納期はランクル300の4年待ち以上!? レクサスLXの見積りをとってきた!


 新型ランクル300の日本発売から約2ヵ月後の10月14日にワールドプレミアとなった新型レクサスLX600。すでに11月25日から先行予約が開始され、日本での正式発表は2022年1月12日の予定となっている。

 気になるのは、新型ランクル300の納期は、トヨタからの公式発表では「納期は2年以上」とアナウンスされ、ディーラーでの情報は4年とも5年ともいわれているが、新型レクサスLXの納期も、同じように2年以上になってしまうのかということ。

 そこで、今回、筆者自身がレクサスLX購入を考えていることもあって、実際に見積もりを取って、どんな状況になっているのか徹底レポート!

文/柳川洋
写真/トヨタ

【画像ギャラリー】オフロードの王者と呼ぶに相応しい新型LX600の雄姿をチェック!!(40枚)画像ギャラリー

■11月25日から先行予約が始まった新型LX

新型レクサスLX。価格は標準グレードが1250万円、OFFROADが1290万円、EXECUTIVEが1800万円

 1995年にレクサス初のSUVとして登場以来、信頼性、耐久性、悪路踏破性を頑なに守りつつ、レクサスらしい上質さを持ち合わせるというユニークな立ち位置にいるレクサスLXが14年ぶりにフルモデルチェンジした。新型NXに次ぐ、第二世代のレクサス第二弾となる。

 新型レクサスLX600は、2021年10月14日にワールドプレミアが行われ、11月25日から全国のレクサスディーラーにて先行予約の受け付けが始まっている。正式発表は2022年1月12日といわれている。

 新型ランドクルーザー300同様にラダーフレーム構造は維持するものの、プラットフォームは刷新され、低重心化と約200kgの軽量化を果たし、パワーユニットも5.7L、V8自然吸気エンジンから3.5L、V6ツインターボエンジンに変更、トランスミッションも10速ATとなり電動パワーステアリングも装着された。こう聞いただけでも相当乗り心地が向上しているであろうことが想像できる。

 新型レクサスLX600は、兄弟車である新型ランドクルーザー300とは大きく差別化が図られており、7割の部品がLX専用となっていて共通部品は3割とのこと。ざっくり500万円ほど高いプライスタグを正当化するだけの理由には事欠かなそうだ。

 「さまざまなお客様のさまざまなニーズに寄り添う」というレクサスの新しい哲学に基づいた新型LXには、今回から3つのグレードが用意される。以前から購入したいと思っていたので、それぞれのグレードの見積書をもらってきた。

■最上級グレードEXECUTIVEはレクサス現行ラインナップで最高価格更新

ソニックチタニウムのボディカラー。写真からも塊感のあるデザインで質感の高さが伝わってくる

 まずは最上級グレードの「EXECUTIVE」の見積もりをご覧いただこう。車両本体価格は堂々の1800万円。現行レクサス車のなかで最高値だ。

 これにレクサスボディコート(13万2000円)、ドライブレコーダー(9万5700円)、フロアマットタイプA(9万7900円)の付属品計32万5600円、税金・保険料諸費用込みの価格は1899万7510円となった。

レクサスLX600“EXECUTIVE”の見積書

 日本では「EXECUTIVE」とされるVIPグレードは、LX初の独立4シーターとなる。助手席の後ろにオットマンを備え、最大48度までリクライニングするリアシートと、後席センターコンソールによる快適装備のコントロール、専用チューニングのサラウンドシステムまで用意される、オフロードでもショーファードリブンが楽しめるクルマだ。「どんな道でも楽に・上質に」という新型LXのコンセプトをまさに実現した象徴的なグレードとなっている。

 ディーラーマンいわく、「このシートはNASAと共同開発されたもの」とのこと。また室内では天井から包み込まれる空調が装備され、ミストが噴射されて冷涼感が得られたりもするとのことだった。

これだけ大きなクルマに独立4シートだととても広々と感じられることは間違いない

 お値段はLS500hの最上級グレード、EXECUTIVE Advanced Drive AWDの1792万円をわずかに上回り、レンジローバーのエントリーグレード(1637万円)より高い。

 いただいた見積もりのローンの想定では、1800万円を実質年率4.1%の60回ローン、最終回の支払いを900万円に設定にして計算すると、初回支払額が20万3652円で毎月の支払いが19万9000円、総支払額は2079万7852円となる。5年落ち時点で、900万円でクルマが売れるという想定はレクサスLXならではかも。

 5年後に半額の残価を設定しても毎月のローン支払いだけで20万円、5.7L、V8エンジンから3.5L、V6ツインターボにダウンサイジングしても燃費もそれなりでガソリン代もバカにならず、車両保険も高額になることが予想されるので、相当のメンテナンスコストがかかるといえるだろう。

エグゼクティブ専用リアシート。シートはNASAと共同開発したものだそうだ

次ページは : ■前後デフロックと専用デザインを備えるグレード、OFFROAD