知って得する!! EVの素朴な疑問と今買える国産EV

知って得する!! EVの素朴な疑問と今買える国産EV

 EVとは「Electric Vehicle」の略。要するに電気自動車のことで、近年では最も注目されているカテゴリーのひとつ。電動式モーターを動力にするクルマがEVであり、広い意味ではエンジン(内燃機関)をモーターで補佐するハイブリッド車(HV)をEVに含める場合もあるし、燃料電池で発電しながら走るFCVも同様だ。

 しかし、今回の記事では充電式バッテリーをエネルギー源にするピュアなEVが主役。

 他のEV車と区別するため、BEV(Battery Electric Vehicle)と呼ばれることもあるこのタイプの特徴は、走行時に排気ガスを出さず環境への負荷が軽減できること。

 2035年にガソリン車の販売が禁止となるであろう欧州で特にシェアを拡大しているEV(BEV)の現状はどうなっているのか? まずはEVのことを学び、日本をはじめとする各国の最新EV事情を見ていくことにしよう。

●トピック
・EVの素朴なギモン一発解消Q&A
・今買える/これから出る国産EVと今後の動向
・【番外コラム01】74年前にEVが!? 日本の第一号EV「たま自動車」とは?
・【番外コラム02】軽自動車の雄は苦戦中!? ダイハツ、スズキはどうする?


※本稿は2022年1月のものです
文/長谷川 敦、写真/ベストカー編集部 ほか、EDIT/オフィス福島
初出:『ベストカー』2022年2月10日号

【画像ギャラリー】2035年に備えよ!! 電気自動車の素朴なギモン解決&今買える国産EVカタログ!!(30枚)画像ギャラリー

■EVの素朴なギモン一発解消Q&A

日産 リーフ(EV〈電気自動車〉)
日産 リーフ(EV〈電気自動車〉)

 電動モーターを動力に使用するクルマは大別して『EV』『HV』『PHV』『FCV』の4つ。このなかで純粋な電動自動車と呼べるのはEVとFCVだ。

 HVやPHVもモーターのみで走行するケースは多いが、内燃機関を持つクルマにはどうしてもガスの排出という問題があり、エコロジー面ではEVとFCVが有利なのは間違いない。

 では、EVにはまったく問題がないかといえばそうではない。各車にメリット・デメリットがあるのが現状だ。このコーナーでは、EVの疑問点について考えていきたい。

●Q1:EV、HV、PHV、FCVどこがどう違う?

・EV(電気自動車)…ガソリンの代わりに充電式バッテリーを搭載し、電動モーターのみの力で走行するのがEV。走行の際に排気ガスを出さないのが特徴で、CO2(二酸化炭素)削減の切り札として注目されている。今後の発展にはバッテリーの進化がカギとなる。

・HV(ハイブリッド)…エンジンと電動モーターの動力を併せ持つのがHV。低速域はモーターで走り、高速ではモーターとエンジンの力で走ることにより効率を高めている。エンジンを回して発電&充電しながらモーターのみで走行するシリーズHVもある。

・PHV(プラグインハイブリッド)…通常のHVよりもバッテリーの容量を増やし、より電動モーターでの走行時間を長くしたのがPHV。燃費に優れていることに加え、CO2の排出も少なくなるが、基本的には外部電源での充電が必要。バッテリー切れでも走れるのが利点のひとつ

・FCV(燃料電池自動車)…タンクに充填した水素を酸素と化学反応させて電気を作り出し、その力で電動モーターを回して動力にする。この機関を燃料電池(Fuel Cell)と呼ぶことからFCVの名称がある。環境に与える負荷はほぼゼロだが、現状は特殊な水素燃料が不可欠

●Q2:EVで得する人は?

 日本国内でEVが有利になるのは「クルマを利用する機会が多く、そのわりに移動距離は少ない」というケース。

 自宅に充電設備があって毎日短い距離をクルマ通勤している人なら、ガソリン代が節約できて得になる。ただし、休日に遠出をしたい場合には要注意。行き先までの距離次第では途中で充電をしなくてはならない。

 まだまだEVの価格は高いが、国や自治体による補助金制度やランニングコストがガソリン車より低いというメリットもあるので、一考の価値はアリ。

●Q3:EVって高すぎやしませんか?

レクサスUX300に搭載されるバッテリーパック。ガソリン車の燃料タンク代わりとなるユニットだと考えると、複雑でコストも高い
レクサスUX300に搭載されるバッテリーパック。ガソリン車の燃料タンク代わりとなるユニットだと考えると、複雑でコストも高い

 ガソリン車に比べてEVの車体価格が高いのは事実。以前より下がったとはいえ、まだまだバッテリーやモーターにかかるコストは大きく、構造の異なるガソリン車と共用できるパーツの点数にも限りはある。

 これらがすべて車体価格に加わってくるわけなので、やはりEVの導入にはエコロジーに対する意識や、EVに対する愛情が要求される。コストに関しては、今後のEV普及によって下がることが予想されている。

●Q4:どのくらい売れてる?

エコカーの2021年1月~10月の販売比率(参考:日本自動車販売協会連合会「燃料別販売台数(乗用車)」)※輸入車も含む
エコカーの2021年1月~10月の販売比率(参考:日本自動車販売協会連合会「燃料別販売台数(乗用車)」)※輸入車も含む

 日本でも注目されているEVだが、実際の売れゆきはどうなのだろう?

 上の表ではEVの販売台数はクルマ全体の0.8%。ずいぶん少ない数値にも思えるが、実は2021年になってからEVの売り上げは伸びている。前年度の販売比率は0.6%だったので、伸び率としては悪くない。

 これは新車購入時の補助金が、2020年12月21日以降、それまでの2倍に引き上げられたことの影響も大きいと言われている。

 EVに関しては、今後の増加が期待できそうだ。

●Q5:EVを中古車で買っても大丈夫?

EVだけでなく、HVやPHVなど、走行用バッテリーを搭載するクルマの中古は、何よりもバッテリーのコンディションが重要になる
EVだけでなく、HVやPHVなど、走行用バッテリーを搭載するクルマの中古は、何よりもバッテリーのコンディションが重要になる

 EVの普及に伴って、中古車市場にEVが出回るケースも増えている。では中古EVはガソリン車と同じ感覚で購入してよいのだろうか? 答えはYESでありNOでもある。

 ディーラーをはじめ、しっかりとした販売業者の扱う中古EVの車体は問題ないだろうが、バッテリーの劣化には気をつけたい。購入時にはバッテリーの使用距離や年月をしっかりチェックすることが必要だ。

●Q6:補助金はどのくらいもらえる?

 CO2削減を推進する環境省と経済産業省では、排気ガスを出さないEVの購入時に補助金を交付している。これら国の補助金には3種類があり、上限額はズバリ80万円。

 もちろん交付の際には、一定期間内に新車を購入することや、購入したEVを基本4年間は所有するといった条件があり、新古車の購入は交付対象外となるので注意。

 地方自治体でも交付を行っているケースがあるが、交付の有無や金額については自治体によって異なる。EV購入時にはこれらをうまく活用したい。

●Q7:自動車税が非課税って本当?

 EVは税制面の優遇も多い。エコカー減税は排出ガス性能と燃費に応じて自動車重量税が軽減される制度だが、排ガスを出さず、ガソリンを使用しないEVの軽減率は初回車検時まで100%。事実上の非課税だ。

 さらにグリーン化特例も適用され、EVは新車登録年度の翌年分の自動車税が約75%軽減となる。

●Q8:運転するのが楽しくなさそう……

 エンジンの排気音を愛する人にとって、無音に近いEVはもの足りなく感じるだろう。だが、EVには内燃機関車を上回る加速力がある。回転を始めたその瞬間に最大トルクを発生する電動モーターの加速性能は文句なく楽しい。また、アクセルペダルだけで速度を停止まで調整できるようなモードを持つクルマもある。

●Q9:充電時間はどのくらいかかる?

充電器で重要なのは何kW供給できるか。一般家庭で使用可能な充電器では、満充電まで10時間以上かかることも
充電器で重要なのは何kW供給できるか。一般家庭で使用可能な充電器では、満充電まで10時間以上かかることも

 一定の充電時間を確保しなくてはならないのがEVの弱点のひとつ。バッテリー容量40kWの日産リーフを例にすると、3kWの普通充電器で約16時間かかり、50kWの急速充電では約40分で全体量の80%まで充電できる。

 ただしバッテリーが許容できる充電電流は容量や種類によって異なり、充電器のスペックも機種(充電スポット)により変わるので注意が必要だ。

次ページは : ■今買える/これから出る国産EVと今後の動向

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ