電動化時代が来る前の「ターボ最終章」新型エクストレイルのVCターボ 日本発売はあるか

電動化時代が来る前の「ターボ最終章」新型エクストレイルに搭載のVCターボの日本発売はあるか

 2021年11月17日、北米日産は、北米版のエクストレイルである「ローグ」の2022年モデルに、可変圧縮ターボの1.5L、VCターボエンジン搭載モデルを追加すると発表した。

 北米市場のローグは、2020年10月にフルモデルチェンジでは、2.5Lガソリンモデルのみであったが、今回、1年ぶりの新グレード追加ということになる。

 今回ローグに追加されることが明らかとなった「VCターボ」は、中国市場向けの新型エクストレイルにも採用されているエンジンだ。

 現時点(2021年12月初旬時点)、日本市場向けの新型エクストレイルに関しては、ノーアナウンスの状態。

 国内向けの新型エクストレイルのパワートレインについては、e-POWER一本、もしくは、アウトランダーPHEVと兄弟車となったことで、プラグインハイブリッドもあるか、という予想をしていたが、今回ローグにVCターボガソリンエンジンが追加となったことで、こちらも気になるところとなった。

 はたして、電動化時代が来る前に、この魅力的なVCターボを搭載したモデルの日本導入はあるのか? 日本仕向けの新型エクストレイルのパワートレインはどうなるのか、考察していこう。

文/吉川賢一
写真/日産

【画像ギャラリー】VCターボエンジンの仕組みと北米新型ローグの内外装を写真でチェック!!(19枚)画像ギャラリー

VCターボガソリンモデルの日本発売の可能性はないのか?

北米では2020年10月から新型ローグ(エクストレイルの北米名)の2.5Lガソリンモデルが発売開始。2022年モデルに可変圧縮ターボの1.5L、VCターボエンジン搭載モデルを追加する

 2020年5月に発表した「事業構造改革計画/NISSAN NEXT」における宣言通り、日産は、キックス(2020年6月)、ノート(2020年12月)において、e-POWER一本としてきた。オーラなどのノートの派生車たちももちろん、e-POWERのみだ。

 売れ筋となるはずの安価なガソリン仕様を用意しない、という暴挙ともいえる判断で心配をしていたが、台数的には減ったものの、滑り出しはまずまずの様子。なかでもノートオーラが販売好調で、デザインや性能などの評判が高く、バックオーダーも相当数かかえているという。

 新型エクストレイルでも、国内においてはガソリンモデルを用意せず、ベースグレードをe-POWERとしてくるはずだ。「日産=電動車ブランド」というイメージを植え付けるため、そして、世界市場へ「日産の先進性」をアピールするためにも、「最低でもe-POWER」となるのは間違いないだろう。

 重量が軽く、軽快な回転フィールで、かつ高出力と低燃費も狙った、新世代のVCターボエンジンを積んだピュアガソリン車は、筆者としてもぜひエクストレイルで味わいたいところであるが、残念ながら、国内日産のラインアップに並ぶことはない、と筆者は考えている。

上海モーターショーで発表された新型エクストレイルは、1.5LのVCターボモデル。中国市場には2025年までに新型シルフィを含む6車種のe-POWER車を用意する、としており、おそらく中国仕向けのエクストレイルにも、e-POWERモデルが登場するはずだ

VCターボは、e-POWER発電用エンジンとして搭載

VCターボエンジンは、ピストン上/下死点位置を連続的に可変するマルチリンク機構を採用し、燃費とパワーを決める圧縮比を切替えることで低燃費とハイパワーを両立した量産型世界初のエンジン

 北米でも中国でも、「エクストレイルe-POWER」はまだ登場はしていない。ただ、欧州市場では「新型エクストレイルではe-POWER搭載車が入手できるようになる」と、e-POWERの設定が明言されている。

 欧州といえば、日産の欧州専売SUVである「キャッシュカイ」に、2021年、新型が登場。新開発の12Vマイルドハイブリッドシステムを組み合わせた1.3Lの直噴ターボエンジンのほか、1.5LのVCターボを、発電用エンジンとした「e-POWERターボ」が搭載されている。

 ダメ元で、日産に、日本市場向けの新型エクストレイルに関して電話取材をしてみたが、「日本仕向けとしてVCターボエンジンを搭載するのか、e-POWERを搭載するのか、といった将来の商品ラインナップに関しては、現時点、明言できません」という回答。残念ながら、ヒントすらもらえなかった。

 「e-POWERターボ」は、(新型キャッシュカイの数値ではあるが)最高出力187ps、最大トルクは330Nmにもなるという。このスペックは、エクストレイルの「オフロードもこなすオールラウンダー」というキャラクターをよりひきたてるものであり、かなり期待できる。

次ページは : ■「e-POWERターボ仕様が300万円未満で登場」と予測

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ