THE惜別車2022 ホンダは2年間で9車種消滅! シャトル インサイト CR-Vに続く生産終了車はあるか?


 ホンダは2021年内にオデッセイ、レジェンド、クラリティの国内販売を終了すると発表。

 S660は、2021年3月に生産終了が発表されたが、同年11月1日になって650台の追加生産が決定したものの、2022年3月の生産終了が決まっている。2代目NSXについても2022年12月をもって生産終了することが明らかにされている。

 さらに2021年12月23日には一部新聞報道にて、シャトル、インサイト、CR-Vが2022年内に生産終了すると報じられた。この3車種の生産終了は本当なのか? ホンダはいったいどこまで車種を減らせば済むのか?

 さらに他メーカーについても2022年に生産を終了するクルマはあるのか、徹底調査した!

文/遠藤 徹、写真/ホンダ、トヨタ、日産、マツダ、ダイハツ

【画像ギャラリー】ホンダインドネシア法人が発表した新型SUVと近く生産終了する&生産終了が噂されるクルマたち(14枚)画像ギャラリー

■販売店向けの「ホンダ・ビジネスミーティング」でCR-V、インサイト、シャトルの2022年度の生産終了を発表

2021年12月開催のホンダ・ビジネスミーティングにて生産終了が発表されたホンダ CR-V

 ホンダは2021年12月上旬に開催した販売店向けの「ホンダ・ビジネスミーティング」でCR-V、インサイト、シャトルの3車種を2022年度に順次生産終了すると表明した。

 このビジネスミーティングはホンダが新年を迎えるにあたって、毎年年末か翌月の年始に、ホンダカーズ店の首脳や営業役員を各所に集めて開催している恒例行事となっている。

 2022年における4輪車部門の商品販売戦略は「ミレニアル世代(1980~1995年に生まれた世代)を中心に新たな顧客を増やして、年間70万台安定販売する」方針を掲げている。

 投入する新型車は2022年5月末発売予定(1月7日に先行発表済み)の新型ステップワゴンをはじめ、中盤から年末にかけて、新型SUVの発売、ヴェゼル、フリード、フィット、N-WGN、シビックのe:HEV&タイプR追加などを打ち出している。

 こうしたなかでCR-V、インサイト、シャトルの生産終了が明らかにされた。2021年にはアクティ、オデッセイ、レジェンド、クラリティが廃止になり、2022年3月生産終了のS660、2022年12月生産終了の2代目NSXを含めると、この2年間で9車種が消滅することになる。

2021年のオデッセイの廃止には販売店からの疑問の声もあがった

 これらの車種は狭山工場閉鎖と国内での販売が不振のため、生産販売の維持が難しいとの判断によるものだが、「オデッセイやシャトルはフルモデルチェンジして世代交代すれば、販売の回復は見込まれるはずなのに理解できない、」といった販売店営業担当者の声もある。

 2022年度中に順次生産終了としているが、正確な日時はまだ明らかになっていない。

 ただ2022年の商品計画では6月頃にシビックに「e-HEV」を追加、この時点でほぼ同じコンセプトのインサイトを廃止、8月にはフィットをマイナーチェンジするので、これに合わせて先代フィットのステーションワゴン版であるシャトルを廃止。

 11月頃には新型SUVの投入と同時にCR-Vを生産終了するものと予想される。

 これらは国内仕様だけであって、北米、ヨーロッパなどのグローバルバージョンは別であり、継続される車種もある。CR-Vは国内では販売不振だが、グローバルでは成功している戦略モデルであり、こちらは継続される。

■CR-Vとヴェゼルの中間に位置づけられる新型SUVが登場!

2021年9月にホンダのインドネシア法人が発表した「BR-V」。3列シート7人乗りと、2列シート5人乗りを持つコンパクトSUV。ボディサイズは全長4490×全幅1780×全高1685mm
2021年11月にホンダのインドネシア法人が世界初公開した、新型「SUV RS CONCEPT」

 2022年11月にも国内投入される新型SUVは「CR-Vとヴェゼルの中間に位置づけられる」とホンダは説明している。ところがパワーユニットは1.5ターボと2リッターハイブリッドを搭載する。これらはCR-Vと同じである。

 CR-Vの現行モデルの発売は2018年8月30日である。国内では人気がないので同じモデルをフルモデルチェンジして国内で発売するわけいはいかない。しかしグローバルでは成功しているモデルだから、廃止するわけにはいかないのだ。

 したがって国内ニーズに合わせた別ブランドの新型車を投入して、SUVラインアップの強化と再構築を目指すことにしたといえるだろう。

 ホンダは2021年新型BR-Vやそのスポーティ版となる「SUV RS コンセプト」をインドネシアで発表しているが、このBR-Vは3列シートのコンパクトSUVの2代目モデル(エンジンは1.5Lガソリンのみ)で、フィットの下のクラスとなるBRIOのプラットフォームを採用。

 しかし最新情報では、この東南アジアで販売されているBR-Vをそのまま日本で発売するわけではなく、CR-Vとヴェゼルの中間に位置づけられる新たなホンダの新型SUVは、国内専用モデルとして開発・販売されることになりそうだ。

 ホンダの国内向けラインアップはトヨタ、日産、マツダ、スバルなどライバル他社に比べるとまだまだ弱く十分ではない状況にある。

 当面はコンパクトクラスのフィットでカバーする方針。そのひとつは8月にもマイナーチェンジするフィットが受け持つ。

 フィットシリーズにはSUVテイストの「クロスター」を設定しているが、このマイナーチェンジでフロント&リアガードを装備、合皮コンビシートを設定するなどSUVテイストをより強化する方針である。

フィットクロスターをマイナーチェンジすることによってSUV色を強め、ラインナップの穴を埋めることが予想される

 これらの商品力強化は従来のシャトルユーザーを取り込む狙いもあるため、シャトルを廃止し、フィットクロスターからの代替え促進を図る方針に切り替えるということであろう。

 ただ、販売不振の要因の一つといわれているフロントマスクのデザインについてだが、大幅に変更するという情報は入ってきていない。

 インサイトは1.5リッターのハイブリッド専用モデルである。シビックと同格の価格帯となっている。これまではシビックが1.5リッターターボを搭載し、コンセプト分けをしていた。

 しかしながら今夏にはシビックに2リッターハイブリッド車のe:HEVを設定する。インサイトは1.5リッターのハイブリッドでコンセプト分けは可能だが、価格帯が一部重なることやインサイトの販売不振もあり、こちらはほぼ同時期に廃止となる。実質的にはインサイトはシビックとの統合ということになる。

 ただシビックハイブリッドは2リッターで、インサイトよりも走りのポテンシャルを高めたスポーツ色の強いコンセプトを採用する。

 またホンダは2040年までに電動化を確立すべく次世代の商品ラインナップの再構築を進めている。それまでに販売が頭打ち傾向にあるモデルやガソリン車を廃止し、電気自動車や100%ハイブリッド車に置き換えていく方針と思われる。

次ページは : ■そのほか2022年に生産終了が予想されるクルマ

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ