キャンピングカーベースとして導入へ! 欧州でシェア7割のフィアット デュカトは日本でも伸びるのか!?

キャンピングカーベースとして導入へ! 欧州でシェア7割のフィアット デュカトは日本でも伸びるのか!?

 フィアットが2022年2月10日に、ベストセラー商用車である「DUCATO(デュカト)」をキャンピングカーのベース車両として正式導入することを決定した。

 日本では以前からキャンプ人気の影響でキャンピングカーが人気だが、コロナ禍の影響もあり、その人気がさらに上昇している。フィアットは、そこに目を付けた格好だ。

 しかし、日本にはハイエースなど人気のベース車などもあり、欧州でシェア7割を誇るデュカトとはいえ、日本でも販売台数を伸ばす見込みがあるのだろうか? フィアットの狙いと、日本でどのくらい受入れらそうか? などについて考察していきたい。

文/桃田健史、写真/FCAジャパン

【画像ギャラリー】ハイエースの牙城を崩せるか!? フィアット デュカトがキャンピングカーベースとして導入決定!!(10枚)画像ギャラリー

■日本導入が発表されたデュカトとはどんなクルマなのか?

キャンピングカーのベース車両として導入されることが決定したフィアット デュカト。ヨーロッパで需要が多いベストセラー商用車だ
キャンピングカーのベース車両として導入されることが決定したフィアット デュカト。ヨーロッパで需要が多いベストセラー商用車だ

 FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)が、また日本で面白いことを始めた。今度のターゲットは、最近流行のキャンピングカーだ。

 とはいっても、キャンピングカーそのものを輸入し販売するのではない、というところがミソなのだ。

 では、詳しく見ていこう。

 FCAジャパンは、ジャパンキャンピングカーショー2022(2022年2月10日~13日、於:千葉県幕張メッセ)にブースを出展し、ジープ「グラディエータ―」と並んで、フィアット「デュカト」を公開した。

 デュカトは、欧州で需要が多い中型の商用車だ。直近の2020年と2021年ではベストセラーとなり、欧州ではこのセグメントでシェア7割を誇る。グローバルでも人気が高く、コロナ禍で各国の経済が冷え込んだ2020年でも販売総数は前年対比8%増の約15万台を記録しているほどだ。

 2022年モデルとして日本に導入されるのは、全長とホイールベースに違いのあるL2H2、L3H2、L3H3の3種類。

 最も小さいL2H2のボディ寸法は、全長5413×全幅2050×全高2524mm、ホイールベースが3450mmで、L2H3はハイルーフ仕様となる。

 エンジンは排気量2287ccの直列4気筒 MultiJet3ディーゼルターボで、最高出力176.8psで最大トルクが45.9kgm。駆動は前輪駆動のみで、トランスミッションはトルクコンバーター式の9速AT搭載のほか、先進ドライバー支援システム(ADAS)も標準装備する。

 筆者はジャパンキャンピングカーショー2022を現地取材して、デュカトの実車を見たが、イタリアンなデザインテイストが魅力的だと感じた。

 キャビンスペースにも足を踏み入れてみたが、ハイル―フのL3H3の場合、全長3120mm×全幅1870mm×1932mmで、かなり広々とした個室といった雰囲気だ。とはいっても、商用車感が強すぎて、このままの状態では荷物の配送車に過ぎない印象だ。

次ページは : ■種車(たね車)による新しいビジネスモデル

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

GR86の4ドアモデル、出る!! 三菱トライトンを雪上初テスト! 注目情報を満タンでお届け「ベストカー3月10日号」

新型スズキスイフト、レクサスLBXなど注目の新型車が続々登場! 「ベストカー3月10日号」! 今年も名物企画「雪上テスト」開催! 三菱トライトンの実力をいち早く丸裸にしたぞ!