カローラクロス投入でもはや居場所はなし? C-HRの功績を改めて考える

■先代ヴェゼルは地味に淡々と売れ続けた

 この経緯は、C-HRの販売動向を先代ヴェゼルと比べるとわかりやすい。先代ヴェゼルは2013年に発売され、2017年と2018年の売れゆきは、新発売されたC-HRを大幅に下回った。この販売順位が2019年には逆転して、設計の古い先代ヴェゼルがC-HRを上回っている。

 先代ヴェゼルは、後席と荷室の広い実用型のコンパクトSUVだから、雰囲気は地味だが淡々と売れ続けた。目立ち度で勝負するC-HRは、持久戦に持ち込まれると弱味が露呈した形となった。

2013年に発売が開始されたホンダの先代型ヴェゼル。デザインはC-HRに比べると地味に見えるが、新型はさらにシンプルを追求したデザインになり、好調に売れている
2013年に発売が開始されたホンダの先代型ヴェゼル。デザインはC-HRに比べると地味に見えるが、新型はさらにシンプルを追求したデザインになり、好調に売れている

 また2019年には、価格帯は異なるものの、同じトヨタから現行RAV4が登場した。その年末にはコンパクトSUVのライズも加わっている。2020年にはヤリスクロスの投入もあり、C-HRは身内となるトヨタのSUVに需要を奪われた面もある。

■改良を重ねたC-HRにはほかの車種にはない魅力がある

2019年10月にマイナーチェンジしたトヨタ『C-HR』。デザインをよりスタイリッシュに変更、さらに「GR SPORT」を新設定するとともに、1.2Lターボ車(FF)に6速iMT(インテリジェントマニュアルトランスミッション)車を追加した
2019年10月にマイナーチェンジしたトヨタ『C-HR』。デザインをよりスタイリッシュに変更、さらに「GR SPORT」を新設定するとともに、1.2Lターボ車(FF)に6速iMT(インテリジェントマニュアルトランスミッション)車を追加した
2019年10月にマイナーチェンジで追加された「GR SPORT」。19インチタイヤと足回りの専用チューニングでGRの走りを追求したモデル
2019年10月にマイナーチェンジで追加された「GR SPORT」。19インチタイヤと足回りの専用チューニングでGRの走りを追求したモデル
2020年6月に発売された特別仕様車 G「モード・ネロ・セーフティ・プラス」。トヨタセーフティセンスのアップグレードと共に、Fスポイラーやアルミホイールなどに特別なブラック塗装を施し、内装もブラック基調にしたクールな仕様
2020年6月に発売された特別仕様車 G「モード・ネロ・セーフティ・プラス」。トヨタセーフティセンスのアップグレードと共に、Fスポイラーやアルミホイールなどに特別なブラック塗装を施し、内装もブラック基調にしたクールな仕様

 特にカローラクロスは、適度なボディサイズで、C-HRよりも後席と荷室が広い。C-HRの欠点とされる後方視界も優れているので、多くのユーザーにとってカローラクロスのほうが選びやすい。

 C-HRの人気動向について販売店に尋ねると、以下のように返答された。「C-HRが発売された時は、トヨタのSUVは車種がかぎられていたが、その後に新型車が続々と登場した。車内の広さを求めるお客様には、価格は少し高いがRAV4がある。価格の安さなら、ライズやヤリスクロスという具合だ。C-HRの需要は、今ではほかの車種に分散して吸収されている」。

 もっとも、C-HRも改良を重ねている。価格も割安で、C-HRハイブリッドSの2WDは274万5000円だから、カローラクロスハイブリッドSの275万円とほぼ同額だ。カローラクロスの2WDは、リアサスペンションが車軸式のトーションビームだが、C-HRは独立式のダブルウイッシュボーンになる。

 ディスプレイオーディオのサイズも、カローラクロスは7インチだが、C-HRは8インチだ。サイズと価格が適度で、なおかつ目立つクルマが欲しい場合、C-HRは今でも候補に入るクルマとなっている。

【画像ギャラリー】強烈に派手なルックスと欧州で鍛えた走行性能でまだまだイケるヨ!「C-HR」を写真でチェック!!(32枚)画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ