【ロードスター、CX-3、アクセラ…】マツダ車フルラインアップの長所と短所


いまもっともアツい国産自動車メーカーのひとつであるマツダ。

2010年に掲げたデザインテーマ「魂動デザイン」、2011年に発表された「SKYACTIV TECHNOLOGY」、メインキャッチコピーである「ZOOM-ZOOM」と「Be a driver.」は、あしかけ10年、一体となって国内、そして世界に浸透したといっていい。

SKYACTIV第1世代モデルがほぼ一巡したいま、一方で世界的なディーゼルへの逆風などさまざまな課題が見えてきているいま、マツダ車の現在地はどこにあるのだろうか?

最新のマツダ新世代商品群ラインアップ7台にあらためて試乗、各車の「○なトコロ」と「×なトコロ」を自動車ジャーナリスト鈴木直也氏に判定してもらった。

文:鈴木直也・ベストカー編集部
写真:平野学
初出:『ベストカー』2018年8月10日号


■CX-8

マツダCX-8

登場:2017年
価格:319万6800~419万400円

国産ミニバン市場から撤退を表明しているマツダが、新たに3列シートSUVとして国内に投入したブランニューモデル。上級グレードでは400万円を超える高額車となるが、販売面も好調だ。

○なトコロ
スタイリッシュなSUVで予想以上に3列目席が使える7人乗りパッケージを実現したのはおみごと。走りもCX-5と遜色ない。

×なトコロ
価格を含めて高級化したため、ビアンテ/プレマシーからのユーザー移行が難しくなっている。

マツダCX-8

スタイリッシュなSUVなのに3列シートを備えるのがCX-8の美点。ミニバンのファミリーカー臭さを嫌うユーザーからの支持を得ているようだ

■CX-5

CX-5

登場:2017年
最新の年次改良:2018年3月
価格:249万4800~352万6200円

フルSKYACTIVとなって2代目の現行型。今年2月に2.2Lクリーンディーゼルエンジンを従来の175ps仕様からCX-8と同じ190ps仕様に換装し、2.5Lガソリン車は気筒休止機構を採用。

○なトコロ
初代を順当に進化させて、高級感のあるミドルSUVに仕上げている。先進安全装備の充実ぶりやインテリアの質感アップなど、ユーザーの満足度は高い。

×なトコロ
エンジン・プラットフォームがほぼ初代のキャリーオーバーゆえ、改良はされているが走りに新鮮味がない。

次ページは : ■CX-3

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ