シンプルな「箱」はホンダの血統!? 新型ステップワゴン&四角い名車4選のデザイン評価

シンプルな「箱」はホンダの血統!? 新型ステップワゴン&四角い名車4選のデザイン評価

 2022年1月7日、6代目新型ステップワゴンのティザー情報が公開された。公式には価格未公表だが、ベストカーWebが入手した情報によると、各グレードの価格帯は、エアー299万円、スパーダ325万円からとなる。最上級モデル「スパーダプレミアムライン」は385万円からの販売となる見込み。

 さらに、東京オートサロン2022では実車が公開され2022年春(4月~5月頃)の発売を待つばかりである。

 新型ステップワゴンは、いま流行りのオラオラ顔ではなく、初代・2代目モデルのようなシンプルなデザインになって登場した。清水草一氏曰く「エアコン顔」とのこと。シンプルな顔がお好きなユーザーにオススメなクルマになるだろう。

 そこで本稿では、原点回帰した新型ステップワゴンのデザインの魅力を解説しつつ、今後の展望を考察する。さらに、デザイン重視・歴代国産「四角い名車」を厳選したランキングもお届け。

文/清水草一、写真/HONDA、SUZUKI、奥隅圭之

【画像ギャラリー】デザイン重視・歴代国産「四角い名車」ランキングを画像で見る(13枚)画像ギャラリー

「原点回帰」された新型ステップワゴン デザインの魅力

機能を優先した四角いボディデザインで登場した初代ステップワゴン
機能を優先した四角いボディデザインで登場した初代ステップワゴン

 2022年1月7日、ホンダ新型ステップワゴンのティザー情報が公開された。まだスペックや価格は未公開だが、東京オートサロンには実物も展示され、エクステリアやインテリアは完全にオープンになっている。そのデザインは、一服の清涼剤。「原点回帰」と言われているように、初代ステップワゴンのシンプルな道具感がよみがえっている。

 初代ステップワゴンは、「5ナンバーサイズいっぱいの国内専用ミニバン」という、まったく新しいカテゴリーを切り開いた。当時はまだオラオラ顔なんていう発想すらなかったが、そのデザインは飾り気が一切なく、大人数がラクに乗って移動できる便利な道具に徹していた。

 それでいて、正面からよく見れば断面は台形であり、大地を踏ん張って走る自動車のカタチも保っていた。初代ステップワゴンは、「走る道具」としてのデザインを極めた存在だったのである。

 その後、ノアやセレナといった同種のライバルの登場に刺激され、ステップワゴンはあえて自ら切り開いた道を外れ、変則派へと変身。3代目は動物的な顔とサイドに走る無意味な斜めエッジで反逆し、それが不発に終わると、4代目は地味で大人しくなるもパンチ不足。

 5代目は新機軸のワクワクゲートで勝負に出たが、市場にはあまりアピールできず、逆に全幅が狭く見える平凡な顔付きが嫌われて、販売を大きく落とした。マイチェンでオラオラ顔を導入するも失地は回復できず、ズルズルと後退が続いた。

 その点、新型はいい意味での開き直りが見える。デザイン的には、「これでどうだ!」と言わんばかりのスッピンな「エアコン顔」。実にサワヤカである。

 現在、ミニバンの主流はオラオラ顔だ。ユーザーへの調査でも、7割はオラオラ顔支持だという。そんななか、ホンダがあえてエアコン顔で勝負に出たのは、もはやステップワゴンは挑戦者であるがゆえ、残りの3割を取れれば大勝利だからだろう。

次ページは : 新型ステップワゴンはシンプルデザイン路線に大転換したホンダの勝負車!?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ