「クルマ離れ」なんて昔の話!? 若者たちの中古車好き そのかなり興味深い理由

「クルマ離れ」なんて昔の話!? 若者たちの中古車好き そのかなり興味深い理由

 タイトルで「いまの若者たちは中古車が好き」と書いた。えっ、「若い人はお金がないんだからそんなのフツーだろう」って? いやいや、そんな単純な話じゃないんです。若者の中古車購入事情には驚くべき事実が隠されていたんです。

 それを読み解くヒントは、(株)リクルートの中古車情報メディア「カーセンサー」による、中古車に対するインターネット調査結果の中身。

 2021年8月の全国約20万人(18〜69歳の男女)を対象にした調査なのだが、これがかなり興味深い! “若い世代”を切り口にデータを読み解いていこう。

※本稿は2021年12月のものです
文/ベストカー編集部、写真/AdobeStock(トップ画像=FlamingoImages@AdobeStock)ほか、調査/(株)リクルート
初出:『ベストカー』2022年1月26日号

【画像ギャラリー】若者世代は中古車世代!? おじさん世代も参考にしたい 若者たちの中古車の愉しみ方(6枚)画像ギャラリー

■購入台数だけでなく、中古車購入単価もトップ

表1:中古車の購入台数、市場規模 「延べ購入台数」と「1万人あたり購入台数」は、各エリアの対象年代(18〜69歳)の人口に対する、1年間の中古車購入率の掛け合わせによる、全国規模の推測値。(株)リクルートによる算出

 まずは表1を見てほしい。特にそのなかの「延べ購入台数」の項目。

 調査したエリアの人口に対する、一年間の中古車購入率の掛け合わせによる全国規模の推測値だが、20歳代は一年間に延べ72.5万台も中古車を購入するという調査結果になった。実に各世代のトップ!

 次いで30歳代が60.6万台となり、若い世代が積極的に中古車を購入していることがわかる。

「なぜか?」。そのワケは後出の西村氏が話してくれるが、20〜30歳代は「中古車購入単価」でも上位を占めているのが表1でわかる。高価な中古車を買う傾向が見て取れる。興味深い結果だ。

●若者はどんどん買い替える

表2:前回購入した中古車の乗車期間(%)。「乗車期間」とは、同じ中古車に何年乗り続けていたか、という期間のこと

 さらに、若い世代は中古車の購入サイクルが短い。それがわかるのが表2だ。

 前回購入した中古車の乗車期間、全世代の平均は6.1年。なるほどと思うが、「2年未満」と「2〜4年未満」という短い期間の20〜30歳代の欄を見てほしい。他世代より圧倒的に多いのが一目瞭然。

 特に「2年未満」の20歳代は22.3%。中古車購入の5人にひとり以上が2年未満で次の中古車へ買い替える、ということ。中古車業界にとっては歓迎したい世代といえる。

 その裏返しのような結果が「10年以上」。20歳代は極端に減り、60歳代は34.2%。長年乗り続けるのは中高年の傾向で、その心境、同世代の担当にもよくわかる(笑)。

●軽自動車は不人気!?

表3:直近で購入した中古車のボディタイプ(%)。2020年と2021年の比較、全体で見ると軽自動車が減り、セダンやSUV/クロカンが微増。そのSUV/クロカン、女性もなかなか高い比率となっている(9タイプのボディを紹介)

 人気のボディタイプがわかるのが表3。

 棒グラフの軽のところ、2021年の37.1%に対し2020年は40.2%と、2020年はやや高いが、これはコロナ禍の影響。とにもかくにも移動手段がほしいと安価な軽をみなさん購入。で、コロナがやや落ち着いた2021年、20〜30歳代は他世代に比べると軽購入率は低い。

 で、何を好んでいるかというと……SUV。この欄を見ると、20歳代が14.8%、30歳代が13.6%と高い数値だ。若い世代は人気ゆえに高額傾向の中古SUVを好み、それが購入単価を引き上げていると判明!

 ということで、次項では中古車業界に精通する専門家にお話を伺い、中古車事情をさらに深掘りしたい!

次ページは : ■(株)リクルート自動車総研所長に聞いてみた「中古車市場現況と若者が中古車を買う理由」

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ