相手にとって不足なし!! 小川直也がGT-R NISMO試乗一本勝負!!

相手にとって不足なし!! 小川直也がGT-R NISMO試乗一本勝負!!

 32、34、35とGT-Rを3台持つ小川直也が、欲しくても買えなかった因縁のGT-R NISMOスペシャルエディションに乗った! 締め落としてやると乗り込んだ直也氏。だがその衝撃の走りは本人の必殺技STO級の破壊力だった!

※本稿は2022年2月のものです
文/小川直也、ベストカー編集部、写真/成田颯一
初出:『ベストカー』2022年3月10日号

【画像ギャラリー】時間無制限一本勝負!! 小川直也が日産 GT-R NISMOスペシャルエディションに挑む!!(21枚)画像ギャラリー

■欲しくても手に入らない因縁の相手に挑む

スピードを上げるにつれフラットな乗り心地になり、ダウンフォースもあり、ピタッと路面に吸い付くような走りを見せる。フジツボのチタン合金製マフラーが奏でるサウンドも最高
スピードを上げるにつれフラットな乗り心地になり、ダウンフォースもあり、ピタッと路面に吸い付くような走りを見せる。フジツボのチタン合金製マフラーが奏でるサウンドも最高

 東京オートサロンに新型Zを見に出かけたら、GT-R NISMOスペシャルエディションを発見! いきなり張り手を食らったような衝撃を受けた。

 専用色のNISMOステルスグレーとクリア塗装されたカーボンエンジンフードの組み合わせが絶妙で、ビンビン挑発してくるじゃないか!

 自宅に帰っても、会場で撮った新型ZよりもGT-R NISMOスペシャルエディションの写真のほうを何度も見たりして、かなわぬ恋心が再燃。

 昨年4月に発表された時の、いてもたってもいられず、持っているGT-Rを3台売りに出して、買おうかと真剣に思った気持ちがよみがえってきた。

 当時価格も決まっていないのに「SOLD OUT」と言われた時には、「オイ、責任者誰だ?」と血がのぼったりもしたが、俺の35(2008モデル)とそんなに変わらないさ! と高をくくったものだ。

 しかし、オートサロンで見てからは夢にまで出る始末。もちろん300台限定でもう買えないのはわかっている、それでも何とか乗って自分を納得させたい! オトコ小川、ベストカーに頭を下げ、こうして試乗の機会を作ってもらった。

 試乗当日は辛抱たまらず、日産の本社にクルマを借りに行く。

 初めて広報車の貸し出し窓口に行ったが、なんとGT-R TスペックとGT-R NISMOスペシャルエディションが並んで停めてあるじゃないか! 思わずアイフォンでパシャ!

 見知らぬ大男が地下駐車場でいきなり写真を撮っている姿を見て係の方がぎょっとした顔をしていたが、うれしいことがあると、カメラで残したくなる性分だから許してほしい。

 その係の方は「Tスペックのほうが足がしなやかで、個人的にはGT-R NISMOスペシャルエディションよりも好みですね。ぜひ次はTスペックのほうにも乗ってみてください」。なんてステキなことを言ってくれるじゃないか!

 100台限定のTスペックも完売。でも気になるよな。しなやかって、どんなだろう……。GT-Rの限定攻撃には手を焼くぜ!

危惧されたシートポジションもクリア。アルカンターラのステアリングは大きさも手触りもいい
危惧されたシートポジションもクリア。アルカンターラのステアリングは大きさも手触りもいい

 俺が子どもたちに柔道を教えている小川道場の車庫には32、34、35が置いてある。

 横浜の日産本社から首都高を走り、箱根のターンパイクでワインディングを楽しみ、茅ケ崎の小川道場で小川軍3台と激突! という筋書きを立てた。

 ドアを開けると真っ赤なレザーとアルカンターラを使ったカーボンのRECAROシートが迎えてくれる。

 俺の場合クルマに乗り込むには必ずステアリングを一番上にし、シートを一番下げて、特大の尻と腿を入れるスペースを作らなければならない。

 もっといえば頭がルーフについてしまうクルマが多く、その点で乗れるクルマは限られてしまう。愛車の35はシートを特別に下げてあるし、欲しかったハコスカは頭が天井にこすれてダメだった。

GT-Rの実用性の高さはゴルフバッグがふたつ積めるトランクにも表れているが、193cm、110kgの身体を風呂のように沈めることができる。ちなみにトランクリッドもカーボン製だ
GT-Rの実用性の高さはゴルフバッグがふたつ積めるトランクにも表れているが、193cm、110kgの身体を風呂のように沈めることができる。ちなみにトランクリッドもカーボン製だ

 GT-R NISMOスペシャルエディションはどうか? 意外にもすんなりと身体を沈み込ませることができた。どうもシートが下がっているようで、うれしいぜ。

 コックピットもレザーとアルカンターラがしつらえられ上品だ。アナログメーターに変更されたことを確認しながら、スターターボタンを押すと「GWNNNN」と乾いたサウンドが響く。GT-Rが覚醒した瞬間だ。

 これからどんなドライブを楽しませてくれるのか? GT-Rオーナーとして、この瞬間がたまらない。

次ページは : ■「全部Rモード」はSTOボンバーだ!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ