これがベースグレードの生き様よ!! あえての「はずし」で得するトヨタ車3選

これがベースグレードの生き様よ!! あえての「はずし」で得するトヨタ車3選

 新車購入を考える際に、より高いグレードを選びたくなるのがユーザー心理だろう。もちろん上位グレードには充実の装備、上質な加飾が多く、良さを感じられる部分が多い。

 しかし、追加された装備や加飾が、自分にとって本当に必要か、考えたことはあるだろうか。使わない装備をわざわざ高いお金を払って装着しているのも、どこか無駄な気もするのだ。

 そこで本稿では、あえてベースグレードを選ぶことで、お得に買えるクルマをトヨタラインナップから選んでみた。車両本体価格が安く、自分に必要な仕様にできるベースグレードに注目したい。

文:佐々木 亘
画像:TOYOTA

質実剛健ここにあり!! ベースグレードがきらりと光るトヨタ車はこれだ(12枚)画像ギャラリー

■カローラスポーツ

 ベースグレードが、比較的充実した装備になっているのがカローラシリーズだ。特に、カローラスポーツは、ベースグレードでも十分な機能性を発揮する。

 最上位グレードはG‘Z(252万1000円)、中間グレードのG(234万円)、そしてベースグレードがG’X(216万9000円)となる。GとG’Xの価格差は171,000円だ。(※いずれも6MTで比較、CVTを選択の場合車両本体価格が、G’Xで+33,000円、Gで+45,000円)

カローラスポーツ HYBRID G(ブラッキッシュアゲハガラスフレーク)
カローラスポーツ HYBRID G(ブラッキッシュアゲハガラスフレーク)

 G’XとGの大きな違いは、装着タイヤサイズ、アルミホイールの有無、エクステリアのグリル・ペゼルへの加飾の有無、内装にシルバー塗装が行われているか、ステアリングとシフトノブがウレタンか本革か、インテリジェントクリアランスソナー(6MTではクリアランスソナー)とバックガイドモニターを標準装備するか否かだ。

 安全装備の面で今や必須級となるのがインテリジェントクリアランスソナーとバックガイドモニターの装着だが、これはオプションで装着が可能。それぞれ、28,600円(クリアランスソナーは15,400円)、27,500円で装着できる。

 これらを装着しても、まだG’Xの方が13万円弱安い。好きなアルミホイールとタイヤセットを買ってもいいし、ディスプレイオーディオをナビにグレードアップしてもいいだろう。ステアリングを本革にしたければ、寒冷地仕様(19,800円)と本革ステアリング(ヒーター付き)のセットオプション(28,600円)で装着できる。

 アルミは社外品を付けるし、エクステリアもあまり違いが気にならないという方は、カローラスポーツのベースグレードがおススメだ。6MTを選べるのも魅力。オリジナリティあふれる、カローラスポーツを注文してもらいたい。

次ページは : ■ライズ

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ