キングはFR固執で失速!? アル/ヴェルはFFの2.5Lで開眼!? ラージミニバン天下分け目の戦い


■エルグランドがアルファード化し、天下分け目の合戦は決着

2010年登場の3代目エルグランド。駆動方式やデザインでアルファードの後を追った

 2008年に2代目となったアルファード。好調に販売を続ける中で、トヨタ販売店はエルグランドの動きを注視していた。後出しの一発逆転が、自動車販売には多く存在するからだ。

 注目の決戦は2010年8月。満を持して登場したエルグランドに、かつてのキングオブミニバンの姿はなかった。

 かつては真似される立場だったエルグランドが、期待の3代目でアルファードの真似をした。駆動方式はFF、派手なマスクに広い室内で、エンジンラインナップも同等。エルグランドの個性は無くなり、アルファードに飲み込まれる。トヨタ販売現場の心配は取り越し苦労に終わった。

 日産が日産のポリシーで作り出したからこそ輝いたのがエルグランドだろう。模倣、追従では、エルグランドの魅力は大きく薄まることとなる。多くの自動車ファン、日産ファンが期待した3代目エルグランドの逆襲が不発に終わった瞬間、ラージサイズミニバンの天下分け目の合戦は終結した。

 現在もエルグランドの迷走は続いており、初代のような個性は見つけることが出来ない。しかし、アルファードの独走を止められるのは、やっぱりエルグランドだけだと、筆者は思う。

 もう一度エルグランドが生まれ変わる機会があるのなら、今の日産にしか作ることができない、高級ミニバンを形にして欲しい。

【画像ギャラリー】第二次頂上決戦はあるのか!? 現行型トヨタ アルファード&日産 エルグランド(11枚)画像ギャラリー

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ