新型アウトランダー登場で勢力図に変化!!? 国産SUV3列目シートランキング!

新型アウトランダー登場で勢力図に変化!!? 国産SUV3列目シートランキング!

 3列目シートを持つSUVは以前からあるジャンルだったが、SUV人気の高まりと、核家族化が進んだことにより「普段は使わないけど、たまに乗せるために3列目が欲しい」というニーズが増え、その注目が高まっている。

 そういった背景もあり、ミドルクラス以上の日本車で3列目シートを持つSUVが増え始めている。今回は3列目シートを持つ最新日本車SUVの実用性をチェックしてみた。

文/渡辺陽一郎
写真/マツダ・ホンダ・トヨタ・三菱

【画像ギャラリー】国産SUVの3列目シートの居住性ランキング上位5台を画像でチェック(20枚)画像ギャラリー

■時代の変化とともに求められるようになった3列シートSUV

 今はSUVの人気が高い。約10年前は小型/普通乗用車の10%少々だったが、今は30%に達する。

 SUVが人気を得た理由は、カッコよさと優れた実用性を両立したからだ。もともとSUVは、ランドクルーザーのような悪路を走るためのクルマとして誕生したから、大径タイヤを装着するなど外観に野性味が感じられる。

SUVは作業車の機能も求められたから、ボディの上側はワゴン風で車内も広く、居住性や積載性も優れている
SUVは作業車の機能も求められたから、ボディの上側はワゴン風で車内も広く、居住性や積載性も優れている

 またSUVは作業車の機能も求められたから、ボディの上側はワゴン風で車内も広く、居住性や積載性も優れている。このカッコよさと実用性という2つの魅力が共感を呼び、SUVは人気のカテゴリーになった。

 そのためにSUVには、3列シートを備えた車種が多い。3列シート車の乗車定員は6~7名が一般的だ。

 ただしSUVの3列目シートは、ミニバンとは造りが大きく異なる。大半のミニバンは、前席側の床を持ち上げて平らに仕上げ、3列目の床と座面の間隔も1/2列目に近付けている。そのために3列目に座っても、腰が大きく落ち込んで膝の持ち上がる着座姿勢になりにくい。

 ところがSUVは、ミニバンのような床を平らにした構造ではない。3列目の床面は、燃料タンクのために大きく持ち上がる。そのために大人がSUVの3列目に座ると、腰が落ち込んで膝の持ち上がる窮屈な姿勢になりやすい。2代目エスクードの7人乗りは、燃料タンクの配置が絶妙で3列目の床と座面の間隔を十分に確保していたが、これは例外だ。

 ミニバンは多人数乗車や荷物の積載を目的としたカテゴリーだから、3列目の快適性も考慮され、着座姿勢が自然で頭上空間も広い。3列目の室内高にも余裕があるから、これを格納すると自転車のような大きな荷物も積みやすい。

 しかしSUVは、前述のとおり悪路走破力が一番の特徴だ。ボディの上側は、ミニバンよりもステーションワゴンや5ドアハッチバックに近い形状になる。そのために1/2列目は快適でも、3列目は「荷室に装着された補助席」になりやすい。ミニバンのような快適な3列目シートをSUVに期待するのは難しいわけだ。

 それでも3列シートのSUVに魅力を感じるユーザーは多い。特に1年に数回、多人数で短い距離を移動する場合、3列シートのSUVは利用価値が高い。3列目の使用頻度が極端に少ないのに、車内の広いミニバンを選ぶのは、ムダが伴うからだ。ミニバンが好きなら別だが、そうでない場合は、3列シートSUVから欲しい車種を見つける方が合理的だろう。

 そこでSUVの3列目シートについて、居住性を評価してみた。そのランキング結果は以下のとおりだ。

次ページは : ■長距離ドライブでも大丈夫!? 国産SUVの3列目シートランキング

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ