「EV普及で雇用30万人喪失」は本当か? 百年に一度の自動車革命で消える職と生まれる職

「EV普及で雇用30万人喪失」は本当か? 百年に一度の自動車革命で消える職と生まれる職

 ガソリン車からEV(電気自動車)に切り替わることで、国内部品メーカーの約300万人の就業者のうち30万人の雇用が失われると言われている。これは民間のコンサルティング会社「アーサー・デイ・リトル」が試算し、今年3月に公表した数字だ。自動車関連産業の全就業人口は542万人(2020年度)なので、実にその5.5%にあたる。

 今、EV化によって何が起こっているのか? 海外メーカーがどんな影響を日本に及ぼすのか? 日本の基幹産業における雇用を念頭に、それらをレポートしたい。

文/鈴木喜生、写真/トヨタ、テスラ、日産、三菱、写真AC

【画像ギャラリー】自動車産業の構造が激変!? 手放しでは喜べないEV化の急加速(15枚)画像ギャラリー

集中管理型「ECU」への移行により、エンジンが消滅する!?

EV化は環境には優しいけれど、経済には厳しい!? EV化による雇用30万人喪失は本当か?
クロスオーバーSUV、テスラ・モデルY。生産工程が簡素化されることでプライスダウンを図った。しかし、行程の簡素化は、生産に関わる要員の削減に直結する可能性も!?

 EV化によって雇用が減退するのは、ご存じのとおりEVのパーツ点数が少ないためだ。

 EV化で不要となる部品は、エンジン、トランスミッション、燃料タンク、マフラー、ラジエターなど。ガソリン車の部品点数が3万点、EVでは2万点という見方もあるが、厳密にはエンジンだけで7000から1万点の部品から成り立っており、その基準でカウントした場合、ガソリン車の部品点数は10万点近くなる。

 また、昨今の自動車にはECU(電子制御ユニット)が欠かせない。これはエンジン、トランスミッション、ブレーキ、サスペンション、パワーステアリングなどなど、あらゆるシステムを個々に制御するための電子部品だ。従来のガソリン車では車体のあらゆる箇所に60~100個の専用ECUが搭載されている。

 しかし、EVになるとECUは大幅に減る。日産「リーフ」では30個、テスラ「モデル3」に至ってはわずか5個。これは自動運転装置の搭載によってECUが集中管理型に移行しているためでもある。カメラやセンサーなどの情報を一極集中し、その伝達遅延を減らすことが主な目的だが、その結果、配線が簡略化され、パーツ点数が減るのだ。

 さらに、テスラは最新車種「モデルY」の製造ラインに「ギガ・プレス」の導入を始めた。これは車体のアンダーボディなどを一体成型できる巨大なダイキャストマシンで、従来では70個のパーツをプレス加工・溶接していた部位が、たった一度のプレスで成型できるようになる。

 イーロン・マスクはこのマシンの導入によって、同社の製造ラインに1000台あるロボットのうち300台が減らせる、と語っている。

 このように、部品点数が少ないEVの、さらなるスリム化が進められている。それはすべて部品点数の減少と、それらを製造する下請けメーカーへの発注量減を意味している。

中国の格安EVが続々と日本に上陸

 いっぽう、中国では「宏光ミニEV」というマイクロEVの販売が開始された。価格は日本円でなんと45万円(廉価モデル)。徹底的に無駄が排除された車体は、部品点数が極めて少ない。

 また、日本の物流会社が中国製のEVの導入を続々と決定している。今年4月には、「佐川急便」が中国の広西汽車集団製の小型配送用EVを7200台採用することを決定。10月31日には、国内の大手物流会社「SBSホールディングス」が東風汽車集団製の1トンクラスの小型EVトラックを1万台導入することを発表した。その販売価格は380万円ほど。このモデルは日本のスタートアップ企業「フォロフライ」(本社:京都)が設計し、中国で生産したものを輸入・販売する。

 こうした状況のなか環境省は、軽EVの普及に向けて購入補助を2022年度から開始する。すでに施行されている経済産業省のEVの購入補助金に上積みして、購入者の負担額を200万円以下まで下げることを目指している。経済産業省の補助金の対象に輸入車は含まれないが、環境省では特定の輸入車に対してそれを適用する予定だ。

 今年1月には日本電産の永守重信会長が、「2030年までにはクルマの価格は1/5になる」と発言して話題になった。国産EVにおいても軽EVの計画は進んでいる。しかし、価格競争においては今のところ中国に太刀打ちできそうもない。

 環境省の補助金の枠にこれら格安中国EVが加わることになれば、国産EVが200万円を切る頃、中国製EVの価格は永守氏の予言どおり「1/5」になっているかもしれない。

次ページは : 雇用喪失はすでに始まっている!