トヨタ一強はまだ続くのか? コロナ禍でもビクともしないトヨタの強みと死角


 トヨタの業績が好調だ。2022年3月期第2四半期実績(2021年4~9月)は、増収増益になり、コロナ禍前を超えて過去最高益に達した。トヨタの世界販売台数(レクサスを含む)は約485万2000台とされ、前年同期に比べて21%の上乗せとなっている。

 一方、国内市場のトヨタはどうだろうか。直近まで含んだ2021年1~10月の新車販売台数(レクサスを含む)は、120万2194台とされ、前年同期に比べて0.3%ではあるが増加した。国内市場全体では1.3%減少したから、トヨタのプラスは注目される。

 まさにトヨタの一強である。なぜこれほどまでに強いのか? トヨタの強みとともに、死角はないのか、モータージャーナリストの渡辺陽一郎氏が徹底解説する。

文/渡辺陽一郎
写真/トヨタ、ベストカーweb

【画像ギャラリー】コロナ禍前を超えて過去最高益!! トヨタ一強は続くのか!? トヨタの強みと死角(10枚)画像ギャラリー

■トータルの対前年比は微増のトヨタ

2022年3月期 第2四半期決算説明会に臨む取締役・執行役員の近 健太氏(手前)と執行役員の長田 准氏(奥)

 2021年1~10月におけるトヨタの国内販売台数を細かく見ると、トヨタブランドの小型/普通車は、対前年比が0.1%の減少となった。その代わりレクサスは15.4%増えており、ダイハツ製OEM軽自動車も、台数は少ないが18.5%上乗せされた。これらの増減により、トータルの対前年比は微増になった。

 そして2021年1~10月の国内新車販売台数全体におけるトヨタ(レクサスを含む)のシェアは33%だが、小型/普通車の登録台数に限ると52%に達する。

 その原因のひとつが他メーカーの動向だ。トヨタ以外の乗用車メーカーは、今は軽自動車に力を入れ、ホンダは2021年1~10月に国内で新車として売られたクルマの53%が軽自動車であった。日産も40%に達する。そのために今では、国内で新車として売られるクルマの40%近くが軽自動車になった。

 つまりダイハツとスズキに加えて、ホンダや日産まで軽自動車の販売比率を増やしたから、小型/普通車市場に限るとトヨタのシェアが50%を超えている。

 そのためにトヨタは、最近になって車種数を減らす方針を打ち出しながら、依然として小型/普通車のバリエーションは多い。

 5ナンバーサイズのコンパクトカーでは、ヤリスとアクア、ダイハツ製OEM車のルーミーとパッソも選べる。コンパクトSUVには、ヤリスクロス、カローラクロス、C-HR、ダイハツ製OEM車のライズがある。コンパクトミニバンのシエンタも用意する。

 このようにトヨタは国内市場に適したコンパクトな車種だけでも豊富にラインナップしており、その一方ではLサイズミニバンのアルファード、上級SUVのハリアーも好調に売られている。

 クラウンなどを含めて、上級車種を求めるユーザーのニーズに応えていることも国内におけるトヨタの強さで、1台当たりの営業利益も他社に比べて高い。

 クルマ好きにとっては、GRシリーズも注目されるだろう。スバルとの提携から生まれたGR86は、売れ筋の価格帯が330万~350万円に達するが、後席を備えた4シーターの2ドアスポーツカーとしては格段に安い。

 技術的には、トヨタにはハイブリッドが豊富だ。大半の車種にハイブリッドが用意され、充電の可能なRAV4・PHV、プリウスPHVも選べる。さらに燃料電池車のMIRAIもあり、2022年になると、先ごろ公開された電気自動車のbZ4Xも市販される。

 このようなトヨタの特徴を踏まえて、業績が好調な理由と、ユーザー目線による欠点を取り上げたい。

■トヨタを支える幅広い車種構成

HVの元祖であるプリウスをはじめ、様々な車種にハイブリッドを用意するのもトヨタの強みだ

 まずはトヨタの強みだが、商品として筆頭に挙げられるのは、先に述べた小型/普通車の幅広い車種構成だ。特に電動化技術が注目される。トヨタは1997年に発売された初代プリウスから、エンジンとモーター駆動を併用するハイブリッドを手掛けてきた。

 そのために電動車の開発に必要な知見やネットワークも豊富だ。今はOEM車を除くと、ヤリスからセンチュリーまで、大半のトヨタ車にハイブリッドが用意される。トヨタが国内で販売する乗用車の40~50%がハイブリッドだ。

 そしてハイブリッドのTHS IIは、初代プリウスにおいて基本的なメカニズムを確立させ、その後の20年以上にわたり熟成を重ねてきた。

 この成果として、ヤリスのハイブリッドは、2WDのWLTCモード燃費が35.4~36.0km/Lに達する。ノートe-POWERの28.4~29.5km/L、フィットe:HEVの27.2~29.4km/Lを大幅に上まわり、日本で購入可能な乗用車としては、燃費性能が最も優れている。

 トヨタの電気自動車については、現時点では品ぞろえが乏しいが、低燃費のハイブリッドの販売は好調だから、二酸化炭素の排出抑制に向けた貢献度は高い。

 トヨタの技術について、衝突被害軽減ブレーキや運転支援機能も注目される。車種によってシステムが異なるので注意が必要だが、コンパクトカーのヤリスに採用されるトヨタセーフティセンスは、車両と歩行者に加えて自転車も検知する。

 さらに自車が右左折する時に、直進してくる対向車両や横断歩道上の歩行者と衝突する危険が生じた場合でも、衝突被害軽減ブレーキを作動させる。安全装備の先進性もトヨタ車の大切な魅力だ。

 以上のようにトヨタ車では、ユーザーの関心が高い燃費性能や安全装備を進化させている。さらにコンパクトカー、SUV、ミニバンなど、人気の高いカテゴリーの車種構成も充実させて、トヨタ車は日本で販売される小型/普通車の50%を超えるに至った。

 そのほか定額制でクルマを使えるサブスクリプションサービスのKINTOも実施しており、すべての年齢を補償する任意保険を標準付帯している。任意保険料が高騰する若年層や高齢者にとっては、KINTOを利用するメリットがさらに増えている。

 残価設定ローンも、人気車であれば中古車として高値で販売できるから、返済期間満了時の残価(車両の残存価値)を高めることが可能だ。そうなると人気車は月々の返済額が抑えられ、ますます売れ行きを伸ばす。トヨタ車にはこのような好循環が生まれて、好調な販売が続いている。

次ページは : ■安価なコンパクトカーの質感低下が課題

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ