実はテスラより上!? 国産メーカーの自動運転 どう違う? 「運転手主体」の裏にある安全と哲学


 日本の自動車メーカーはEVへの対応が遅れている、という評価を海外発の報道で目にすることが多い。それと同じ傾向に見られているのが、自動運転への取り組みだ。

 そもそも自動車メーカーは自動運転というシステムを実現するのは、ずっと先のことだと予測していた。それをGoogleが突如、自動運転車を開発するプロジェクトをブチ上げ、自動車業界への参入を表明してから、様相は一変した。そこからの自動車メーカーとIT企業、自動運転ベンチャーの開発競争はご存じだろう。

 今や量産車の多くがACC(先行車追従型クルーズコントロール)とLKS(車線逸脱防止支援システム)を組み合わせることで、SAE(米国自動車技術会)が制定したレベル1の高度運転支援システムとして、ドライバーの運転をアシストしてくれるようになった。

 ホンダが世界初のレベル3自動運転を実現しているが、100台だけのリース販売と非常に限定的だ。中国や米国ではレベル4の公道実験がバンバン行なわれているのに対し、日本では東京の湾岸地域で実証実験を行っている程度。

 このままでは世界から取り残されてしまうのでは、と不安を感じている人も少なくないだろう。そこで各メーカーの技術レベルと自動運転に対する姿勢をここで解説しておきたい。

文/高根英幸、写真/トヨタ自動車

【画像ギャラリー】高度運転支援システム「アドバンスド・ドライブ」を搭載したレクサス LSとMIRAIを画像でチェック(13枚)画像ギャラリー

■トヨタは「運転者が主体」 日産&ホンダは?

 まずは世界最大級の自動車メーカー、トヨタの姿勢だ。トヨタはテストコースで相当作り込んでおり、レクサス LSとトヨタ MIRAIにアドバンスド・ドライブというレベル2の高度運転支援システムを搭載し実用化している。

LEXUS LS/TOYOTA MIRAI アドバンスド・ドライブというレベル2の高度運転支援システムを搭載し実用化している

 これはセンシングのデバイスやシステムの冗長性(故障した時の予備システム)確保などを見るとレベル3相当のハードを完成させているが、現時点ではあくまでもドライバーが運転の主体でレベル2として利用している。社内ではソフトウェアだけでレベル3にアップデートさせるか、意見が分かれてまとまっていないようだ。

 実際に走らせた印象としては、ハンズオフ時の動きのスムーズさや車線中央を維持する繊細な制御はもとより、合流時の流入車両の検知も早く、LiDAR(赤外線レーザースキャナ)の威力を感じさせる。だが、それでも分岐地点での進路決定や、他車が合流してくる時の加減速の判断で微妙な時はある。

 このあたりはトヨタがこのシステムにチームメイトというサブネームを与えており、ドライバーと協力して走らせる、周囲の車両と協調して走るという意味合いを込めていることからも、ドライバーは積極的に運転に参加してほしい(つまりレベル2ということになる)という姿勢だ。

トヨタチームメイト アドバンストドライブ(制御走行中:条件が整いステアリングから手を放して走行できる状態)

 日産はTVCFなどを見ても分かるようにEV同様、自動運転分野に関しても先駆者としての立場をアピールしたい姿勢が感じられる。ハンズオフを実現したプロパイロット2.0は、コストの問題からスカイラインクラスの高級車以上に搭載が限られるようだ。

 そのため幅広い車種にプロパイロット1.0 ナビリンク機能付きを搭載してコストとの両立を図っていくようだ。これは高精細地図とは異なり、ややアバウトな制御(走行車線などを区別していないのでアンダーステア傾向に仕立てている)なので自動運転として見れば制御レベルは高くない。

 それでも、コーナーで減速するようになり左右(操舵系)の制御と前後(加減速)の制御を協調しているので、レベル2の高度運転支援システムを実現していると言えるようになった。ドライバーはシステム作動中もキチンと監視して必要に応じて操舵などで介入する必要があるとしても、現時点でコスパは良いシステムと言えるだろう。

 ホンダは前述のレベル3を実現したレジェンドで一旦やり切った感がある。これからホンダセンシング360で、これまでの開発コストを回収する計画なのだろう。

 ちなみにホンダに限らず自動運転技術の開発はサプライヤーがかなり入り込んで共同開発しているが、ホンダセンシングエリートの開発に途中から加わったエンジニアによれば、このシステムに関しては社内で制御プログラムのコードを書いていたと言うから、内製率はかなり高いようだ。

■独創性を感じさせるスバルのアイサイトXとマツダのコ・パイロット

 スバルのアイサイトXは、非常に完成度の高い高度運転支援システムだ。アイサイトで衝突被害軽減ブレーキの先鞭をつけたパイオニアは、自動運転に関しても実用レベルではトップクラスの実力を誇っている。北米市場で絶好調なのは、4WDシステムやSUVの作りの良さだけではない。日本より淡々と巡航するシーンが多い地域では、こうした高度運転支援システムの恩恵も少なくない。

 ただ、4基もレーダーを搭載するのであれば、ステレオカメラは必要ないのでは、という印象もある。ステレオカメラがアイサイト(すなわちスバル独自の)のアイデンティティというのは、メーカー側の思い込みでユーザーは機能があればいいのだから、システムをもっとシンプルにしてコストダウンを図ることも考えるべきだろう。

 マツダのスタンスは独特だ。あくまで運転の主体はドライバーで、体調急変時にはサポートするコ・パイロットとして2022年に登場するFRプラットフォームのラージ商品群から搭載する予定だ。

 ただし、そのコ・パイロット、ドライバーの体調急変や居眠り運転が起こったと判断すれば、高速道路上では路肩や非常停止帯まで走行してから停車。一般道でもその車線上であるが、停止してヘルプネットから救急車などを呼んでくれるから、昨今の高齢ドライバーの体調急変による事故には非常に効果があるハズだ。

 トヨタのアドバンスド・ドライブやホンダ・センシングエリート、スバル・アイサイトXにもドライバー異常時対応システムは装備されているが、これらは高度運転支援システムを作動させている状態でのみ機能するものだ。

ドライバーモニターカメラ

 コ・パイロットは他の高度運転支援システムと異なり、ドライバーが任意で設定するモノではなく、バックグラウンドで常に作動してドライバーを見守っているのは、実はかなり高度なシステムと言える。あくまで緊急事態に対応するシステムではあるが、その制御の技術レベルとしてはレベル3相当に達していると思われる。

 軽自動車を主体とするスズキ、ダイハツもACCやLKSを搭載する車種は充実している。これは価格や車格を考えれば、欧米やその他のアジア市場では信じられないことだろう。

次ページは : ■クルマにとって一番大切なのは「安全性」

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ