最上位グレード追加で話題の新型VWゴルフ!! その高い評価の秘密に迫る!!

インポート・カー・オブ・ザ・イヤー受賞!! 新型VWゴルフの高い完成度

 新型VWゴルフが、日本カー・オブ・ザ・イヤー2021-22で最多得点を獲得した輸入車に与えられるインポート・カー・オブ・ザ・イヤーに輝いた。先代ゴルフは2013-14のイヤーカーに輝いている。

 思えば故・徳大寺有恒さんは歴代ゴルフを手元に置き、長年のベストセラー『間違いだらけのクルマ選び』において、ゴルフにどれだけ近づいたかという基準で国産車を評価し続けた。

 いったいゴルフのどこがそんなにいいのか、新型を評価しながらあらためて考えてみた。

文/塩見 智、写真/ベストカー編集部

【画像ギャラリー】先代に続いて8代目も!! インポート・カー・オブ・ザ・イヤーを受賞した新型VWゴルフ(12枚)画像ギャラリー

■より現代的になった8代目ゴルフ

インポート・カー・オブ・ザ・イヤー2021-22を受賞した新型VWゴルフ

 新型ゴルフはふたつの点で進化し、なんというかイマドキのクルマになった。

 イマドキポイントその1は電動化。1L直3ターボエンジン搭載モデル、1.5L直4ターボエンジン搭載モデルともに7速AT(DSG)にベルト式スタータージェネレーターが組み込まれたマイルドハイブリッド仕様となった。

 減速エネルギーを電力として48Vのリチウムイオンバッテリーに貯め込み、その電力を次に加速する際のモーターアシストに用いる。

 確かにゴルフはダウンサイジングコンセプトの先駆者だが、なんぼなんでも1L3気筒ターボではかったるいのではないかと心配したが、このマイルドハイブリッドの出来がよいのもあって、実によく走る。スポーティーとは言わないが、実用上まったく不満なし。当然1.5Lのほうは余裕がある。

 イマドキポイントその2はデジタル化。ゴルフの運転席に座ってインパネを見回すと、時代は変わったんだなと感じさせられる。デザインが刷新され、物理的なスイッチの数が大幅に減ってツルンとしてる。電源オフでディスプレイに何も映っていないと実に素っ気ない。

 多くの機能をディスプレイをタッチしたり音声入力したりして呼び出すのだが、日頃、スマホやタブレットといったデジタルガジェットの操作に慣れていないと、使いこなすのに時間がかかるかもしれない。

 カーナビの操作系もとっつきにくく慣れを要するが、音声入力を活用することを前提としたシステムと思われる。

スイッチの数が大きく減ったインパネまわり。操作はディスプレイをタッチしたり、音声入力によって行われる

 音声入力……。もちろんそうじゃない人もいるだろうが、私は音声入力に対してやや複雑な感情をもつ。

 ナイトライダーみたいに毎度うまくいけばよいが、聞き取ってもらえないと、自分がなまっているからではないか? 意地悪をされているのではないか? 嗚呼どうせ私なんて……と、どんどん自信を失ってしまうのだ。同乗者にいいところを見せようとして、うまく反応してもらえないと心に深く傷を負う。

 人前でご主人さまに恥をかかせるんじゃない! という怒りもわいてくる。だがゴルフに限らず同種のシステムの音声認識能力は日進月歩で進化しているのは間違いない。

 なんだかんだ言って、聞き取ってもらえた時はかなりうれしい。運転中、ステアリングホイールから両手を離すことなく操作できるほうが絶対安全だし。

■追加される多彩なバリエーション

ディーゼルエンジンを搭載するゴルフTDI。ディーゼルではミソを付けたVWだが、ディーゼルらしからぬ音と振動の少なさは新型でも健在だ

 話をゴルフに戻そう。歴代モデルがそうであったように、新型ゴルフもどんどんバリエーションが増えていく。

 まずヴァリアント(ワゴン)が追加された。歴代ハッチバックとヴァリアントのホイールベースの長さは同じだったが、新型では初めてホイールベースが35mm伸び(全長は50mm伸びた)、荷室容量と後席の膝前スペースが拡大した。

 先代のゴルフヴァリアントでもだだっ広く、下手なSUVよりよっぽど多くの荷物を飲み込んだが、新型はさらに広くなった。一般的にクルマのトランクは500Lを超えると広い部類に入るが、新型ゴルフヴァリアントは600L超え!

 そして先般ディーゼルのTDIと、毎度おなじみの高性能モデル、GTIが相次いで追加された。

 蒸し返すつもりはないが、15年にディーゼルエンジンの排ガス関連でやらかしちゃったVWだけに、それ以降のディーゼルエンジンは念には念を入れて作られていて、19年に日本導入された先代のTDIもめちゃくちゃ出来がよかった。

 あそこまで乗員に音と振動を伝えてこない4気筒ディーゼルは当時ほかになかったし、今も少ない。新型もそのエンジンを踏襲。さらにけじめとして(!?)新たに尿素SCRを直列に2つ配置するツインドージングシステムを採用し、先代モデルに対しNOx排出量を最大80%削減した。

 GTIは2L直4ターボエンジンを搭載する。最高出力245ps、最大トルク370Nmというスペックは前輪駆動車としては立派だが、ルノー・メガーヌR.S.やミニのJCWなどもっと過激なライバルも存在する。GTIの本当に素晴らしい点は、パワーアップした分を懐深く受け止めるシャシー性能だ。

 内輪にブレーキをかけてアンダーステアを消す電子制御式デフロックのXDSと、左右の駆動輪にトルクを適切に振り分ける電子制御油圧式フロントデフロックを掛け合わせた効果によって、前輪駆動とは思えぬトラクション能力の高さを発揮する。元祖FFホットハッチの面目躍如だ。

おなじみの高性能モデル、GTIも当然ラインナップ

 オプションのアダプティブ・シャシー・コントロールは19インチタイヤ&ホイールとセットで22万円と値の張るオプションだが、ぜひオススメ。

 これを付ければ、ハンドリング優先か乗り心地優先か、クルマの特性を自在にいったりきたりさせられる。コンフォートモードではノーマルゴルフと同等かそれ以上に乗り心地がよい。

 ゴルフはどのモデルも安全性も抜かりなし。ADASも最先端で、先行車両との車間調整および車線中央維持をアシストするトラベルアシストは、0-210km/hと事実上全車速域で作動するようになった。

 また静電容量式タッチセンサーが備わったステアリングホイールを採用し、ドライバーがステアリングホイールを把持しているかどうかの検知がより正確になった。

 従来はパワステに入力があるかどうかでそれを判断していたため、直進が続くとステアリングをもっていても警告が出たが、新型はその悩みを解消している。

 ひと通り試乗してみて思う。結局ゴルフの良いところは悪いところのなさだ。動力性能、安全性、快適性、実用性、それにバリエーションの豊富さなど、あらゆる面で一級の性能が備わっている。思えば歴代ゴルフはどれもそうだった。だからこそ徳さんは、常にその時代のゴルフを基準に置いたのだ。

 ただし新型からは過去にないふたつの雰囲気を感じた。「もう過ちは犯しません的な禊」と「最後のエンジン付きゴルフだと思ってつくりました的な決意」を。

 何十年後かにVW史を振り返った時、分岐点となった存在として挙げられるのが、この8代目ゴルフではないだろうか。2022年のどこかで、ダメ押しとして4WDのゴルフRが登場するはずだ。

【画像ギャラリー】先代に続いて8代目も!! インポート・カー・オブ・ザ・イヤーを受賞した新型VWゴルフ(12枚)画像ギャラリー

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ