どうやって実現? ホンダ「2050年交通事故死者ゼロ」目標の本気度と現実


 クルマの安全運転支援技術は日々進化している。衝突軽減ブレーキやアクセル踏み間違い防止機能、周囲を見渡せるカメラや車線維持機能、そして運転中でもハンドルから手を離せたり目線を外せる機能も登場している。こうした技術は地道な開発の積み重ねで進化しており、大きな「交通事故をなくす」という目標に向かって、少しずつ進んでいる。

 ではその「最前線」はどのような状況なのか。本稿ではホンダの安全技術の最先端を取材した。

文/西村直人、写真/池之平昌信、HONDA

後編:「転ばないバイク」も電動化!? ホンダが二輪で考える先進安全の今 世界中で事故をなくすための方策とは?

【画像ギャラリー】2050年交通事故死者ゼロへ!! ホンダの将来安全技術をチェック(14枚)画像ギャラリー

■ホンダが目指す安全技術の進化の行方

 交通事故は誰もが避けたい。被害者はもちろん、加害者にだってなりたくない。これは自動車メーカー共通の願いでもある。

 2021年11月25日、ホンダは事故を遠ざける「手段」こそ、将来にわたる安全技術のあるべき姿であるとし、全世界に向けて公開した。ここでは、すぐにでも実用化できる技術から、2020年代後半やそれ以降に実用化を目指す研究過程の技術まで多様な手段が提示された。

 もっとも大きな要点は目標を“交通事故死者ゼロ”に設定したことだ。具体的な手段の方向は2つ。

 “実用化されている運転支援技術”と、“操作ミスや事故リスクの予兆をAIにより捉える技術”を融合させた(1)「知能化運転支援技術」。通信技術で歩行者を含めた混合交通の参加者をつなげ、互いに事故を遠ざける(2)「安全・安心ネットワーク技術」だ。本稿では(1)を中心にレポートする。

 目標へは2段構成で迫る。まず(1) 「知能化運転支援技術」を活用することで、2030年までにホンダの二輪車/四輪車が関係する交通事故死者を半減(2020年比)。次に(1) 「知能化運転支援技術」に加えて(2) 「安全・安心ネットワーク技術」を活用することで2050年までに交通事故死者ゼロを目指す。

 掲げられた目標だけでも達成難易度は高いが、さらにホンダは2050年の交通事故死者ゼロの前提として、2050年に世界で保有されている現存車、つまり過去に販売されたホンダ車を含めて死者ゼロを目指した。これはとてつもなく高いハードルだ。

 今回、ホンダが掲げた手段は多岐に渡るため、本稿では以下の5つに絞って紹介する。

fMRIで人間の脳を調査し運転リスクの検出

交通事故死者ゼロに向けたシナリオ

 (1)「知能化運転支援技術」の開発には人の研究がなによりも大切。このことからホンダは「脳」に着目した。脳は認知、判断、操作のすべて渡る司令塔だ。「ヒューマンエラー」、すなわち人の間違いによって発生する操作ミスや判断の誤りは、原因をたどるとすべて脳に行き着く。

 そこで脳の活動のうち、ヒューマンエラーにつながる運転中の活動を磁気共鳴機能画像法(fMRI)で可視化して、運転中のさまざまなリスクに対応する部位とその特徴の解析した。fMRIとは人間ドックなどで体験するMRIの機能に加えて、脳の神経活動により発生する血流状態を検出して画像にする機能を加えた機器のこと。

 ちなみに人の脳は、目や口など顔をイメージさせるものに高い関心を示すことで知られる。ホンダはこれを二輪のマスクデザインにも応用し、「FACEデザイン」(詳細は本稿第二弾の二輪版レポートにて紹介)と名付けた。また、実際にfMRI用いてFACEデザインの優位性を立証しつつ、すでに多くのホンダ車に採用済み。

 (1) 「知能化運転支援技術」の開発では、fMRI被験者に対して、なるべく現実に近い運転環境に近づけて仮想空間を走行させ、その際に発生する各種イベント(例/急な割り込みなど)での運転操作や身体的な反応、さらにはそのイベント前後の脳活動をfMRIによって細かく画像として記録した。

 すると、ヒューマンエラーしにくい(=運転操作での事故リスクがもっとも低い)ドライバーは、特定部位が素早く反応していることが分かり、それにより正しい視線移動と運転操作が確実に促されていることがわかってきた。  

 この先は、運転中の視線や操作に車載の先進安全技術などの情報を統合することで、ヒューマンエラーの真の原因を特定して、危険から遠ざける運転環境を提供することを目指す。

次ページは : AI技術を活用することで未然に防ぐヒューマンエラーによる事故