空振り上等! 気合いは充分でした! 売れなかったけど痺れたクルマ6選

空振り上等! 気合いは充分でした! 売れなかったけど痺れたクルマ6選

 かつて登場し、とんでもなく個性があった! ……売れなかったけど……。でも、そんな全力の空振りもいいんです! だから痺れるんです!!

 今回は、1990年代に登場し、結果的には売れなかったけれど、クルマとしては個人的にものすごく好きだった、衝撃を受けたというクルマを片岡英明氏がピックアップ! それぞれのクルマの魅力を熱く語っていく。

文/片岡英明
写真/MAZDA、SUBARU、HONDA、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】記録より記憶に残る名車の数々……『全力の空振り』で鮮烈な印象を残したクルマたち!!(17枚)画像ギャラリー

■RX-7の影に隠れてしまった名車「マツダ ユーノス コスモ」

1990年登場のマツダ ユーノスコスモ。ロータリーエンジンを搭載した高級スポーツクーペだ
1990年登場のマツダ ユーノスコスモ。ロータリーエンジンを搭載した高級スポーツクーペだ

 バブル期に開発されたクルマには衝撃的な作品が多いが、とりわけシビレたのが「ユーノスコスモ」だ。

 マツダが1990年4月にフラッグシップとして送り出したロータリーエンジン搭載の高級スポーツクーペで、驚きの連続だった。

 エクステリアは、ちょっと見には平凡なノッチバックの2ドアクーペである。だが、全幅1800mmに迫るワイドなボディサイズを上手に使いこなし、うねった味のあるフォルムを生み出していた。

 インテリアもチョー豪華で、見どころ満載だ。ドライバーの前にラウンディッシュなインパネを据え、メーターはキーをひねると文字盤が浮かび上がる自発光式メーターだ。インテリアにはオーストリアのシュミット・フェルドバッハ製のなめした本革を用い、1台に3頭もの牛革を使っている。

 上級グレードのタイプEはステアリングだけでなくドアなどのトリムも本革だった。フランスのリヨン産の楡材を使った本木目パネルは、イタリアの名門、シンプレス社が加工を手がけた逸品だ。表面を塗装していない美しいものだった。

 カーマニアの驚きはパワートレーンだろう。RX-7などに積んでいる13B型2ローター・ロータリーに加え、世界初、世界で唯一の3ローター・ロータリーを設定している。

 しかもシーケンシャル・ツインターボだから過給が始まれば重いボディを苦もなく加速させた。最高出力は280ps/6500rpm、最大トルクは怒涛の41.0kgm/3000rpmだ。

 電子制御の4速ATだけの設定だったが、6速MTがあれば、さらに刺激が増しただろう。ユーノスコスモはバブルが弾けたこともあり、販売は低迷した。RX-7の影に隠れ、正当に評価されずに消滅したが、その凄さは今になってみるとよくわかる。

次ページは : ■スタイリングも走りも鮮烈「スバル アルシオーネSVX」

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ