無料のハンバーガーがもらえる!! EVオーナーが得するサービスとは!?

無料のハンバーガーがもらえる!! EVオーナーが得するサービスとは!?

 電気自動車を購入するにあたって、身近に充電施設があるかなどインフラの問題があるが、他にも高額な購入費用などもハードルとなるだろう。これをカバーするために補助金などの活用が重要となるが、購入後は費用的なメリットもいろいろある。

 ここのところガソリン代が急騰しているが、BEV(バッテリー電気自動車)ならば低額で外部の充電装置を利用したり、深夜電力を活用することでランニングコストは低く抑えることができる。またオイル交換などが不要なので、メインテナンス費用も安い。

 さらにはBEVオーナー向けの様々なお得なプランがあるので、ご紹介したい!

文/藤田竜太、写真/Nissan、Mitsubishi

【画像ギャラリー】補助金やメンテ費用のほかにもある!? EVオーナーが得するサービス!!(6枚)画像ギャラリー

■EVオーナー優遇サービス始まる!!

日産発のEVオーナー優遇サービス『GREEN PASS』では、海老名SAに期間限定で設置された特別ラウンジ『GREEN LOUNGE』が使用できる。日産のEV車に限らず、すべてのEVが対象となる
日産発のEVオーナー優遇サービス『GREEN PASS』では、海老名SAに期間限定で設置された特別ラウンジ『GREEN LOUNGE』が使用できる。日産のEV車に限らず、すべてのEVが対象となる

 2022年の2月17日から東名高速道路・圏央道5カ所のSA/PAの全21店舗ではじまった、EVオーナー優遇サービスが話題になっている。これは日産発のEVオーナー優遇サービスで「GREEN PASS」とネーミングされたもの。

 「#いいじゃんEVオーナー そんな声が、広がる社会へ」を目指して、高速道路のSA・PAで、EVオーナーだけが飲めるコーヒーやEVオーナーだけが使えるラウンジを提供するプロジェクトだ。

 この「GREEN PASS」は、EVオーナーへの感謝と、さらなるEVの普及を目指して行くのが趣旨なので、日産のEV車に限らず、すべてのEVが対象。各メーカー公式の車両連携アプリを見せれば優遇サービスを受けられ、レンタカーの利用者でも契約時の書類などを提示すれば利用できる。

 とくに注目されているのは、東名高速(下り)海老名SAに設置された、EVオーナーと同行者だけが入室できる特別なラウンジ、「GREEN LOUNGE」。ここでは気候変動の影響で生産量の減少が危惧されている絶滅危惧食材で作られたGREEN LOUNGE BURGER & DRINKが、なんと無料で提供される。

『GREEN LOUNGE』ではGREEN LOUNGE BURGER & DRINKが無料で提供される
『GREEN LOUNGE』ではGREEN LOUNGE BURGER & DRINKが無料で提供される

 しかも監修者はミシュラン1つ星シェフ・鳥羽氏で、味も折り紙付きのここでしか味わえないスペシャリティフードとドリンクが待っている。

 またラウンジ内の家具をはじめとした内装は、段ボールとリサイクル可能な地球に優しい素材でできているのも特徴。

 さらに「やすらぐほど充電できる椅子」と名付けられたラウンジ内の椅子は、座ると電気が供給され、スマートフォンへの充電も可能。その充電用の電気は日産『リーフ』から給電する仕組みに……。
※「GREEN LOUNGE」は2022年3月16日(水)まで。オープン時間はAM10:00-PM6:00。場所は海老名SA下り EV充電ステーション付近

 その他、東名高速 足柄SAの上下線と圏央道の厚木PAの上下線でも、各メーカー公式の車両連携アプリを見せると、ドリンクバーサービスなどの優遇が受けられるEVオーナー限定のクーポンも提供。

 地域に偏りはあるが、EVでのお出かけがちょっと楽しみになる取り組みだ。

次ページは : ■広がる優遇サービスがEV普及の助けとなるか

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

トヨタの韋駄天が覚醒する! 6代目NEWスターレットのSCOOP情報をはじめ、BC的らしく高級車を大解剖。さらに日産・ホンダの協業分析、そして日向坂46の富田鈴花さんがベストカーに登場! 新社会人もベテランビジネスマンまで、誰もが楽しめるベストカー5月10日号、好評発売中!