カローラクロス投入でもはや居場所はなし? C-HRの功績を改めて考える

■デビュー当時は今の9倍も売れていた!!

 このように注目度の強い新型車が登場すると、好みに合うユーザーは、購買意欲を一気に高める。C-HRも発売直後の2017年1~6月には、1カ月平均で1万3217台を登録した。小型/普通車の登録台数ランキングでは、プリウスとノートに次いで3位に入り、アクアやフリードを上回った。

 直近の2021年におけるC-HRの登録台数は、前述のとおり1カ月平均で1508台だから、2017年の前半には今の9倍も売られていた。そこで当時のC-HRの販売が好調で、その後に急落した理由について、改めて考えてみたい。

 C-HRが発売直後に売れゆきを急増させた一番の理由は、外観を趣味性の強い個性的なデザインに仕上げたからだ。インパクトの強いクルマは、ユーザーの気持ちとしてスグに手に入れたい。鮮度の高い時に味わいたい気持ちもあるから、今使っている愛車の車検期間が十分に残っていても乗り替える。

2016年11月に開催された新城ラリーでデモランするC-HRプロトタイプ。なんとトヨタ自動車の社長であるモリゾウ選手がC-HRプロトを自らドライブして周囲を驚かせた
2016年11月に開催された新城ラリーでデモランするC-HRプロトタイプ。なんとトヨタ自動車の社長であるモリゾウ選手がC-HRプロトを自らドライブして周囲を驚かせた

 軽自動車やコンパクトカーのような実用的な車種は、損失を抑えるために愛車の車検満了を待って乗り替えるが、趣味性の強いクルマは購入タイミングが異なる。その結果、発売直後の売れゆきが急増した。かつて豊富に用意されていたクーペにも、発売直後に売れゆきを伸ばす車種が多かった。

■ニュルブルクリンク24時間レースを走り切った走行安定性

 C-HRが好調に売られたふたつ目の理由として、2016年の発売時点から、トヨタの全店で扱ったことも挙げられる。2016年当時のトヨタは、全国に4800店舗以上を構えており、今よりも約200店舗多かった。この販売網で一斉に売られたから、登録台数も急増した。

 商品力については、C-HRは走行安定性が優れていた。プラットフォームは2015年に発売された現行プリウスと基本的に同じだが、後輪の接地不足が解消され、SUVながらも安定性を向上させた。開発者は「C-HRはプリウスの登場から約1年を経過して発売されたので、プラットフォームや走りの熟成も進んでいる」と述べた。

 全長は4400mm以下だが、ホイールベースは2640mmと長く、カーブを曲がる時などに慣性による悪影響も受けにくい。全高は大半のグレードが1550mmに収まる。このボディ各部の数値も走りの向上に役立った。走行安定性を高めながら、乗り心地の粗さを抑えたことも、C-HRのメリットであった。

2016年ニュルブルクリンク24時間レースに参戦したトヨタC-HR。ニュルを舞台にした「極限でのテスト」をノーマル+αの仕様でみごとに走り切った
2016年ニュルブルクリンク24時間レースに参戦したトヨタC-HR。ニュルを舞台にした「極限でのテスト」をノーマル+αの仕様でみごとに走り切った

 サスペンションは、2WD、4WDともに、前輪はストラット、後輪はダブルウィッシュボーンの4輪独立懸架だ。発売時点では、ショックアブソーバーにザックス製を使い、欧州車の運転感覚を連想させた。

 開発者に経緯を尋ねると、以下のように返答された。「ザックス製はグローバルに採用されている。このブランドを選んだ理由は、サプライヤーの立地条件や供給体制によるところが大きいが、結果的に優れた足回りに仕上がった」。

■趣味性の強いC-HRは一気に売れて一気に急落

 C-HRの走りのよさは、足回りの滑らかな動きにあったので、販売店の試乗でも確認できた。そのために適度なボディサイズで、上質な運転感覚と4名乗車の可能な居住空間が欲しい場合、C-HRはちょうどいい選択肢になった。

 それなのにC-HRの需要は急落していく。2017年1~6月には、1カ月平均で1万3217台を登録したが、2018年は6396台に半減している。2019年は4640台、2020年はコロナ禍の影響も受けて2806台だ。2021年は前述の1508台であった。

 C-HRの売れゆきが下がった一番の理由は、趣味性の強さに押されて売れゆきを一気に伸ばし、短期間で欲しいユーザーに行き渡ったことだ。しかもC-HRはインパクトの強い外観を重視して開発されたから、SUVらしさとか、SUVの実用性は乏しい。後席や荷室の広さ、車内の使いやすさを重視するファミリーを中心としたユーザーには選ばれにくく、販売面で災いした。

次ページは : ■先代ヴェゼルは地味に淡々と売れ続けた

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ