選んだ色で運命が決まる!? 愛車の価値を高めるお得なボディカラーとは?

好みで選ぶか下取り額で選ぶか? 車の色にまつわるイロイロな事情

 ボディカラーの人気トップ3は何といっても白・黒・シルバーといわれてきた。しかしメーカーは多様なニーズに応えるためにそのほかの色もラインナップに加えている。またカタログやWebなどに用いられるイメージカラーは、派手な明るい色が多い。

 では、ディーラーではどのようにこれらのボディカラーを扱っているのだろうか。またリセールバリューの高い色、逆に不人気でセール価格で販売されている車などを、ディーラーマンはどのように考えているのかに迫る。

文/小林敦志
写真/ベストカー編集部、Adobe Stock(トップ画像=kimkimchin@Adobe Stock)

【画像ギャラリー】カタログではカラフル!! 街中では単調!? 人気が偏りがちな車のボディカラーを考える(10枚)画像ギャラリー

■日本で人気なのはシルバーか白

トヨタ クラウン(3代目)。自家用車の人気カラーであった白を前面に押し出した『白いクラウンキャンペーン』を展開した

 装着したいオプションを絞り込み、値引き交渉も順調に進み、いよいよ契約となると迷うのがボディカラー。

 商談の最初の段階で、「お色などはお決まりですか?」とセールスマンが聞いてくることがあるが、ここで例えば「どれがいいかなあ」と悩んでいると、「シルバーメタリックなんかは無難ですね」などといきなりボディカラー決定に話をふってくることがある。

 これはセールスマンが相手はどれぐらい買う気があるのか“探り”を入れてくる常套手段であり(どれにするか真剣に悩んでいるほど、新車を買う気満々ということ)、その後ボディカラーを絞り込ませることで買う気にさせるセールストークのひとつである。

 1960年代後半、日本は“モータリゼーション”と呼ばれ、クルマがそれまでのタクシーやハイヤー、商用車などがメインのニーズから、自家用車としての普及がめざましくなっていった時期。

 調度その時期となる1967年に3代目トヨペットクラウンがデビューしている。3代目クラウンはオーナードライバーへの販売促進を強化すべく、“白いクラウン”キャンペーンを展開した。

 これは、ハイヤーや社用車でありがちな黒のボディカラーではなく、当時自家用車として人気の高かったソリッドホワイトをメインに押し出し、個人ユーザーの開拓をはかったのである。

 古くから自家用車のボディカラーとして人気が高かったのがホワイトとなる。シルバーメタリックなどもあったのだが、まだまだ塗装面が弱く、その点ホワイトは塗装が強いとされていて人気を呼んだようだ。

 それから半世紀あまりが経った令和の時代の販売現場では、「シルバーは無難な色で人気も高いですよ」といったことが商談でやりとりされることが目立つ。

 ホワイトも依然として人気が高いのだが、雨が降れば黒い雨だれが発生し、その様子は“シマウマ”などともいわれ、その意味ではこまめな洗車が必要ともいえる。ただ塗装が強いということが広く伝わっており、相変わらず選ぶひとも多いようだ。

 その点シルバーメタリックは、“シマウマ”化も目立たず、ボディ表面に砂ぼこりがのっていた状態での降雨や、晴れの日が続き大気中に砂ぼこりが多数舞っているなかでのにわか雨レベルの降雨などでのボディ汚れも、あまり気にならないレベルとなるので、“手間なし”という点でも人気があるようだ。

 シルバーメタリックより暗いグレーメタリック系も人気が高いが、こちらは汚れが目立ってしまう。

 白もシルバーも、日本らしいというか、「お通夜やお葬式にも乗って行ける」という点でも、日本人は選びがちな色とされている。

■ドイツ=シルバーメタリックはもう古い?

メルセデスベンツ Cクラス ステーションワゴン。モータースポーツではドイツのナショナルカラーだったシルバーだが、今ではすっかり「過去の色」となっているようだ

 1980年代に青春を謳歌した世代では、“ドイツ車=シルバーメタリック”という、“鉄の掟”のようなものを覚えている人もいるはず。

 当時日本車でもシルバーメタリックは当たり前のようにラインナップされていたが、当時の日本車はまだまだ塗装が弱く、乗り方次第では数年たつと塗装が剥げやすいといったことも珍しくなかった。

 それに対し、ドイツ車は“鉄が厚い”ともいわれたボディに、しっかり塗装されたシルバーメタリックは、まさに別物のように映った。

 しかし、令和のいま“ドイツ車=シルバーメタリック”は完全に崩壊しているとのこと。

 あるメルセデスベンツ系新車販売ディーラー併設の認定中古車展示場では、「いまは白または黒系が圧倒的に人気は高く、リセールバリューも良いですね。シルバーメタリックの人気が高かったのは過去の話です」と聞いて筆者はがっかりした。

 「実はシルバーメタリックですが、日本車でも、選ぶ人はまだ多いようですが、以前とは異なり車種によってはリセールバリューダウンになることも最近ではあるようです」とは事情通。白系もしくは黒系の人気が圧倒的に高いミニバンなどでは、その傾向が高いようである。

 BMW系新車ディーラーでは、「ホワイトは女性ユーザーに人気が高いですね」という話も聞いたことがある。確かに街なかで見かけるドイツ車は白や黒が多い。しかし、単純に人気が高いだけではないようだ。

 例えばBMW3シリーズでは、グレードによって選べなかったりもするが、全体で12色のボディカラーが用意され、そのうち11色がメタリックペイントとなっている。そしてオプションリストをみると、全グレードにわたりメタリックペイントがオプションとなっている(10万円高)。

BMW3シリーズ。用意された12色のボディカラーのうち11色がメタリックペイントとなっている

 つまり標準ボディカラーはソリッドホワイトとなるアルビンホワイトしかないのである。ほかにメルセデスベンツCクラスステーションワゴンでも、ソリッドホワイト以外のメタリックペイントは有償オプションとなっている。

 アウディA4でもS4を除けば標準ボディ色(有償とならない)はアイビスホワイトのみとなっている。

 ちなみにVW(フォルクスワーゲン)では、ゴルフをサンプルとして見たが、オプションカラーは全8色(グレードにより選べないケースもあり)中、3色のみが有償色となっており、輸入車すべてが標準色はホワイトのみというわけでもない。ただ、白のみかどうかは別として、輸入車は在庫販売が前提となってくる。

 生産地から船積みした段階から在庫となり、日本で購入希望者がいれば、船で海上輸送中から“売約済み”になるとされている。

 船積みされるクルマの内容は日本からはリクエストは出せるが、基本的にはヘッドクォーターに“お任せ”となっており、お気に入りのオプションカラーが在庫にあったとしても、組み合わされるオプションが過剰であったりするとあきらめざるをえないこともあるようだ。

 そうなってくると、比較的在庫に余裕のある、ボディカラーとオプションを装備した仕様に購入車種が落ち着くといったこともあるようだ。そうなれば、標準ボディ色の在庫比率が高まるのは自然の流れといえるだろう。

 前出のメルセデスベンツ系の中古車展示場では、「新車で買う時の人気車と、中古車での人気車は異なります。例えばSクラスは新車として人気はありますが、中古車で乗りたいという人が少ないので、値落ちの早さはメルセデスベンツ車のなかでもトップクラスです。

 さらに個性的なボディカラーですとなお値落ちが早くなります。セダン系全体についても新車では人気は高いですが、中古車では人気は低迷します。中古車人気を考えれば断然ステーションワゴンがおすすめです」と話してくれた。

 シルバー系は有償色となるので、人気色と呼べるほど市中に流通していないとも話してくれた。

 輸入車としては、筆者が大学生時代に初代VWゴルフ(ゴルフI)の後期モデル(ビッグテールと呼ばれたモデル)のなかでも、“モナコブルー”というボディカラーの中古車が気に入っていたのだが、モナコブルー以外のボディカラーとなる同年式車に比べてかなり中古車価格が高く手が出なかったことを覚えている。

 このケースは新車ではあまり選ばれなかったものの、中古車では人気が高まったものの、台数が少ないことが影響したようだ。

次ページは : ■ボディーカラーで変わるリセールバリュー

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ