美しすぎるカムリワゴンが海外で話題に!「トヨタのビッグステーションワゴン列伝」

美しすぎるカムリワゴンが海外で話題に!「トヨタのビッグステーションワゴン列伝」

 現在、日本車のラージステーションワゴンはクロスオーバーまで含めてマツダ6とスバルレガシィアウトバックがあるくらいで、それがトヨタ車になるとクルマ好きでも「その種のクルマってあったっけ?」となることが多いだろう。

 しかし、ここ最近ベストカー本誌3月26日号に「FF化される次期クラウンにスポーツワゴンが設定される」という情報が掲載されたのに加え、某外国人カーデザイナー氏がカムリをステーションワゴン化したレンダリングをSNSに投稿するなど、トヨタのラージステーションワゴンが再び注目されつつある。

 また、思い出すと大メーカーのトヨタだけに10数年前まではラージステーションワゴンもそれなりにラインナップしており、ここでは平成以降に販売されたトヨタのラージステーションワゴンを振り返ってみた。

文/永田恵一
写真/トヨタ、ベストカーWEB編集部

【画像ギャラリー】歴代のトヨタ製ステーションワゴンをチェック!(9枚)画像ギャラリー

■クラウンステーションワゴン

 クラウンはクラウン自体が2代目モデルだった時代から5代目モデルまではクラウンカスタム、6代目と7代目はクラウンワゴン、8代目はクラウンステーションワゴンという車名で、ステーションワゴンモデルも設定していた。

 ここでは1987年登場の8代目クラウン(S130型)のステーションワゴンを紹介しよう。このモデルも歴代クラウンステーションワゴンと同じく、全体的には「クラウンをそのままステーションワゴン化した」という印象だった。

8代目クラウンステーションワゴン。5枚ドアだが、乗員は7名or8名が乗車可能だ

 8代目クラウンステーションワゴンで特徴的な部分はふたつある。ひとつ目は歴代モデル同様、ラゲッジスペースに後ろ向きとなる2人がけの3列シートが付く仕様もあり、さらに「ベンコラ」と略されるコラムシフト+3人がけベンチシート仕様を組み合わせると最大8人仕様もあったこと。

 ふたつ目は4ドアのクラウンでは7代目モデルからあった2L直6スーパーチャージャーが加わった点だ。

 8代目クラウンステーションワゴンは、4ドアのクラウン同様にモデル末期の1990年に1JZ型の2.5L直6を追加し、クラウン自体は1991年に9代目モデル、1995年に10代目モデルに移行する。

 しかし、8代目クラウンステーションワゴンはクラウン自体が9代目モデルになったタイミングで比較的大きなマイナーチェンジを受けた後は、小改良はあったものの、クラウン自体が1999年に11代目モデル(S170型)になるまで12年間生産された。

 8代目クラウンと後述する5代目マークII(X70型)のステーションワゴンが10年以上生産されたのは、需要と開発費の折り合いもあったにせよ、基本設計が昭和の時代だった2台は燃料タンクがラゲッジスペース下だったので、ステーションワゴン化も比較的容易だったからだ。

 それに対し、1995年登場のクラウンの10代目モデル、マークIIも1992年登場の7代目モデルと1996年登場の8代目モデルは燃料タンクがリアシート背面にあったため、構造的にステーションワゴン化が困難だったという背景もあったようだ。

■クラウンエステート

最上級モデルは3L直6NAの「アスリートG」だが、その下には2.5L直6ターボ、280馬力の「アスリートV」が存在した。ただし変速機はATのみだ

 クラウンのステーションワゴンは1999年に、クラウン自体がこの年11代目モデルに移行したタイミングから少し遅れて、車名もクラウンエステートに替え、ようやくフルモデルチェンジされた。

 クラウンエステートもこのモデルからセダンのみとなったクラウンに準じたステーションワゴンだった。しかし、3列シート仕様が廃止された点やクラウン自体がこのモデルからスポーティなアスリートを強調し始めたこともあり、クラウンエステートもそれに準じてアスリートも設定。クラウン自体と同様に2.5L直6ターボを搭載したアスリートVもあった。

 クラウンエステートも8代目クラウンステーションワゴンほどではなかったが、2003年にクラウン自体がゼロクラウンというニックネームが付いた12代目になっても継続生産され、2007年に絶版となった。

次ページは : ■セプター

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ