日本では生産終了だけど……人気のメキシコでは日産マーチが大胆チェンジ!!

日本では生産終了だけど……人気のメキシコでは大胆チェンジ!! マーチがキリっと生まれ変わる

 日産のメキシコ法人は、2022年3月1日に「マーチ」(メキシコ仕様)の2022年モデルを発表した。メキシコ市場における日産車のなかで人気トップ3に入るモデルだという。

 メキシコで販売される新型マーチは、基本設計は日本で販売される現行マーチ(K13)と共通するものの、大型のVモーショングリルやツリ目のヘッドライトなどを採用した、スポーティなフロントフェイスが特徴となる。

 残念ながら、日本では生産・販売が終わってしまう日産「マーチ」だが、メキシコでの旧型の人気はどうだったのか? またメキシコ仕様の新型のマーチがどのように変わるのか? レポートしていきたい。

文/桃田健史
写真/NISSAN

【画像ギャラリー】強調したVモーショングリル&切れ長ライトのシャープなマーチはメヒコの街にマッチする!!(10枚)画像ギャラリー

■日本語の車名もポピュラー 日産車に対する信頼度が高いメキシコ

メキシコで販売されている日産 マーチがビッグマイナーチェンジ。日本の現行モデルに比べてシャープなフロントフェイスだ

 日本では販売終了が噂される日産「マーチ」だが、メキシコではビックマイナーチェンジされて最新モデルが登場した。いったい、どうしてなのか?

 メキシコは、日本人にとって国の名前としては聞いたことがあるが、実際に訪れる機会はあまりない国ではないだろうか。位置としては、アメリカの南側に隣接しており、カリフォルニア州、ネバダ州、テキサス州などとの間にメキシコ国境がある。

 筆者は、こうした各州それぞれの国境からメキシコに自走して入ったことがあるが、国境を越えた瞬間にあたりの雰囲気は一変する。GDP(国民総生産)ではアメリカに比べて大きく下がるため、メキシコでの生活レベルもアメリカに比べてかなり見劣りしてしまう。

 また、一部の都市では治安も悪く、海外から訪れる人にとっては盗難に対する積極的な予防策も必要となる。

 そして、メキシコ国内を走行しているクルマを見ると、かなり年季が入ったクルマも少なくない。さらには、日産車を数多く見かける。

 メキシコ全体での新車販売台数はアメリカと比べると少ないなか、日産はメキシコ市場でのシェアが高い。メキシコでは古くから、日産車に対する庶民のロイヤリティ(ブランドに対する信頼感)がとても高いのだ。

 その代表的な日産車が「TSURU」だろう。これで「つる」と読む。なんと、鳥の「鶴」のことである。

 こうした日本らしさを表現して名称では、二輪車ではスズキ「刀」が有名だ。また、海外向けの四輪車では、三菱と旧クライスラー向けで「ラムダ」で、札幌冬季オリンピックにちなんだ、その名もズバリ「サッポロ(札幌)」があった。

 日産としてはメキシコで日本車の本質をしっかり理解してもらうため、「鶴」という大胆なモデル名称を用いたといえるだろう。

 日産「TSURU」は、5代目のサニーのことだ。1980年代にメキシコで生産が始まり、なんと25年以上に渡って大幅なモデルチェンジを行わなかった。特に、タクシー車両としての需要が多く、メキシコ各地でタクシーに乗ると「TSURU」という時代が長らく続いてきた。

 こうしたメキシコでの日産車の歴史があるなかで、日産はメキシコ国内での生産拠点を段階的に拡大していった。

 なかでも大きな変化は、2013年に稼働を始めたアグアスカリエンテス市の第二工場である。筆者は同工場建設の鍬入れ式を取材したが、当時のメキシコ大統領も出席した大規模な式典となった。

 アグアスカリエンテス工場の敷地内には、日産向けのトランスミッション等を提供する各種部品メーカーも工場を拡張し、メキシコでの日産事業はしっかりとした基盤を築いていった。

次ページは : ■電動車の需要は少なし! メキシコのマーチがビッグMCしたワケ

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ