARTの2種類が並ぶことになる。販売店はこの2種類のハイブリッドをどのように売り分けるのだろうか?

文/小林敦志、写真/ベストカー編集部、Daihatsu、Nissan、Toyota

【画像ギャラリー】HEVとBEVの今後とシリーズHV『e-SMART』を搭載して登場した新型ライズ/ロッキー(13枚)画像ギャラリー

■ライズ/ロッキーにシリーズハイブリッドシステム“e-SMART”登場

2021年11月の一部改良で1.2Lエンジンを発電機として搭載するシリーズハイブリッドシステム、“e-SMART”搭載車が追加設定されたトヨタライズ/ダイハツロッキー

 2021年11月1日に、トヨタライズ及びダイハツロッキーが一部改良を行った。一部改良といえば内外装のデザインを小改良し、装備内容を変更する程度が一般的。だが今回は、FFについては搭載エンジンを1L直3ターボからダイハツ新開発となる1.2L直3NAエンジンへ換装している。

 これだけでも「一部改良にしては規模が大きい」との声が販売現場からは聞かれたが、さらに1.2Lエンジンを発電機として搭載するシリーズハイブリッドシステム、“e-SMART”搭載車が追加設定された。

 ライズとロッキーは2019年11月5日にデビューしている。とくにライズはデビュー直後から大ヒットとなり、2020暦年(1月~12月)締め年間新車販売台数では12万6038台を販売し、登録車のみの通称名(車名)別販売ランキングでは、ヤリスに次いで2位となっている。

 月販目標台数4100台に対し月販平均台数は約1万500台なので、目標に対し約2.5倍をコンスタントに販売したことになる。ロッキーについても、2020暦年締め年間新車販売台売では3万1153台となり、月販目標台数2000台に対し、約1.3倍をコンスタントに販売し、ダイハツ登録車全体の販売台数を一気に押し上げた。

 おさらいもかねて、ライズとロッキーの大ヒットを分析すると、5ナンバーサイズのクロスオーバーSUVといえば、スズキ クロスビーぐらいしかいなく、“無風地帯”だったことが大きく影響しているだろう。

 手ごろなサイズに手ごろな価格が魅力的で、最上級グレードにオプションテンコ盛りでも、300万円で買えるのでよく売れたとのこと。

 ハッチバックスタイルのモデルばかりだったコンパクトカークラスには、新鮮に映ったのかもしれない。とにかくデビュー直後からよく売れたのだが、ひとつだけ購入決定にブレーキをかけたのが、ハイブリッドユニット搭載車がなかったことであった。

 購入検討する人にとってみれば、トヨタブランド車といえばHEV(ハイブリッド車)がラインナップされていて“当たり前”との認識が高く、「HEVがないんだね、それじゃ」と購入をためらう人も少なくなかったと聞く。

 お客さんにはダイハツからのOEM(相手先ブランド供給)車という意識が薄く、「ダイハツからのOEMなので」とすると、ある意味“ヤブヘビ(「えっダイハツ製なんだ」とお客さんが思ってしまう)”な部分もあるので、積極的にセールスマンも説明しにくいとの話も聞いたことがある。

 そんな中、2020年8月にコンパクトクロスオーバーSUVとなる、“ヤリスクロス”がデビューする。こちらはトヨタが開発及び製造しているモデルなので、THS(トヨタ ハイブリッド システム)搭載車がラインナップされており、ライズではHEVがないので購入をためらっていた人の多くも購入したようだ。

■エンジンの変更でライズが売りにくくなる?

トヨタ ヤリスクロス。今まではライズと棲み分けができていたが、ライズにe-SMARTがラインナップされて事情が複雑になってきた

 ヤリスクロス登場後は良い意味で“ガソリン車はライズ、HEVはヤリスクロス”と棲み分けができたようである。というのも、ヤリスクロスのガソリン車が1.5Lなのに対し、ライズは1Lターボエンジンを搭載していたので、自動車税がライズのほうが安かったことがあったのだ。

 しかし、今回の一部改良でFFが1.2L自然吸気となった(4WDは1Lターボのまま)。これが販売現場のセールスマンには悩ましいとのこと。

 「ライズのFFに搭載されていたのは1Lターボとなり、単に自動車税の問題だけでなく、ターボ独特の加速など走行フィールが好きで購入するお客様も目立ちました。

 新開発エンジン搭載車はまだ試乗しておりませんが、スペックを見る限りは当然かなり1Lターボとはフィーリングが異なるようです。自動車税もアップしますので、現状では『売りにくくなったなあ』という印象が強いですね」と話してくれた。

 それでは話題のe-SMARTについて聞いてみると、「ご購入されたお客様への納車を優先しており、展示や試乗車が届くのは2022年1月以降になる予定です。私ども実際触ったり、運転したりしておりませんし、展示・試乗車もないので、購入を検討されているお客様のご反応はまだ積極的にお聞きできておりません。

 商談次第ではヤリス クロスのHEVと迷われるケースも出てくるでしょうが、そこはシステムの違いをご説明し、お客様に選んでいただくことになるでしょうね。どちらかをご説明せずに、一方を推してしまえば納車後に『なんで紹介してくれなかったんだ』とクレームにもなりかねないですからね」と説明してくれた。

 また、「売る側だけでなく、買う側も『ルーミーに載ったらねえ(e-SMARTが)』と考える人も多いようです」とも語ってくれた。ルーミーもダイハツからのOEMなので、現状ではHEVの設定はない。

 しかし、ライズとロッキーはDNGAというダイハツの新世代プラットフォームを採用しているが、ルーミー(トール)は旧世代プラットフォームとなっているので、e-SMART搭載はフルモデルチェンジを待ってからとなりそうである。

 ルーミー(トール)は2016年にデビューしているので、フルモデルチェンジはそう遠くないうちに行われることになるだろう。

 ライバルのスズキソリオがマイルドハイブリッドを搭載しているので、e-SMARTはルーミー(トール)には間違いなく搭載されることになるだろうし、1.2L NAと合わせてルーミーにこそ必要だと前出のセールスマンは語ってくれた。

次ページは : ■シリーズハイブリッドの先輩 日産“e-POWER”

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ